法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

東京で法人向けインターネット回線の速度が速いエリアはある?

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/12/10

東京で法人向けインターネット回線の速度が速いエリアはどこなのでしょうか。回線の速さと安定性は豊富なバックボーンが不可欠なので、東京や地方の大都市が最も回線速度が速いと考えられます。そして、法人向けインターネットでは帯域確保といって、最低限の通信速度が保証されているので個人事業主から企業までのビジネスに対応します。

東京の法人向けインターネット回線で速いエリアは?

都内で法人向けインターネット回線が速いエリアは、「中央区」「千代田区」「江東区」「大田区」「渋谷区」などです。渋谷区は、5Gの実証実験でもモデル都市とされています。羽田空港内でも5Gを使用できる事から最先端の設備が揃う地域がこの都心エリアです。

中央区は、日本で最も地価が高いエリアとしても有名です。銀座や日本橋、八重洲などがあります。高層マンションも多く、インターネット回線でも都心の重要な拠点となっています。千代田区は、皇居や行政・政治・丸の内のビジネス街などがあり東京の中心となる街です。大手新聞社や、あまり知られていませんが、米大手IT企業の大規模サーバーなどもあります。

江東区は、今後もっとも発展するエリアとして注目が高まっています。羽田空港を中心とした湾岸エリアでは、毎日のように観光やグルメが紹介され、2022年には「羽田イノベーションシティ」がグランドオープンします。これは、研究開発施設や先端医療研究センター、会議場・イベントホール・飲食店が集まった大規模な複合ビルです。

インターネット関連では、5GやIoT関連の研究も進められています。当然、周辺にはオフィスが多く、海外輸送関連会社から機械・電機・電子関連の会社もたくさんあります。このようなオフィスも再開発される可能性が高く、法人向けインターネットの環境としても申し分ありません。

なぜ、東京の回線は安定して速いのか?

東京の都心は、大手企業や新聞社、さまざまな交通インフラや病院など重要な施設が集中しています。また東京は、アメリカの大手IT企業の拠点の一つとしてサーバーを管理しているなど、アジアでも中心的な都市です。4Gや5G通信も無線基地局は光ファイバーでインターネット網につながっていますが、東京のスマートフォンの速度が速くてつながりやすいのはこのインフラのおかげでもあります。

法人向けインターネット回線で、都内の中心であるほどバックボーンが充実した回線を使用できるために安定して速いということになります。そして、法人向けインターネット回線は専有型の帯域確保型回線も選べるので、通常の回線よりも安定して速いです。もちろん、都心に行くほどオフィスの賃料も高いので、簡単に入居することは難しいと思いますが、都内の空室率が上がっているのはチャンスでもあります。

都心を離れても、インターネットや5Gなどの、IT技術に力を入れている都市は調布市などがあります。ここでは、大手通信キャリアの中央研修センタ(調布市)にローカル5Gの検証環境「ローカル5Gオープンラボ」を設立して研究が進んでいます。そのため、インターネット回線もそれだけのバックボーンがあるということです。東京郊外ではこのあたりが法人向けインターネット回線でも、安定して速いのではないかと考えられます。

今後も人の流れは東京や大都市に集中する

日本の首都移転計画により、地方の都市にも注目が集まるようになってきました。関西や中部地方、九州や北海道などの大都市もインターネット回線の整備が整った街として知られています。これらの都市と東京は太い回線で結ばれており、常時通信のやり取りがされています。今後5G通信の時代が来ても、光回線は依然として日本や海外では中心的な通信手段となることは間違いありません。

インフラとして見ても、地中や海底といった安全な場所に設置されているので、安全性が高いのも特徴です。最近では、東京の人口は1,400万人を突破したというニュースが流れました。今後も、首都圏や地方の大都市への人口集中は加速するでしょう。

海外でも、韓国はソウルを含む首都圏に人口の50%が住むといわれます。この人口の集中化は世界的なものです。唯一の例外はアメリカと中国で、国土が広く国力があるために、数千万人から1億人クラス都市が各地に点在しています。

そのように、大都市に集中するほどインターネット通信も効率的となり、4G通信よりも通信範囲の狭い5G回線がより活かせるというメリットもあります。すなわち、将来のスマートシティなどの構築にも有利で、そのため東京では老朽化した建物の立て替えも始まっています。経済や人口の面から見ても、東京の都心ではよりインターネット回線が充実する理由がそろっています。

 

さて、ここまで、東京で法人向けインターネット回線の速度が速いエリアがあるのかを説明してきました。大切なのは地域と同じくらい、ネットワーク機器やパソコンなども速度に関係してくるということです。この記事を読んで、最適な法人向けインターネット回線が見つかれば幸いです。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧