法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

新規契約・契約見直しの方へ

初めまして!

本サイトを運営している管理人のMSと申します。

クラウドが普及し、通信の品質はますます重要になってきています。

そんな中、家庭用のインターネット回線では不安だったり、実際に遅延が発生し業務に支障が出ているという方も多いのではないでしょうか。

そこで、法人向けのインターネット回線を検討したいが、多くの業者が存在し、サービスの違いもよく分からないという方に向けて、法人向けサービスの特徴と選ぶ際のポイントを私なりにまとめてみました。

各社の情報をまとめた一覧表も作成しているので、チェックしてみてください。

通信業者をきちんと比較して選ぶことで、快適な通信環境を適切なコストで実現できます。

新たなオフィスを開くにあたってこれから回線を手配する必要があるという方、または利用中の回線・プロバイダの見直しを考えているという方はぜひ通信業者選びの参考に、本サイトの情報を活用してください。

おすすめの法人向けネット回線TOP5

光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)の画像
高品質な「専有型」回線をリーズナブルに導入できる

法人向けインターネット回線でおすすめしたいのは、株式会社USEN ICT Solutionsの提供する「光ビジネスアクセスNEXT」です。

平成29年6月16日に設立された株式会社USEN ICT Solutionsは、音楽放送でおなじみの株式会社USENのグループ会社です。

USENの魅力はなんと言っても、コストパフォーマンスが抜群にいいということです。

低価格にも関わらず、ビジネス利用に耐えられる高品質なインターネット回線を提供してくれます。

注目ポイント

Point 1. 「専有型」構成で速度が出やすい

Point 2. 優れたコストパフォーマンス

光ビジネスアクセスNEXTの基本情報

サービス・回線の特徴 ◆「専有型」の構成で安定して速度が出やすい
◆SLA(サービス品質保証制度)付き
◆回線・プロバイダを一括管理し、安定運用
通信速度 ◆上り:最大1Gbpsまたは500Mbps
◆下り:最大1Gbps
コスト例 ◆月額費用
・上り500Mbpsコース:26,000円
・上り1Gbpsコース:42,000円
◆初期費用:53,000円(工事費別)
※IP1の場合

光ビジネスアクセスNEXTの詳細情報

安定性の高い「専有型」構成

光ビジネスアクセスNEXTは「ベストエフォートタイプ」かつ「専有型」の法人向けインターネット回線です。 「ベストエフォート」は「最大限の努力」という意味で、カタログに書いてある最大速度が必ず出るわけではありません。 速度を保証しない代わりに低コストで・・・

ベストエフォートでありながら、SLAを標準装備

運営会社がネットワーク全体を管理するシステムであるため、光ビジネスアクセスNEXTのバックボーンは定期的に増強されています。 2ベストエフォートタイプは、通信速度を保証しないことでコストを抑えることができますが、いくら安いからといっても、あまりにも遅ければ・・・

回線とプロバイダはセットになっている

家庭用のインターネットは一般的に、ユーザーが「回線」と「プロバイダ(ISP)」両方を手配しなければ利用できません。 しかし、光ビジネスアクセスNEXTは、回線とプロバイダがセットになっているので、別々に手配する必要はありません。 このことは、契約窓口が一本化されるという意味で手続き上のメリットになり得ますが・・・

フレッツ光ネクストビジネスタイプの画像
エリアカバー率が高く、料金も標準的

次におすすめするのは、NTT東日本・西日本の提供する「フレッツ光ネクストビジネスタイプ」です。

まず知っておいてほしいのは、エリアによってNTT東日本とNTT西日本のどちらから回線提供を受けるかが変わってくるということです。

また、この記事の中で紹介している他の法人向けインターネットサービスは、回線とプロバイダが一体型となっていますが、フレッツ光ネクストビジネスタイプは回線とプロバイダをそれぞれ手配する必要があります。

プロバイダはどんな会社から選んでもOKですが、ここでは代表的なOCNを例として紹介していきます。

注目ポイント

Point 1. 十分なスペックでエリアも広い

Point 2. 回線とプロバイダそれぞれの手配が必要

フレッツ光ネクストビジネスタイプの基本情報

サービス・回線の特徴 ◆「専有型」の構成で安定して速度が出やすい
◆SLA(サービス品質保証制度)付き
◆国内90%のエリアカバー率
◆回線・プロバイダそれぞれの手配が必要
通信速度 ◆上り:最大1Gbps
◆下り:最大1Gbps
コスト例 ◆月額費用:116,100円(プロバイダ料金を含む)
◆初期費用:21,800円(プロバイダ料金を含む)
※プロバイダがOCNの場合
※IP1の場合

フレッツ光ネクストビジネスタイプの詳細情報

最大1Gbpsの「専有」接続

フレッツ光ネクストビジネスタイプは、家庭用として一般的に利用されているフレッツ光ネクストのファミリータイプ(戸建て向け)やマンションタイプ(集合住宅向け)のビジネス版です。 ビジネスタイプも個人向けのタイプと同じく「ベストエフォート」のサービスです。そして、最大通信速度も同じ「概ね1Gbps」です。 それでは、ビジネスタイプと・・・

日本中ほとんどどこでも利用できる

フレッツ光ネクストの特徴はエリアカバー率の高さにあり、国内においては90%以上のエリアカバー率が実現されています。 具体的な数値として、2017年3月期末はNTT東日本で95%、NTT西日本で93%というカバー率です。 つまり、ほぼ日本全国どこでも利用できるということです。基本的に、通信事業者は利益を得るため・・・

別途、プロバイダの手配が必要

法人向けのインターネットは、プロバイダとセットになっていることが多いですが、フレッツの場合は、それぞれと契約する必要があります。 プロバイダは非常に多くの選択肢があり、その品質や価格には差があります。 例えば、OCNの場合、SLA(サービス品質保証制度)を採用しており・・・

イーサシェア(KDDI株式会社)の画像
少し高額で対応エリアが限られている

次に紹介するのは、KDDI株式会社の提供する「イーサシェア」です。

携帯電話の3大キャリアの1つ「au」ブランドを運営するKDDIは、個人向けのインターネット「auひかり」を提供していますが、より高品質な法人向けのサービスも提供しています。

個人向けサービスとは異なる「専有型」の構成を採用し、NTT系とは異なる「電力系」のネットワークであるという特徴があります。

それではKDDIが提供する「イーサシェア」について、詳しく見ていきましょう。

注目ポイント

Point 1. スペックは十分だが少し高額

Point 2. 対応エリアが非常に狭い

イーサシェアの基本情報

サービス・回線の特徴 ◆「専有型」の構成で安定して速度が出やすい
◆SLA(サービス品質保証制度)付き
◆1Gプランは関東エリアのみ対応
通信速度 ◆上り:最大1Gbpsまたは100Mbps
◆下り:最大1Gbpsまたは100Mbps
コスト例 ◆月額費用
・1Gbps:300,000円
・100Mbps:176,000円(関東エリアの場合)
◆初期費用:31,500円
※IPv4アドレスを取得する場合(64個まで)

イーサシェアの詳細情報

他のユーザーの影響を受けない「専有型」構成

イーサシェアは、「ベストエフォート」かつ「専有型」のインターネットサービスです。 「ベストエフォート」とは、実際の通信速度を保証しない代わりにコストを抑えたサービスです。 イーサシェアには最大通信速度が100Mbpsのプランと1Gbpsのプランがありますが、これはそれぞれ・・・

回線とプロバイダ(ISP)はセットで提供される

家庭でインターネットを利用するとき、NTTのフレッツを利用するならプロバイダを別途手配する必要がありますが、「auひかり」ならその必要はありません。 法人向けのイーサシェアでも同じです。 回線とプロバイダがセットで提供されるので、契約が・・・

ベストエフォートでもSLA付き

インターネット回線の品質を左右するのが、バックボーンの安定性です。 ベストエフォートタイプは、コストを抑えるために実際のパフォーマンスを保証していません。 帯域保証タイプのインターネットサービスもありますが、非常に高額なのでなかなか導入は難しいと思います。 そんなときこのイーサシェアはベストエフォートでありながら、SLA(サービス品質保証)が・・・

イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)の画像
品質・対応エリアは十分だが非常に高額

次に紹介するのは、ソフトバンク株式会社の「イーサネットアクセス(S)」です。

携帯キャリアのひとつなので、「ソフトバンク」という社名はほとんどの人が知っているでしょう。

家庭向けインターネットの「ソフトバンク光」というサービスがありますが、これは「光コラボレーションモデル」のサービスなので、ソフトバンクの回線というわけではなく、サービスの中身はNTTのフレッツ光と同じものです。(「光コラボレーションモデル」とは、NTTからフレッツ回線の卸売りを受け、プロバイダサービスなどとセットにして販売するOEMサービス形態のことです。)

家庭向けには自社の回線サービスを提供していないソフトバンクですが、法人向けには回線サービスを提供しているので、紹介していきましょう。

注目ポイント

Point 1. スペックは十分でエリアも広い

Point 2. 料金が非常に高額

イーサネットアクセス (S)の基本情報

サービス・回線の特徴 ◆「専有型」の構成で安定して速度が出やすい
◆SLA(サービス品質保証制度)付き
◆回線・プロバイダを一括管理し、安定運用
通信速度 ◆上り:最大1Gbpsまたは100Mbps
◆下り:最大1Gbpsまたは100Mbps
コスト例 ◆月額費用
・1Gbps:7,800,000円
・100Mbpsプラチナ:980,000円
◆初期費用
・1Gbps:103,500円
・100Mbps:55,500円

イーサネットアクセス (S)の詳細情報

ビジネス利用に耐えられる「専有型」

広域性・安定性・拡張性に優れている「ULTINA Internet」というバックボーンから光ファイバーを契約者の建物に専有で引き込むことにより、安定的な通信環境を提供してくれるのがイーサネットアクセス (S)です。 通信帯域としては、100Mbpsから1Gbpsまで対応しています。 可用性・遅延時間という・・・

回線とプロバイダはセットで提供

トラブルが発生した時の対応や、トラブルを未然に防ぐための取り組みにも力が入れられているイーサネットアクセス (S)。 24時間365日の監視と保守が標準装備であるため、オプションで別途料金を支払わなくとも万が一のトラブルに備えることができます。 回線終端装置からアクセス回線、そしてインターネット接続までをソフトバンクが一括して保守してくれ・・・

ベストエフォートでも品質保証「SLA」付き

1位~3位のサービスもSLA(サービス品質保証制度)が付いていましたが、イーサネットアクセス(S)も同じようにSLA付きです。 「可用性」と「遅延時間」の2つの項目で基準値が設定され、それを下回った場合に利用料金の一部が返還されます。 ただし、設定されている項目や・・・

NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)の画像
スペックは少々落ちるが、料金が安い

最後に紹介するのは、ソニービズネットワークス株式会社の提供する「NUROアクセス スタンダード」です。

ソニービズネットワークス株式会社は2012年7月20日に設立された比較的新しい会社で、ソニーのグループ会社の100%子会社です。

個人向けサービスもラインナップしており、そのCMを見かけることも多いため、知名度を急激に伸ばしています。

最大速度は2Gbpsとなっており、これを見る限り非常に速そうですが、導入する前に気を付けたいポイントも存在します。

それでは、NUROアクセス スタンダードのサービスに関する情報を詳しくチェックしていきましょう。

注目ポイント

Point 1. ベストエフォートだが、最低10Mbpsを確保

Point 2. 「共有型」のため、安定性に不安あり

NUROアクセス スタンダードの基本情報

サービス・回線の特徴 ◆一部帯域確保で最低帯域を保証
◆伝送効率の良い「G-PON」を採用
◆「共有型」のため他ユーザーの影響を受けやすい
◆SLA付き&回線・プロバイダ一括提供
通信速度 ◆上り:最大1Gbps(10Mbps確保)
◆下り:最大2Gbps(10Mbps確保)
コスト例 ◆月額費用:18,850円
◆初期費用:203,000円(2年継続なら実質53,000円)
※固定IPを1つ取得する場合

NUROアクセス スタンダードの詳細情報

2Gbpsという速度が必ず出るとは限らない

NUROアクセス スタンダードは、「最大速度2Gbps」の「ベストエフォートタイプ(一部帯域確保)」で「共有型」のサービスです。 これまで紹介してきたサービスはどれも最大1Gbpsだったので、2Gbpsであれば2倍も高速であるように思えます。 しかし、あくまで「ベストエフォート」なので、2Gbpsもの速度が実際に・・・

帯域保証とは違う?一部帯域確保とは

NUROアクセス スタンダードは、ベストエフォートタイプですが、同時に「一部帯域確保型」でもあります。 ベストエフォートは基本的に、ユーザーの環境やエリアの状況など様々な要因で速度が遅くなるため、どれくらいの速度が出るのかは使ってみるまでわかりません。 最大の速度は決まっていますが・・・

新しいサービスだからこそ得られるメリット

NUROアクセス スタンダードは家庭用と同じ「共有型」ではありますが、従来とは異なる新しい通信規格「G-PON」を採用しています。 これは、従来の規格「GE-PON」に比べて伝送効率が優れています。 細かい技術的な解説はここでは割愛しますが、共有により従来の規格では回線が混雑するような状況でも、比較的スムーズに・・・

その他法人向けインターネット回線一覧紹介

GMOとくとくBBの画像

基本情報
運営元 GMOインターネット株式会社
公式サイトURL
https://gmobb.jp/

So-netの画像

基本情報
運営元 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
公式サイトURL
https://www.so-net.ne.jp/access/

ビッグローブの画像

基本情報
運営元 ビッグローブ株式会社
公式サイトURL
https://join.biglobe.ne.jp/
SoftBank 光

SoftBank光の画像

基本情報
運営元 ソフトバンク株式会社
公式サイトURL
https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/
eo光

eo光の画像

基本情報
運営元 株式会社オプテージ
公式サイトURL
https://eonet.jp/
@nifty

nifty光の画像

基本情報
運営元 ニフティ株式会社
公式サイトURL
https://setsuzoku.nifty.com/niftyhikari/
au one net

au one netの画像

基本情報
運営元 KDDI株式会社
公式サイトURL
https://www.au.com/internet/auonenet/
OCN

OCNの画像

基本情報
運営元 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
公式サイトURL
https://www.ntt.com/personal/ocn.html

最もおすすめな法人向けインターネットサービス

おすすめの通信業者について
以上、法人向けインターネット回線おすすめランキング!でした。

こうしてみると同じインターネットサービスでも様々な特徴があることがわかりますね。

数あるサービスの中で最もコストパフォーマンスが優れており、おすすめしたいのはUSEN ICT Solutionsの「光ビジネスアクセスNEXT」です。

株式会社USEN ICT Solutionsは、平成29年に音楽放送の株式会社USENから事業を承継し、法人向けICTサービスを提供する会社として設立しました。

新しい会社かと思いきや、実は2001年に民間企業で世界で初めての商用光ファイバーの提供を開始したのは前身のUSENだったんですね。

USEN時代から考えれば、導入企業は4万社以上とのことで、実績は十分にあります。

もちろん品質は高いに越したことはありませんが、コストは継続的にかかるものなので、できるだけ抑えたいはずです。

その点、「光ビジネスアクセスNEXT」は品質とコストのバランスが優れ、「ちょうどいい」といえます。

提供エリアが限られているのが気になりますが、エリア内にオフィスをお持ちの方には、最初にチェックしてもらいたいサービスです。

おすすめTOP5の全体像を俯瞰的に比較できるように、一覧表にもまとめていますので、ぜひ見てみてください!

  • 前身であるUSENは2001年に世界で初めて民間企業で商用光ファイバーの提供を開始した
  • 導入企業は4万社以上と実績も十分
  • コストパフォーマンスに優れ、品質とコストのバランスが良い

おすすめ法人向けインターネット回線一覧

さて、これまで1つずつサービスの特徴をみてきましたが、ここからは一覧表で比べてみましょう。

各サービスのどこが強みで何が弱みかを把握しやすくなるはずです。

各企業の詳細情報をもっと知りたい方は、個別の詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。

※比較しやすいように、同等の条件になるプランのみ掲載してあります。

イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格(税別):月額費用42,000円116,100円300,000円7,800,000円18,850円
参考価格(税別):初期費用53,000円(工事費別)21,800円25,500円103,500円203,000円(2年継続なら実質53,000円)
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」(月額税抜3,000円)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

※複数のプランがある場合は、以下の条件で統一してあります。
通信速度:1Gbps
提供構成:専有型
固定IP:IP1

一覧表にしてみると細かい違いが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。

どのサービスもおすすめできる点とおすすめできない点があることが分かっていただけるはずです。

項目ごとに比べてみると、USEN、フレッツ、KDDI、ソフトバンクが「専有型」「ベストエフォート」で共通しており、NUROだけが「共有型」「一部帯域確保」です。

最低帯域が確保されているとしても、やはり高い安定性を期待できる「専有型」の方が、私は魅力的だと思います。

対応エリアでは、フレッツ、ソフトバンクが最も広く、USEN、NURO、KDDIの順に狭くなっています。

料金、とくに月額費用では、USENが最も安価で、次いでNURO、フレッツ、KDDI、ソフトバンクとなっています。

この一覧表からもわかるように、対応エリアに含まれさえすれば、「専有型」のインターネットを最も安価に利用できるUSEN ICT Solutions の「光ビジネスアクセスNEXT」を最初に検討することをおすすめします。

プロバイダとは?

インターネットを利用するためには、回線事業者とプロバイダ、双方と契約を結ばなくてはなりません。この両者の違いについて、実はあまりよく理解していないという方も多いのではないでしょうか。

まず回線事業者とは、インターネットに接続するための回線を提供している会社のことです。主なインターネット回線として、光ファイバーを利用した「光回線」、電話回線を利用した「ADSL回線」、ケーブルテレビの回線を利用した「CATV回線」などがあります。

次にプロバイダとは、回線をインターネットと接続する接続事業者のことです。回線自体は、都市部であれば至るところに張り巡らされています。しかし回線を契約しただけではインターネットを利用することはできず、回線をインターネットと接続してくれるプロバイダとも契約を結ぶ必要があるのです。

ただ、最近では回線とプロバイダが一本化されたサービスも多くなっています。このサイトのランキングで紹介したサービスの中では、2位以外の4つがそれに該当します。回線とプロバイダがセットになっているサービスを選べば、契約窓口が1か所で済み、回線の利用料金とプロバイダ料金を一括して支払えるというメリットはもちろん、トラブルの際も1つの業者に問い合わせれば済むというメリットもあります。

  • インターネットの利用には、回線事業者とプロバイダの双方と契約する必要がある
  • 回線業者とはインターネットに接続するための回線を提供している会社のこと
  • プロバイダとは回線をインターネットと接続する接続事業者のこと
  • 最近は回線とプロバイダが一本化されたサービスも多い

法人向けインターネット回線と個人向けの違いとは?

インターネットは個人だけではなく法人としても利用するものです。

そのためインターネット回線にも法人向けインターネット回線というサービスの分類が存在しています。

これは個人向けのものとは違い、法人向けに提供されている仕組みが存在しています。

この違いをよく理解してサービスを選択する必要があります。

ビジネスでインターネットを利用するなら仕組みを理解しておきましょう。

■法人向けインターネット回線の特徴はIPアドレスにあり

インターネット回線というものはパソコンなどのデバイスからインターネットに接続するために必要になるものです。

最近では多くの一般家庭にも当たり前の設備になってきました。

この流れは当然のように法人にも及んでおり、法人向けインターネット回線のサービスというものが登場しています。

この法人向けインターネット回線は、企業などがビジネス向けに必要となる機能が詰め込まれているという印象がありますが、特徴についてお話をします。

法人向けとして最も明確に分かれているのはインターネットに接続するにあたりインターネット上における自らの住所をどのように扱うのかという点です。

ネットワークに詳しい人であれば聞いたことがあるかもしれませんが、ネットワーク上における住所に当たるIPアドレスについて、法人向けインターネット回線では固定のIPアドレスが割り振られる仕組みになっています。

個人向けのインターネット回線とはこの部分が大きく違っており、企業等がビジネスとしてインターネットを活用するうえで障害にならないように配慮されているのです。

■個人向けのインターネット回線との違いを理解しよう

個人向けインターネット回線というものは、普段自宅などで利用しているインターネット回線などのことを指示します。

法人向けインターネット回線との大きな違いはIPアドレスが固定で割り振られるかどうかであり、個人向けインターネット回線の場合には通常自動で割り振られる仕組みが採用されています。

これは個人的な利用を行うにあたってはIPが自動で割り振られることによって何かしらの問題が発生することがほぼないからであると言えるでしょう。

インターネット上のサービスを利用する側に回ることが多い個人ユーザーの場合には数に限りのあるIPアドレスを必要な時に必要な人が自動的に割り振られるIPアドレスを利用するという仕組みで成り立っています。

しかしながら法人向けインターネット回線ではインターネット上でサービスを利用するだけではなく、様々な便利な仕組みを構築して提供する側に回ることもあるでしょう。

そのような場合にネットワーク上の住所に当たるIPアドレスが接続のたびに変更になるのではシステム構築に支障をきたすこともあり得ます。

そのため、法人向けインターネット回線では固定IPを割り振るというのが一つの特徴になっているのです。

このIPには数に限りがあり、無限に作り出すことが出来るものではないというのがこのような仕組みを生み出している一つの理由になっています。

■法人向けインターネット回線の選び方の注意点

一般家庭向けのインターネット回線を選ぶ場合には多くの人に経験があるように比較のポイントがいくつかあります。

通信速度や月額費用などが主なポイントになるでしょう。

絶対的にお得なプランがあるというものではなく、数多くの選択肢の中から最も自分の求めているバランスに合っているサービスを見つけ出すという作業になるのが一般的です。

要するに早くて安いサービスを選んでいくという方向性になるのです。

しかしながら法人向けインターネット回線は同じような視点で考えても良いですが、最終的にお得になり、困らないサービスを選択するようにしなければなりません。

この中でも困らないようにするという点が非常に重要です。

一般家庭向けのインターネット回線契約ではまず問題になることはありませんが、法人向けでは時にメールアドレスを同時に管理する場合の設定可能数で障害になることがある場合もありますし、その他の想定外の問題に直面する場合もあるでしょう。

多くのサービスが将来にわたって困ることの無いような懐の深いサービスを展開している傾向にはありますが、必要な機能が備わっているかの確認についてはあらかじめしっかりと考えておく必要があります。

契約を結んでから、実はできないことが分かったということがあったとしても、すぐに修正することが出来ない場合もありますので注意しておかなければなりません。

法人向けインターネット回線は一般家庭向けの個人で利用するインターネット回線とは、割り振られることになるIPアドレスの形以外では共通する部分が少なくありません。

会社で必要な機能をよく考えてサービスを決定するようにしましょう。

    【法人向け】

  • 法人向けの特徴はインターネット上における自らの住所(IPアドレス)をどのように扱うのかという点
  • 法人向けのインターネット回線は固定のIPアドレスが割り振られる仕組みになっている
  • ビジネスで活用するのに障害にならないよう配慮されている
    【個人向け】

  • IPアドレスを通常自動で割り振られる仕組みが採用されている
  • 個人ユーザーの場合、数に限りのあるIPアドレスを必要な時に必要な人が自動的に割り振られて使うようになっている
  • IPアドレスが接続のたびに変更になるとシステム構築に支障をきたすことがある
    【法人向けインターネット回線の選び方】

  • 速くて安いサービスを選ぶことも大切だが、必要な機能を有しているかにも注目する

具体的にどんなことに注意してインターネット回線を選べばいいの?

具体的にどんなことに注意して通信業者を選べばいいの?

世の中には様々なインターネット回線サービスがあり、それぞれの特徴について紹介してきましたが、それでは実際に比較検討する際に注目すべきポイントについて、まとめてみましょう。

大きく分けて4つのポイントがあります。

■回線のタイプ

インターネット回線の品質を最も大きく左右するポイントが回線のタイプです。

これまで何度も登場してきましたが、1つは「ベストエフォートタイプ(型)」で、もう1つは「帯域保証型(ギャランティタイプ)」です。

まず、ベストエフォートタイプですが、カタログなどでは「最大速度1Gbps」などと謳われていますが、あくまでそれは速度低下につながるあらゆる条件を無視した理論的な数値であり、実際の通信時にその最大速度が出ることはまずあり得ません。

「ベストエフォート」を日本語で表すと「最大限の努力」となり「最大値にできるだけ近づけるようにがんばる」という意味で、実際どのくらい出るかは通信してみるまでわかりません

つまり、実際の通信速度が、最大速度2Gbpsのサービスが最大速度1Gbpsのサービスの2倍速いというわけではありませんし、最大速度が速いサービスの方が必ずしも実際の通信速度が速いとさえ言えないということです。

次に、「帯域保証型」は、「1Gbpsなら1Gbps必ず出るように保証します」というサービスです。

ただし、このように実際の速度を保証するためには、提供会社は、速度低下を考慮に入れながら事前に通信量を見積もって余裕をもった設計を行い、通信量が増加してきたなら保証速度を維持できるように設備を継続的に増強し続けなければなりません。

そのため、帯域保証型の回線はベストエフォートタイプの回線に比べて、コストが非常に高くなります
ちなみに、帯域保証の場合、最大帯域を保証するわけではなく、一部分だけを保証するというのが一般的です。

例えば、最大帯域は1Gbpsで、そのうち500Mbpsを保証するという具合です。

この場合、最低でも500Mbpsは保証され、それ以上の帯域はベストエフォートで提供されることになります。

■提供構成

提供構成は、通信の速度低下に大きな影響を与える要素です。

まず、家庭用のインターネット回線では主流となっている「共有型」です。

これは1本の光ファイバーを分岐させ、近隣の建物や同じビル内のユーザーと共有している構成のことです。

少ない設備投資で多くのユーザーを獲得できるので、低コストで提供されますが、共有しあっているユーザー同士は互いの通信の影響を受け、速度低下のリスクが高まります。

つまり、共有ユーザーの通信量が増えると、自身はそれほど大きな通信をしていなくても速度が遅くなってしまうということです。

一方「専有型」は、分岐・共有をせず、1本の光ファイバーをそのまま1社へ提供する構成で、他ユーザーの影響を受けにくく、安定した通信が期待できます。

「安定した通信」とは、すなわち持続的に高速な通信ができる状態のことです。

瞬間的にものすごく高速な通信ができたとしても、頻繁に遅くなることがあるようでは安定した通信とは言えません。

最大速度に気を取られて、安定性を欠くサービスを選んでしまわないように注意が必要です。

■提供エリア

どんなに良いサービスでも、導入したいオフィスの住所が提供エリアに含まれていなければ諦めるしかありません。

基本的に東京都心で利用できないことはほとんどありませんが、中には大阪や名古屋もエリア外というサービスがあるので、忘れずにチェックしましょう。

■利用料金

品質も問題なくエリア確認もバッチリとなれば、あとはコストのハードルを超えるだけです。

しかし、高い品質で広いエリアをカバーしているサービスであれば、当然、提供会社の投資金額は大きく、利用料金も高額になります。

求める品質とかけられるコストのバランスを見極め、自社に見合ったサービスを選択しましょう。

法人向けプランの特徴

法人向けプランの特徴
今の時代、ご家庭でも光回線を引いているという方が圧倒的に多いでしょう。

では個人向けプランと法人向けプランとでは、何がどう違うのでしょうか。

■品質と料金

家庭でインターネットを利用する場合の主な目的は、Webサイトの閲覧、メールやチャットのやりとり、動画や音楽の視聴などでしょう。

速度低下によってスムーズに通信ができないことは大きなストレスになるとは思いますが、金銭的な不利益を被るということはあまりないと思います。

一方、法人においてインターネット通信が遅ければ、ただストレスになるというだけでなく、業務効率や生産性に影響します。

たとえば、クラウドサービスを利用している場合、そのサービスのレスポンスが悪ければ、スピーディに仕事を片付けられず、残業が必要になり人件費の増加に繋がりかねません。

また、従業員を多く抱える企業であれば、その影響範囲も広くなり、会社全体としての業績にも関わってきます。

したがって、法人ユーザーはある程度コストがかかったとしても、より高品質な通信環境を求めるニーズが高いため、「専有型」や「帯域保証型」などの高額でも高品質なサービスを選択できます。

個人ユーザーの場合、高品質なサービスを求める一方で、コストは法人ほどかけられないため、安価に提供できる「共有型」「ベストエフォートタイプ」の回線が主流なのです。

■固定IPアドレスの発行

「IPアドレス」とは、ネット上での住所のような役割を果たします。

例えば、ネットを使ってメールやデータの共有などの通信を行う場合、送信する側と受信する側が分からなければやり取りができません。

現実で郵便物を投函するときに、自分と送り先の相手の住所を明記するのと似ています。

このようにネットに接続して何か通信をする際、それぞれのコンピュータにそれぞれIPアドレスが発行されるのですが、ネットが普及し始めてからは、世界中であまりに多くの通信機器が使用されるようになったため、IPアドレスが不足してしまいました。

そのためプロバイダ側で、ある程度の数のIPアドレスを確保し、接続される度にそれらを一時的に振り分けするようになりました。

その結果、個人向けの回線に接続したコンピュータは接続する度にIPアドレスが変わるようになったのです。

こうした個人向けの場合、ネット上のサービスを利用するだけなのでIPアドレスがコロコロ変わったとしても特に問題はありません。

したがってIPアドレスを固定にする必要はないということです。

法人の場合は、独自のサーバーで自社のHPを運営するなど自分のサーバーから外部に向けて情報を発信することがあります。

この場合IPアドレスが固定でないと、そのサーバーを特定できず外部からアクセスできなくなってしまいます。

また、VPNを構築したりその他のセキュリティ対策を行うときにも固定IPアドレスが必要になるので、法人では固定IPを取得するケースが多いです。

■領収書の発行

近年、個人向けの契約の場合はクレジットカードでの決済がメインになっていて、カード会社を介して料金の支払いが行われます。

このように利用者と回線業者の間に直接的な金銭のやり取りがないため、回線業者は領収書を発行してくれません。

しかし、法人向けプランで契約した場合、税申告などで必要になる領収書の発行が可能です。

支払い方法が口座引落、振込用紙送付できちんと領収書を発行してもらえるほうが法人経営にとってはいいかもしれません。

    【回線のタイプ】

  • 品質を最も大きく左右するのが回線のタイプ
  • ベストエフォートタイプと帯域保証型(ギャランティタイプ)の2つがある
  • ベストエフォートタイプは実際にどのくらいの通信速度になるかは通信してみないと分からない
  • 帯域保証型は保証した分の速度を維持してくれるがコストが高くなる
    【提供構成】

  • 提供構成は通信の速度低下に大きな影響を与える
  • 家庭用として主流の共有型は、共有ユーザーの通信量が増えると、それほど大きな通信をしていなくても速度が遅くなってしまう
  • 1本の光ファイバーをそのまま1社へ提供する専有型は、他ユーザーの影響を受けにくく、安定した通信が期待できる
    【提供エリア】

  • サービス提供エリアに自社が含まれているか確認しよう
    【品質と料金】

  • 法人ユーザーはある程度コストがかかったとしても、「専有型」や「帯域保証型」などのサービスを選択した方が良い
    【固定IPアドレスの発行】

  • 法人の場合、自分のサーバーから外部に向けて情報を発信する機会があるので固定IPアドレスでなければ外部からアクセスできない
  • VPNを構築したりセキュリティ対策を行うのに固定IPアドレスは必要
    【領収書の発行】

  • 法人向けプランは税申告などで必要になる領収書の発行が可能

インターネット回線を選ぶときに重視することとは?

法人向けプランの特徴について紹介してきましたが、実際に法人向けインターネット回線を利用するときに、多くの方はどんなことに重視しているのかも気になりますよね。

そこで、多くの方が気にするであろう速度と料金に絞って、どちらを重視するのかを一般の方に聞いてみました。

結果、グラフを見ても分かるように「料金」が49%、「速度」が51%と速度の方が2%高いだけで、ほぼ大差がありませんでした。

やはり、法人向けインターネット回線を利用するときには、速度も料金も外せないポイントになっているようです。

またそれに続けて、「速度と料金どちらも優れているインターネット回線があれば利用したいと思うのか」についてもアンケートをとってみました。

結果は「利用したいと思う」が84%で、「利用したいと思わない」が16%でした。

最初のアンケートを見ても、速度と料金は両方とも大事なポイントになっているということが分かりましたが、このアンケートの結果により、そのことがより理解できたのではないでしょうか。

なるべくコストがかからないインターネット回線を選びたいと思うのは当然ですが、回線の質が悪く、業務に支障をきたしてしまっては業務効率が悪くなり、社員のストレスに繋がります。

それでは会社の雰囲気が悪くなり、さらには結果的に見てコストが思っていた以上にかかってしまうなんてことにもなりかねません。

そのため、料金も安く回線速度も速いインターネット回線を選ぶことが大切だと言えるでしょう。

そのことを多くの方が思っているからこそ、このようなアンケート結果になったのではないでしょうか。

回線とプロバイダの一体型サービスを利用するメリット

回線とプロバイダの一体型サービスを利用するメリット
回線とプロバイダがまとめて同じ業者から提供される形態のものを「一体型サービス」といいます。

では、一体型サービスにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

■利用料金の支払先が同じだから分かりやすい

契約している会社が回線とプロバイダで別々だと、当然、利用料金の支払先も別々になるわけですから、請求書が届くのも、請求書の表記の仕方もバラバラになってしまいます。
これでは料金の情報が見づらく、分かりにくくなってしまいますね。

しかし、回線とプロバイダの契約先を一括にまとめると、料金体系の情報が整理しやすくなり、管理の手間が削減できます。

■サービスが安定していて、トラブル発生時も安心

回線とプロバイダが別々に提供されると、通信断や遅延が発生したときに、その原因が回線とプロバイダのどちらにあるのか分かりません

ところが、一括して提供を受けていれば、万が一通信障害などのトラブルが発生した場合でも、問い合わせ先が明確なので迅速な対処が可能となります。

さらに、回線設備とプロバイダ設備を管理している会社が同じであれば、通信状況を把握して、トラフィックの増加に応じて設備増強を行うこともできます。

  • 回線とプロバイダがまとめて同じ業者から提供される形態のものを「一体型サービス」と呼ぶ
  • 利用料金の支払先が同じだから分かりやすい
  • サービスが安定していて、問い合わせ先が明確なのでトラブル発生時も安心

回線とプロバイダを分けて契約するメリット

回線とプロバイダの一体型サービスを利用するメリット

上記のような理由から、法人向け回線においては、一体型サービスのメリットが大きいことがわかります。

では、回線とプロバイダを別々に契約するメリットは全くないのでしょうか。
ここでは、別々に提供を受ける場合について解説します。

■キャッシュバックが受けられたり、料金がお得になることがある

回線とプロバイダを分けて契約する際に利用できる回線は、ほとんどの場合、NTTのフレッツのみで、あまり選択肢はありません。

一方、プロバイダは非常に多くの業者から選ぶことができます

プロバイダは、業者によって価格がかなり異なりますし、中にはキャッシュバックを行っていたり、お得に利用できることもあります

したがって、コストを重視するなら、そのようなプロバイダを探してみてもいいかもしれません。

  • プロバイダは選択肢が広い
  • プロバイダは業者によって価格が異なる
  • 業者によってはキャッシュバックを行っていたり、お得に利用できることもある

ベストエフォートとは?

■ベストエフォート
基本的には制御を行わない=実際の速度を約束しません(ただし、特定のユーザーが極端に大量のデータを流す場合は帯域を独占されないよう制御を行う)。

つまり、提供帯域が1Gbpsだとしても、実際の速度は1Mbpsかもしれないです。

■帯域確保
【帯域確保(100%確保)】
混雑時でも設定帯域を確保するように帯域制御を行います(確保帯域が割り当てられない場合もある)。

例)提供帯域が100Mbpsで、その100%を確保するということは、”可能な限り”100Mbpsに近い速度が出るように制御するが、 100Mbps以上出ることはないです。

【一部帯域確保(バースト)】
混雑時でも最小限の設定帯域を確保するように帯域制御を行い、確保帯域を超える通信はベストエフォートとなります(確保帯域が割り当てられない場合もある)。

例)提供帯域が1Gbpsで確保帯域が10Mbpsなら、”可能な限り”10Mbpsは出るように制御し、場合によっては1Gbpsまで出る可能性があります。

■帯域保証(ギャランティ)
混雑時でも最小限の設定帯域を確保するように帯域制御を行い、その運用を保証します(保証帯域は必ず割り当てられる)※提供帯域の100%を保証することはできない(提供帯域は帯域の”最大値”のため、保証帯域として定める”最小値”と一致させることはできない)。

例)提供帯域が1Gbpsで保証帯域が100Mbpsなら、100Mbpsは必ず出るように制御し、場合によっては1Gbpsまで出る可能性があります。

SLAって何?

SLAって何?
実は上記のランキングで登場した企業は全て、「SLA」というものをサービスに標準装備しています。

ところでこの「SLA」とは一体何かと言いますと、「Service Level Agreement」の略で、サービス品質保証制度のことを指します。

これによって何をどのように保証されるのかというと、「通信速度が基準よりも遅くなってしまった場合、利用料金の一部を返金する」ことを保証してくれるという意味なのです!

稼働率・平均遅延時間・利用不能時間などの項目において、回線業者側が予め定めている基準よりも遅れてしまう、または下回ってしまう場合、利用料金の減額や返金をします。

通信速度が低下した場合のサポート制度がきちんと整っているのは、信頼できる基準の一つになりますね。

ただし注意しておきたいのは、その基準はあくまで各業者がそれぞれで決めているものであるということです。

さすがに業者側の設備以外の不具合や、火災・停電・地震などの災害には対応できないこともあります。

通信速度がどこまで低下すれば返金の対象になるのか、詳しい補償内容や条件が気になるのであれば、事前にしっかり確認しておきましょう。

  • SLAとはサービス品質保証制度のことで、通信速度が基準よりも遅くなってしまった場合、利用料金の一部を返金するという意味を持つ
  • 返金の基準はあくまで各業者がそれぞれで決めているものである
  • 業者側の設備の以外の不具合、火事・停電・地震などには対応できないことも
  • 詳しい条件・補償内容は事前にしっかりと確認しよう

まとめ

まとめ

以上、法人向け通信業者についてまとめてまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

通信業者やそのサービスによって、プランの内容や利用料金に大きな違いがありますし、個人向けのサービスと法人向けのサービスの違いも分かってもらえたのではないでしょうか。

会社によって最適なプラン、最適な業者というのはそれぞれなので、絶対にこの業者がいい!ということは言い切れません。

そのため、サービスごとの強みと弱みを見極め、自社の環境と照らし合わせながら判断することが必要になってきます。

また回線の不具合がビジネスの妨げにならないよう、問い合わせサポートや補償をどれくらいしてもらえるのかも気を配るべきポイントなので、その点に関しても実際に契約を結ぶ前にしっかりと情報を集めておくことが大切です。

今の時代、ビジネスをスムーズに進めていくためにインターネットはかかせないものですから、妥協はせずに提供条件をよく理解しながら上手に選定していきましょう。

 

記事一覧

法人向けインターネット回線は、ネットワークにアクセスする端末がたくさんある場合において、メリットがあるサービスです。高速でのインターネット回線を安価に利用できる点が人気のサービスですが、個人 ・・・[続きを読む]
インターネット回線は法人向けと家庭向けの2種類に分類できます。法人向けインターネット回線には通信の安定性や安全性が優れているという特徴があり、独自ドメインのメールアドレスなどのオプションもあ ・・・[続きを読む]
一般家庭用インターネット回線と法人向けのインターネット回線の解約手続きで、異なる点があるかどうかを説明します。ただし、旧プロバイダーによってはこちらで解説する以外の方法で契約の解除をしなけれ ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線はほぼ全国で提供されていますが、都心と地方でどんな点が違うのでしょうか。ここでは、都心と地方の法人向けインターネット回線の違い、都心と地方をつなぐ技術的なしくみにつ ・・・[続きを読む]
東京で法人向けインターネット回線の速度が速いエリアはどこなのでしょうか。回線の速さと安定性は豊富なバックボーンが不可欠なので、東京や地方の大都市が最も回線速度が速いと考えられます。そして、法 ・・・[続きを読む]
インターネットを利用した会議や取引を快適に行うため、法人向けインターネット回線の契約や見直しを検討している法人は多いでしょう。法人向けインターネット回線のサービス選びの中でも、重視すべき点は ・・・[続きを読む]
ネットショップを運営するにはインターネットに接続しなければなりませんが、具体的には通信回線とプロバイダが必要です。通信回線は情報をやり取りする道路のような存在で、プロバイダは国境における出入 ・・・[続きを読む]
インターネットには法人を対象にした法人向け回線があります。法人向け回線を利用する場合、確認しておいた方がよいのが回線を開通できるエリアです。法人の事務所やオフィスがある場所によって、ネットを ・・・[続きを読む]
社員から評判がいい法人向けインターネットの特徴にはどんなものがあるでしょうか。専用IPが持てる、電話のIP化、24時間365日サポート、専有回線で高速安定などのサービスから、実際にオフィスや ・・・[続きを読む]
オフィス移転の際には、インターネット回線の移転方法についてもしっかり把握しておきたいものですよね。そこで今回は法人向けインターネット回線の開通について、廃止から移転時の新設までを解説します。 ・・・[続きを読む]
新しいオフィスの開設や事業の拡大の際、中小企業を率いる社長の頭を悩ますもののひとつに、どのインターネット回線を選ぶかがあります。インターネットに一切関わることなく企業活動を行うのが難しい現代 ・・・[続きを読む]
事業を営む方にとってインターネットは大切なツールです。事業の形態はさまざまですが、店舗でインターネット回線を引く場合、個人向けと法人向けの回線のどちらを導入すべきか悩むこともあるでしょう。今 ・・・[続きを読む]
シェアオフィスに法人向けインターネット回線を導入することは可能です。ここではその必要性について説明します。現在では、コロナによりシェアオフィスも増えてきました。玄関に手洗い場があり、共用部に ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線は価格が安く、節税効果もあるなど、多くのメリットがあります。ぜひとも会社経営者ならば導入しておくことをおすすめします。しかし、こうした法人向けのお得なネット通信回線 ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を契約する際に違約金が心配な人は少なくないのではないでしょうか。一般向けのインターネット回線には契約条件があり、違反すると支払う義務が発生します。法人向けインターネ ・・・[続きを読む]
最近では、オフィスに電話を設置せずに「クラウド電話」を利用するケースが増えています。クラウド電話はスマートフォンを活用し、会社の番号を持てるサービスです。では、法人向けのインターネット回線を ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線でも、家庭用と同様にケーブル回線がついているプランがあります。ケーブルテレビは災害に強く、多彩な映像コンテンツを視聴できるメリットがあります。今回は、法人向けインタ ・・・[続きを読む]
社内のさまざまな管理を任されている総務は、法人向けインターネット回線を導入・検討する場合に重要な役割を果たします。技術の導入によって会社の利益を最大限に高めるには、インターネットの基本的な知 ・・・[続きを読む]
ここでは、法人向けインターネット回線業者にネットワーク構築も依頼できるのかを説明したいと思います。結論からいうと、ネットワーク構築のできる回線業者もあります。ただし、通常のネットワーク構築の ・・・[続きを読む]
事業拡大の際、法人向けインターネット回線の見直しは必要でしょうか。固定IP回線を増やしたり、同時接続数を10台以上にしたりする場合は回線の見直しをした方がよいでしょう。しかし予算との兼ね合い ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を検討する際、一般家庭用と比較してセキュリティの高さを重視して選ぶ必要があります。その点で検討したいのがVPNですが、今まで使われてきた専用線とどう違うのでしょうか ・・・[続きを読む]
ここでは、法人向けインターネット回線の開通でつまずきやすいポイントを紹介します。小規模タイプならそれほど迷うこともありませんが、大規模タイプや月額が高額な法人向けインターネット回線では、つま ・・・[続きを読む]
ここでは、法人向けインターネット回線を乗り換えた方がいい通信品質の状態について説明します。大手キャリアの法人向けインターネット回線では、さほど通信品質は変わらないのが現状です。しかし、さまざ ・・・[続きを読む]
ここではシステム担当者が、法人向けインターネット回線の導入を進めるときに必要な知識を紹介します。大規模な回線の入れ替えなら、システムを運用する担当者としても会社としても大きな決断になります。 ・・・[続きを読む]
固定IPアドレスが提供される法人向けインターネット回線はセキュリティ面で非常に有利です。同一IPアドレス以外からのアクセスを遮断することにより、ウィルス対策は強固になるからです。しかし強靭な ・・・[続きを読む]
ここでは、学校に法人向けインターネット回線は導入できるかについて説明していきます。結論からいうと、法人向けインターネット回線は導入できます。しかもフレッツ光では、学校向け特別料金を設けていま ・・・[続きを読む]
インターネットに接続するためには通信回線を用意しなければなりませんが、一般的に使われる家庭用の回線のほかに法人向けインターネット回線もあります。場合によっては家庭用でも問題なく使うことができ ・・・[続きを読む]
従業員数によって加入すべき法人向けインターネット回線は変わります。個人事業主から中小企業、そして大企業では、その規模の大きさによってさまざまなことを考慮する必要があるためです。今回は、それぞ ・・・[続きを読む]
個人向けのスマートフォンであれば、自宅の光回線などの固定インターネットサービスとセットでお得に利用できるプランがあり、実際に多くの人がスマートフォンのキャリアと自宅の固定回線をセットで利用し ・・・[続きを読む]
ここでは、IT業界以外で法人向けインターネット回線を利用するメリットを紹介します。サービス業や飲食業などさまざまな所で活用されているインターネット回線ですが、IT業界以外の分野でも法人向けイ ・・・[続きを読む]
ビジネスでインターネット回線を使いたいと考えた場合、一般向けに提供されている家庭用のサービスを使っても大丈夫な場合も多いです。しかし、固定IPアドレスをもらいたいなどの理由があるのなら、法人 ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線は、大容量データの取り扱いが多い企業にとっては、選ぶ際に頭を悩ませるポイントでもあります。自社にぴったり合う回線はどのように選ぶべきか、当然値段にも関係して来るため ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を使用するときは、混雑を気にすることもあります。混雑を解消するには、どのようにしたらよいのでしょうか。回線には、共有型と専有型とがあり、専有型のサービスを受けると、 ・・・[続きを読む]
インターネットが普及した現在は働き方も多様化ています。大企業から中小企業だけでなく、SOHOやベンチャーなど小規模なオフィスも増えてきています。規模が小さいならインターネットも個人向け回線で ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を導入すれば複数の固定IPアドレスを取得できるなど、さまざまなメリットがあります。今回は法人向けインターネット回線の申し込みには何が必要か紹介しますので、導入する際 ・・・[続きを読む]
ビッグローブ株式会社は、プロバイダとして30年以上の運営実績を持つインターネットサービス企業です。個人向けカスタマーサポートデスクがHDI(※ITサポートサービスにおけるメンバーシップ団体) ・・・[続きを読む]
So-net(ソネット)は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するインターネットサービスプロバイダです。光回線を中心に、さまざまなサービスを展開しています。 So-net ・・・[続きを読む]
GMOとくとくBBは、GMOインターネット株式会社が運用するプロバイダサービスです。GMOインターネットグループが掲げる「すべての人にインターネット」というスローガンのもと、2009年に誕生 ・・・[続きを読む]
個人向けのインターネット回線を利用する場合、キャンペーンを使ったり条件を満たしている場合はキャッシュバックが適用される場合がありました。結構まとまった金額が入ってくることもあるので、費用の節 ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線サービスはさまざまなメニューがあります。こうしたメニューを選ぶときは、そのサービスを提供する会社の規模にも影響されますし、サービスを利用する会社の規模にも影響されま ・・・[続きを読む]
企業でインターネット回線を契約する際には、法人契約ならではのメリットを生かすことが必要です。ここでは、領収書の発行などを含めた個人契約との違いや導入前の確認事項、人気の回線サービスの特徴など ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を活用する利点として、VPN接続が可能なことがあります。この接続法は専用線を活用するよりも低コストで利用できます。専用線を活用するときの構築費用や維持費用がかからな ・・・[続きを読む]
デジタル技術の進化の中でインターネット回線に対する注目はますます高まっています。インターネット回線を活用するのは個人と法人とがあります。始めたばかりのビジネスなどは個人向けの光回線でも十分業 ・・・[続きを読む]
インターネットをするときにはIPアドレスというものが必要です。これはインターネットを接続するときに使用する機器に割り当てられたナンバーで、データのやり取りをするときに使います。法人向けインタ ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を導入すると、専有のネット回線を利用することができますので通信環境の安定性や通信速度などの点でメリットがあります。そこで、法人向けのインターネット回線を利用したとき ・・・[続きを読む]
近年はいろいろなソフトがクラウド化するなど、企業にとってインターネット環境はますます手放せないものになってきました。しかし、ネット接続の安定性やスピードに問題が生じることも少なくはなく、悩ん ・・・[続きを読む]
法人の場合にはインターネット回線にかかる費用を事業費として正しく経理処理する必要があります。そのためには領収書が必要になりますが、個人向けインターネット回線では発行してもらえないのでしょうか ・・・[続きを読む]
インターネット回線が快適に使えるようにするのは業務を滞りなく進められる環境を整えるうえで重要なポイントです。しかし、個人向けインターネット回線をしようしていると回線が混雑して速度が低下してし ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を導入する企業が増えています。一般的に契約を結ぶのなら、長期が基本ともいわれていますが、契約期間は選ぶことができないのでしょうか。 もちろん、企業にとって最適なイン ・・・[続きを読む]
実際にサービスを利用するときは設定されている料金を正しく支払うことによって、そのサービスをコンスタントに利用できるようになります。しかしなんらかの理由で支払いが滞ってしまった場合、そのサービ ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を利用するということは、個人向けインターネット回線とどのような違いがあるか、導入することにより業務の効率化ができるのかといろいろと疑問に感じる方もいるでしょう。 疑 ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を利用するときにお得に使いたいなら携帯電話との同時契約ができるサービスを利用してみましょう。本サービスは同時契約をすることで割引が適用されます。ここではどのような割 ・・・[続きを読む]
働き方改革やライフスタイルが多様化するにつれて、リモートワークに対する注目は高くなっています。こうしたリモートワークを実現するには、安定的で安全なインターネット回線の活用が不可欠となります。 ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線は法人の業務ニーズに合う通信環境を整えるという点でも注目されています。こうしたネット回線を導入するとコスト削減という点でもメリットも得られやすくなります。 そこで、 ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を導入する前に知りたいこともあるでしょうが、専門用語が飛び交うのならば、理解できないかもしれない、そうした声も耳にします。勉強しなければ導入できないのか、無知でも平 ・・・[続きを読む]
急いで法人向けインターネット回線の工事を始めたいと考えているときには、まずは手続きにかかる期間を調べることが重要です。申込から開通までの流れや日数の目安なども含めて、参考になりそうな情報をい ・・・[続きを読む]
現在ではインターネットがなければ仕事が成り立たないと言っても決して過言ではありませんが、法人向けインターネット回線を利用したい場合、まずは申し込みをする必要があります。 では、この場合、申し ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線の導入をしたいなら、パソコンを設置するだけでは利用ができません。回線工事が必要であったり、プランを選んだり、契約の段取りなどもあるので、契約にかかる日数も気になるも ・・・[続きを読む]
個人向けインターネット回線にはオプションサービスの活用という魅力があります。セキュリティー機能に関するサービスはとても魅力的です。24時間365日インターネット回線に問題が生じたときに、復旧 ・・・[続きを読む]
インターネットを利用する場合は、それぞれの業者のサービスの内容を比較するだけでなく、費用なども比較してどこに依頼するかを決めます。個人でインターネットを利用するための手続きをした経験がある人 ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を利用するときは、経費の計上を考えます。ビジネス目的で使用するときは経費計上によって税対策をする必要があります。 カード払いにすると領収書が発行されないこともありま ・・・[続きを読む]
個人向けインターネット回線とはスペックが違うため、事業拡大したいのならば、法人向けインターネット回線を利用したいものです。そのためには、下調べが必要になります。というのは、利用できる地域が限 ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線はうまく利用すれば効率よく事業活動をおこなえます。顧客がネットワークにアクセスしたときなど、対応力が高いので非常に便利です。ここでは法人向けインターネット回線の維持 ・・・[続きを読む]
事業規模が大きくて大量のアクセスが発生するときや、信頼性を重視したい場合に検討したいのが法人向けインターネット回線です。現在は多数の会社が法人向けのものを提供しており、性能や費用は多種多様な ・・・[続きを読む]
企業の内外で円滑な運営をするためにインターネットが欠かせないツールになっていますが、頻繁に使うからこそネット回線の品質も重要になります。ネット回線の品質を考える上で、ネット回線企業が一般企業 ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線の業者を乗り換えるときには、いくつかの注意点があります。どんなことに気をつければいいのか調べてみましょう。やり方を間違えてしまうと、後々、トラブルになったり損をした ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を利用する場合には、どの業者を選んだらよいかわからないことが多いでしょう。業者によって仕組みが異なるだけでなく、その金額も異なりますので選び方に迷ってしまうことも少 ・・・[続きを読む]
ビジネスで利用するために、インターネットを用意したいのなら、法人向けの回線と契約しなければいけません。そのために、いろいろなサービスを探していると、有線LANと無線LANがあるのを知った方も ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線にもさまざまな種類があります。たいていは、IPアドレスが固定されるため使い勝手がよいのが魅力になりますが、その半面導入するときも工事費用がかかります。 そこで、一体 ・・・[続きを読む]
固定IPが利用できる、月の支払い料金の領収書発行サービスがあるなどという一般向けの回線と違う利便性があることなどから、法人向けインターネット回線を導入する企業が年々増加傾向にあるようです。そ ・・・[続きを読む]
ビジネスをおこなうのなら、家庭向けではなく、法人向けインターネット回線を利用したほうがよいと感じるかもしれません。確かに、予算がたくさんあるのならば、ビジネス専門の回線と契約したほうがよいで ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線の導入前にはさまざまな注意点があります。まず工事費用がいくらかかるかを知る必要もありますし、工事をするときにはインターネット回線に接続できなくなることもあります。法 ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を検討したいものの、たくさん業者が存在し、提供されるサービスの違いもよく分からないという法人もいるはずです。そうした場合には、きちんと比較して選ぶことで、快適に使い ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線では、接続トラブルなどが発生したり、故障したり、稼働しないことはないのでしょうか。そうした場合には、すぐにでも専門の技術者が足を運んでくれるのでしょうか。いつからい ・・・[続きを読む]
法人として会社を設立する場合には法人向けインターネット回線が必要になることがあります。ほとんど社員がいないようなときにはまだそこまで考える必要はありませんが、規模が大きくなり社員が増えてくる ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線はとても便利で、Webサービスの進化に伴ってこうした回線への需要が高まっています。サーバーの安定的運用の重要性はとても高いです。こうしたサーバーはクラウドで管理する ・・・[続きを読む]
現在、ビジネスで使っている法人向けインターネット回線に不満を持ってしまい、どうにかして、改善したいと考える状況あるでしょう。そのときに、一番効果的なのは、他の法人向けインターネット回線への乗 ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を導入を検討する際、あまりの多さとサービス内容の難しさに、適切に選べないことが多々あります。安さだけで選ぶと性能が追い付かず、業務に支障が出てしまう恐れがありますし ・・・[続きを読む]
インターネットでビジネスをする場合もオフラインでビジネスをする場合でも、インターネットで宣伝をすることが重要になってきています。ある程度規模が大きくなってきた場合には、法人向けインターネット ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を導入するときは、比較することが大切です。法人向けインターネット回線の導入の目的として、固定IPアドレスの活用があります。 固定IPアドレスの活用を考えるときは、サ ・・・[続きを読む]
テレビや新聞などのニュースで、大切な情報を外部に漏らしてしまった会社を見て、自社は大丈夫か不安を感じつつ、法人向けインターネット回線と契約しているため、情報漏えいはないだろうと、漠然と考えて ・・・[続きを読む]
インターネット回線を使うときには不正アクセスを受けてしまうリスクが常に懸念されます。企業の場合には事業に関わる機密情報や顧客情報などが漏洩してしまうと事業を続けられなくなる可能性すらあるのは ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を導入する目的として、固定IPアドレスの利用を可能としてセキュリティー対策を強化することがあります。こうした法人向け回線を活用すると、より安心してインターネットを活 ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を導入するときには固定回線を建物に引き込んで配線してもらうのが一般的です。しかし、運用のことを考えるとモバイルWi-Fiも同時に導入したいというケースもあるでしょう ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を利用するためには最初に工事をしなければならない場合がほとんどです。回線を導入するときにどのくらいの工事費が発生するのでしょうか。 プロバイダと契約するときにも工事 ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線にしたほうがメリットが大きいと考えて契約を検討している人もいるでしょう。しかし、契約するための条件を満たしているのかどうかがわからず、申し込めずに悩んでしまうケース ・・・[続きを読む]
これから法人向けインターネット回線の契約をしたいと考えているなら、契約前にどんな準備をしたら良いかを知っておいたほうが良いでしょう。手続き上どうしても必要になることだけでなく、準備しておくこ ・・・[続きを読む]
大きな規模の会社や団体ほど法人向けインターネット回線を使用する傾向がありますが、小さな会社や販売店、飲食店などでは個人向けインターネット回線を使用していることも珍しくはありません。あえて法人 ・・・[続きを読む]
テキストやメールなどの容量の小さなデータをアップロードしたりダウンロードしたりするのなら、インターネット回線の通信速度はそれほど速くはなくても大丈夫です。しかし、大きいサイズのファイルをやり ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線のメリットとして固定IPアドレスを取得できることがよく挙げられています。取得できる数は一つだけではなく、複数取得して運用することも可能です。二つ以上のグローバルIP ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を活用するメリットはとても大きくて、セキュリティーを大幅に高めることもできます。デジタル時代はインターネットが与える影響が大きくなっているため回線の選択を的確におこ ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を契約するときに失敗してしまったと後悔するケースがしばしばあります。他の業者や契約プランにしておけば良かったと思うのが典型的ですが、どんな原因で選択を誤ってしまって ・・・[続きを読む]
インターネットは個人でも企業でも必須になっていますので、快適で安定できる回線の確保は重要です。特に法人向けインターネット回線となれば、利用料は膨大になりますし、トラブルが発生すると困ります。 ・・・[続きを読む]
企業がインターネットを使う際は、法人向けインターネット回線で契約するのが一般的です。 しかし業務用回線だからと言って、インターネットを常時快適に使えるわけではありません。ではどんな理由で回線 ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を選ぶ場合、通信速度がどれぐらい出るのかということも、正常に利用する上でとても大切なことになります。 ここでは、その重要性や、スピードの目安、そして実際のスピードに ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線が開通するまでの期間は、最短当日になるケースもあれば、3ヶ月以上かかってしまうケースもあります。これだけの差が生じる理由は、スピーディーに導入できるかどうかが回線次 ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線は、一般の消費者を対象としたものと比べてセキュリティの面で優れているものが多くあります。 こうした回線を導入することで、長期間にわたり企業内の重要な情報の流出を防い ・・・[続きを読む]
一言で法人向けインターネット回線といっても、様々な回線の種類があり、一概にどれが良いとは言えません。その会社の規模などの違いで、それぞれ最適な法人向けインターネット回線ということは異なってき ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を導入する目的は、官公庁や企業の業務の内容や職場内の情報化の普及度などによりますが、固定IPアドレスを利用したり、セキュリティー対策を強化したりするうえで役立つこと ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線のアフターサービスの種類はプロバイダによって異なりますが、24時間体制でネットワークの監視を行っているところや、無料でウィルスチェックができるところが多くあります。 ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を選ぼうとしている方の中には回線事業者とプロバイダ業者の違いが、いまいち分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで、この2つの業者の違い、それぞれの特徴、 ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を選ぶ際に、無線のモバイルWi-Fiと有線回線のどちらがいいのか迷ってしまうという方もいるでしょう。ここでは、無線回線と有線回線の違いや、それぞれのメリットやデメリ ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線の導入を検討している方の中には、あまり馴染みがないため、インターネット回線がどんなものか分からないという方もいるでしょう。そこで今回は、そもそもインターネット回線と ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線は、情報社会においてビジネスシーンに欠かせない存在として捉えられるようになっています。 中でも、アフターサービスが充実しているプロバイダの回線の利用契約を結ぶことで ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を選ぶ際、回線速度が速く安定しているプロバイダを選びたいと考える方も多いでしょう。 ここでは、プロバイダによって速度が変わるのかや、速度が低下するさまざまな原因など ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線の費用は、通信速度やセキュリティー、契約期間などによりますが、シンプルなプランであれば月々五千円未満で利用することも可能です。 また、専門のスタッフによる充実したサ ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線に関する支払い方法は複数あり、たいていはクレジットカードもしくは口座振替になります。 インターネット会社によっては銀行振り込みで支払えることもありますが、それぞれの ・・・[続きを読む]
インターネット回線と一口に言っても実にさまざまな種類があるため、法人向けインターネット回線を選ぶ際も、それらの特徴を知っておく必要があります。 ここでは、インターネット回線の種類や、法人向け ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を効率的に利用することで、法人の効率的な事業活動に役立てることができます。 顧客からの多くのアクセスに一度に対応できるように高速で使用できる環境の回線も多いですが、 ・・・[続きを読む]
個人向けと同様、法人向けのインターネット回線も複数のプロバイダがサービスを提供しており、通信速度などの利用環境や利用料金などがそれぞれ異なります。 当然、使い勝手やコスト面を考慮して回線を変 ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線には様々な種類があります。 それぞれに異なる特徴があるので、状況に応じて最適なものを選ぶことが大切です。 また業者によっては様々な割引キャンペーンを行っている場合も ・・・[続きを読む]
パソコンと言ったらインターネットがお馴染みです。 こちらを利用するに当たっては、ADSLや光のような回線が必要となってきます。 法人向けインターネット回線で人気を博しているのが高速で大容量の ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線と個人向けインターネット回線では、通信速度などのスペックやIPに関連する提供形態に大きな違いがあります。 これから企業で安定した高速通信を行いたいと考えているのなら ・・・[続きを読む]
ネットで見かけるインターネット回線についての評判や口コミなどは個人向けサービスを対象としているものがほとんどです。 それは法人向けインターネット回線のユーザーが個人向けインターネット回線のユ ・・・[続きを読む]
インターネット回線は個人向けと法人向けがあります。 法人向けインターネット回線は、あまりテレビCMなどは行われていないため知らないという人もいるかもしれません。 しかし、これから事業を大きく ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線を利用する場合、どのサービスにすれば良いのか悩んでいる人も多いでしょう。 光回線サービスについての情報は個人向けのものが多いですが、法人向けのものは少ないのが事実で ・・・[続きを読む]
インターネットが遅くて違うサービスに切り替えようと思ったとき、どんなところに注意して選べばいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。特に、会社で利用できる法人向けサービスに関する情 ・・・[続きを読む]
クラウド利用や大きなデータのやりとりが増え、トラフィックが増大傾向にあるこの頃、人気を集めている法人向けインターネット回線ですが、個人向けサービスに比べて情報が少なく選定のための情報収集に苦 ・・・[続きを読む]
インターネット回線には一般家庭用の回線と法人向けの回線があります。 サービスが提供される設備の違いにより期待できる通信速度が変わってくるので、最大通信速度だけでは判断できません。個人向けサー ・・・[続きを読む]
どんな企業においても社内インターネット環境を整える必要はありますが、どれくらいの品質のものが必要でそれにどれくらいの費用をかけられるのかは、その会社の規模や社員数、自社サイトの運営の有無など ・・・[続きを読む]
ビジネスの規模が小さく通信量が少ないのなら、個人向けのインターネット回線でも十分な場合があるでしょう。 しかしフリーランスやSOHOでも、ある程度規模が大きくなり通信量が増加してきたのなら法 ・・・[続きを読む]
法人向けインターネット回線サービスやそれを扱っている業者はいくつかあり、自社環境やニーズ・予算などに応じて選択する必要があります。 自社に合ったサービスを見つけるにはいくつかポイントがあり、 ・・・[続きを読む]