法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線の失敗しない選び方や料金相場とは?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2020/03/23

法人向けインターネット回線を利用する場合には、どの業者を選んだらよいかわからないことが多いでしょう。業者によって仕組みが異なるだけでなく、その金額も異なりますので選び方に迷ってしまうことも少なくありません。

この場合には、相場を確認しながらその中身を見てよく比較することが重要になります。

料金は時期によって異なることが多い

これから法人向けインターネット回線を利用するならば、可能な限り安く設置したいものです。このとき、その内容も重要になりますが、それ以上に金額がどの程度になるかを見ておく必要があります。

まず、一般的には初期費用として20,000円前後の支払いが必要です。ただ、500MBと1GBの2種類の選択肢がある場合、500MBは20,000円前後で良いこともありますが、1GBの場合には40,000円から50,000円位かかってしまうこともあります。自分の会社はどちらが理想的なのかを考えると良いでしょう。

これに関しては、どちらが良いかを業者によく聞いてみることが大事になります。大抵の場合、利用する規模によって分かれるところです。例えば、社員が10人程度しかいない場合には、500MBもあれば十分と言えるかもしれません。しかしながら、社員が100人以上いる場合にはそれだけでは足りませんので後で初期費用をケチったせいで後悔することになりかねません。

確かに会社としても、経営者の視点に立てば少しでも無駄な経費をなくしたいと言う思いは強いはずです。特に会社を立ち上げてインターネット回線を設置する初期の時期はお金のないことが多いわけです。それを考慮に入れたうえで、スペックを間違わないように十分に勉強しておくことが大事でしょう。

IPアドレスについても理解しておく

将来的に法人向けインターネット回線を利用する場合は、IPアドレスの知識も多少理解しておくことが必要です。IPアドレスと言うと、難しく感じてしまう人もいるかもしれません。簡単に説明するならば、インターネット上の住所のようなものです。これは、インターネットを利用している人ならば誰もが割り振られているものです。

IPアドレスについての基礎知識としては、個人で使うか法人で使うかよってその内容が変わってくることです。個人で使う場合には、固定IPアドレスと呼ばれるものは利用しません。大抵の場合、業者が振り分けているIPアドレスの中で使われていないものを日替わりで利用してもらうことになります。そのため、日によってIPアドレスが全く違うようなことも少なくないわけです。

一方で、法人向けインターネット回線の場合には、固定IPアドレスと呼ばれるものを利用しているところも多いです。これは、企業内で作るサイトの更新をするときに役に立つでしょう。企業内でサイトを作る場合には、外部のものが勝手にサイトの中に侵入しないように固定IPアドレスでなければそのページに侵入できないようにしています。

これを前提に考えるならば、法人向けインターネット回線を利用する場合固定IPアドレスになっているかどうかを確認しておきましょう。もし、固定されていない場合には自分たちが作ったサイトの中に入れない可能性も出てきます。このような失敗を避けるためにIPアドレスの知識は頭に入れておきましょう。

回線が混み合うかどうかも重要になる

会社を法人化するかすでに法人になっている場合には、個人のインターネット回線ではパンクしてしまうようなことがあります。この場合、法人向けインターネット回線に切り替えるのが妥当でしょう。法人向けインターネット回線を利用する場合に知っておきたい知識の1つが業者のおすすめプランが必ずしも自分の会社にとって最良ではないことがあり得ることです。

例えば、ある業者が目玉商品としている法人向けインターネット回線があるとします。この回線のプランに従えば、非常に安く利用できることがわかったとするでしょう。ですが、金額だけを見るのではなく利用するときに問題点がないかを確認しておく必要があります。

安く利用できると言うことは、他の業者に比べて何か欠点がある可能性も否定できません。よくある例としては、混み合う時間帯に回線が利用できなくなってしまうか、回線が非常に遅くなってしまうパターンです。そうすると、夕方の時間帯や朝の早い時間帯に自分の業務ができなくなってしまう恐れがあります。これを避けるためには、プランの特徴をよく確認することです。

 

近い将来、法人で法人向けインターネット回線を利用する場合はいくつか注意をしておくべきことがあります。これを知ることで、失敗を避けることができるはずです。そのうちの1つは、容量の問題です。500MBと1GBの2種類がある場合利用する社員の人数によって分けるのが良いです。次に、固定IPアドレスが利用できるかどうかも重要なところといえます。特に、法人が所有するサイトの中に入るためには固定IPアドレスが必要なところになります。それ以外にも、料金プランに注目しておきましょう。

サイト内検索
記事一覧