法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線は法人携帯と契約するとお得になる?

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/23

法人向けインターネット回線を利用するときにお得に使いたいなら携帯電話との同時契約ができるサービスを利用してみましょう。本サービスは同時契約をすることで割引が適用されます。ここではどのような割引サービスがあるのか知っておくと選定しやすいです。

セット割引の内容を把握しておこう

法人でインターネット回線の単体契約をする方もいるでしょう。基本的に単体でも契約は可能ですがちょっと工夫をすることによりお得な割引サービスを受けることができます。例えば携帯電話との同時契約をすると価格が割引されるのでコストを削減したいときに便利です。スマートフォンも対象になるので現代にマッチしています。

具体的にどのような割引キャンペーンがあるのかというと、法人インターネット回線とスマートフォンのセット契約をすれば、専用の値引きが適用されます。ちなみに一部タブレットとの契約でも割引が適用される業者もあるので使い分けると便利です。

他にもすでに社員にスマートフォンやタブレットが支給されている場合、対象の業者と回線契約をすれば割引が適用されるところもあります。ただしスマートフォンやタブレットはインターネット回線契約をしている業者と同じでないと、割引が適用されないので注意しておきましょう。

具体的な割引内容ですが利用するパケットパックにより変化します。基本的に上位のパックになるほど利用金額も増えるので割引率も上昇する仕組みです。およそ1500円くらいから3500円くらいの割引を受けることができると考えておきましょう。

ちなみに割引が適用されるときはある条件が設定されています。例えば戸建てやマンションからの利用でないと適用できないものも用意されています。またパックによって適用される割引は最大1年間など期間が限定されているものもあるので注意が必要です。内容をしっかり確認してから申し込みをすると安全です。

ちなみに本サービスをおこなっているのは光コラボレーションモデルのインターネット回線契約なので、利用をするときは業者選びを間違えないようしましょう。

数年契約で割引やデータパック割引もある

一部の業者では数年割というものが用意されています。本サービスはスマートフォンやタブレットと、インターネット回線契約を同時におこなうときに適用されるものです。すべて含めてトータルの利用料金がずっと割引されるサービスなので、うまく使ってみましょう。ずっと割引されるというだけに契約中は常に安い金額で利用できるのがメリットです。

ちなみにずっと割引されるプランはプロバイダの利用料金と一体になっているのか確認しておきましょう。中には料金が別途必要になるものもあるので注意が必要です。データパック割引はデータのみ使用する場合に適用されます。

例えばモバイルガジェットを使用してインターネットをするときに利用するものです。30GBや20GBなどのプランが用意されています。本サービスにもセット割引が適用されるので使い勝手が優れています。どれくらい割引されるのかというと8,000円のプランで1,500円前後安くなるシステムです。本サービスも通常のセット割のように割引期間が1年くらいに限定されているので注意が必要でしょう。

もっとお得に割引を受けたいときには各サービスのホームページに行き、専用ページから法人でインターネット回線の申し込みをします。一部の業者ではネット申し込みをするとキャッシュバックを受けることができたり特典を得られます。普通に申し込みをするよりも圧倒的にお得な内容をしているのでおすすめです。ちなみにキャッシュバックなどの特典は業者により内容が変化します。

どのような業者を選定するのが適切なのか

これから法人でインターネット回線を利用するのなら携帯電話との同時契約で割引できるところがお得です。ただ複数の業者でおこなっているサービスなので、どれを選んでいいのかわからない人も多いでしょう。基本的に法人でインターネット回線のセット割を利用するとき、割引したときの金額を考慮するのではなく月額料金を考えるのが適切な業者の選び方です。

割引が適用される期間は限定されています。そのため割引価格だけ見て利用をすると2年目から通常料金になり支払いが厳しくなる場合もあります。そこで長期的な利用を考えて業者選びをするのが適切です。

またネット申し込みをしたいときに得られる特典なども見ておきます。うまく利用すれば工事代金を削減することも可能です。どれくらいお得になるのか月額料金なども含めて総合的に、どのような業者がいいのか考えましょう。

 

セット割のある法人でインターネット回線を利用するときは割引が適用される条件を把握しておきましょう。また数年契約でずっと割引を受けられるものや、データパックに適用されるものもあるので用途に応じて使い分けるのがおすすめです。

携帯電話のセット割がある業者を選定するときには、総合的にかかる料金で利用するサービスを選択するのが適切です。またネット申し込み時に得られる特典なども考慮して業者選びをするとお得でしょう。

イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧