法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線導入後どのようなサポートがある?

公開日:2019/11/15  最終更新日:2020/03/23

固定IPが利用できる、月の支払い料金の領収書発行サービスがあるなどという一般向けの回線と違う利便性があることなどから、法人向けインターネット回線を導入する企業が年々増加傾向にあるようです。そんな法人向けインターネット回線の導入後に気になる点に、サポート体制がどうなっているかということがあるかと思います。

個人向けとの大きな違いはセキュリティー面

法人向けインターネット回線のサポート内容において、個人向け回線との1番の違いの中にセキュリティー面の充実という点があります。現代企業において、社外秘の情報や多数の一般・法人の顧客情報、あるいは社員のパーソナルな情報など、社内で保有しているデータは膨大な量になることが多いです。

そのようなことから、法人向けインターネット回線を提供する業者には、送受信したメールなどにウイルスが感染していないかチェックするサービスや、データベースなどへの不正アクセスを防ぐセキュリティシステムの提供など、一般向けに比べ幅広いサポート体制をとっている所がほとんどです。

また、最近ではクラウド型のセキュリティーサービスの提供により、高い防御機能と同時に導入のしやすさという利便性も実現した体制をとっている所もあります。クラウド型には、世界的に新たなコンピューターウイルスが急速に流行したなどといった場合にもすぐにセキュリティソフトを更新できて、未知の脅威に対応できるなどといったメリットもあります。

業務をスムーズにしてくれるようなサービスなども

また、日々の業務をスムーズにしてくれて、やるべき仕事に集中させてくれるようなサービスやプランを提供してくれるような所もたくさんあります。その1つが主に一般向けの回線と分離し、回線の混雑を避けてくれるというプランなどを提供してくれ、業務効率アップの手助けをしてくれる所もあります。

近年のさまざまな動画サイトの登場・発展によりいつでもどこでも動画が楽しめるようになった結果、一般向け回線の混雑というものが良く見られるようになり、その影響をオフィスや事業所などでPCを利用して仕事をする人に受けてしまうということが社会問題となりつつあります。

そのようなことを防ぐために、一般回線と分離させるプランを利用することにより常に安定した回線速度を保ち、ビジネスへの影響がないようにしてくれるサポートをしてくれるという評判を聞き、導入後にプラン変更をおこなうという企業もすくなくないようです。さらにこうしたものの中には、毎月法人・個人を問わず多くの人の頭を悩ませるOSやソフトなどの更新をしている間にも通常の作業がおこなえるようなサポートもあり、こちらもおおよそ好評のようです。

また、企業において重要な領収書の発行などに関するサポートをしてくれる所もあります。導入の際に電話回線などもまとめてその業者の提供する回線に変更すれば領収書をまとめて発行してくれたり、ウェブ上で領収書を発行してくれたりといった面で仕事をスムーズにさせてくれるサービスを提供してくれる所も多くあります。

その他にも電話回線などとまとめるとキャッシュバックサービスをしてくれたり、継続して契約し続けるとその年数に応じて割引料金が適用されたりといったコスト面でのサービスを提供する所もあるようです。

カスタマーサポートが充実しているという魅力も

そして、何といっても一般向け回線との最大の違いはカスタマーサポートの充実といって良いでしょう。回線にトラブルが起こり通信ができなくなってしまった、ウイルスが添付されたファイルを間違って開封してしまったなど、ネット上の業務で起こり得るトラブルを挙げればきりがありません。

そのような際にも、法人向けインターネット回線を提供している業者は、24時間・365日体制で対応していることはもちろん、全国各地の拠点に事業所を置き、迅速に修理やメンテナンスに訪れられるような体制をとっている所がほとんどです。

さらに最近では、顧客のルーターなどの通信装置の稼働状況を常時監視し、異常が検出された場合はどんなささいな異変でも業者から連絡がいくようなサービスを提供している所もあります。法人インターネット回線を導入する最大のメリットともいえるこのカスタマーサポートの項目は、他の比較ポイントよりもじっくりとその内容を確認し、自社に最適なサービスやプランを提供している所を選ぶようにしましょう。

 

法人向けインターネット回線には、一般向けの回線には見られないようなビジネスシーンにおいて非常に魅力的なサービスやサポート内容を提供してくれる所が多くあります。それらの中で自社の本当に欲しいサポート内容を提供してくれる所はどこかということを各業者きちんと比較し、最適な業者との契約を結ぶことがビジネスをよりスムーズに進めていくためには欠かせない項目になります。

現在、法人向けインターネット回線を導入しようか迷っているという企業などは、候補の業者を慎重に比較して選びましょう。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧