法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線の契約にはどのくらいの日数がかかる?

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/03/23

法人向けインターネット回線の導入をしたいなら、パソコンを設置するだけでは利用ができません。回線工事が必要であったり、プランを選んだり、契約の段取りなどもあるので、契約にかかる日数も気になるものです。多忙などの会社の都合もあるでしょうから、スピーディーにことを進めるには、回線工事不要という選択もあるようです。何に時間がかかるのかも、契約するまでにしっかり調べておきましょう。

契約するとなるまでに必要な準備

法人向けインターネット回線の契約日数がどれくらいかかるかといえば、「開通するまで」となるならば、運がよければ最短当日に開通できるかもしれませんが、3ヶ月以上の日数がかかるケースもあるようです。

契約前には、情報を集めて、回線とプロバイダの依頼先を比較検討してから契約法などの確認をするなど、さまざまな手続きを経て契約書を締結するものです。スムーズに、そしてスピーディーに導入できるかどうかは、「回線の工事」次第ともいわれています。

もちろん、初めてならば、契約前の準備などにてこずってしまうこともなきにしもあらず、準備不足となったり、打ち合わせなどのスケジュールの都合などによって最短当日とはならないことのほうが多いのではないでしょうか。もっとも日数がかかるのが、回線工事ですが、これは予約制となっているので、先着順となることが大きな理由です。

ちなみに、会社によって最適となるプランや回線事業者というのはそれぞれに違うでしょうから、会社の環境を考慮しながら選定しましょう。契約後のさまざまなトラブルを防ぐためにも、サポートや補償内容については、契約前にしっかり確認しなければならず、慎重にことを進めましょう。

回線工事にも日数がかかりますが、契約のための準備期間も合わせるならば、さらに数日はかかるでしょう。登記をして法人格を取得しておくことや、支払いでの法人向けクレジットカードを作っておくこと、スムーズに、スピーディーに契約できるように会社の基本情報の書類などを準備しなければなりません。

余裕がないのならば無線で利用してみよう

法人向けインターネット回線の契約までの流れは、回線事業者やプロバイダに連絡を入れてから申し込みの手続きをします。開通に関して問題なければ、後日、工事作業がおこなわれます。作業状況によってマチマチですが、工事の時間は1時間程度で終わるようで、それからはインターネットが使える状態にするためにパソコンを設置したりという手続きがあり、すべての所要日数は8日程度はかかるようです。しかし、予約の混み具合によっては3ヶ月もかかってしまったケースも実際にあるようです。

契約者が少なければ、比較的スムーズにことが進むのですが、こればかりはお金を積んだとしても優先的にはおこなえないものなので、時間的余裕がないのならば、工事不要となる回線を選ぶという方法もあります。それならば、最短当日の利用ができる可能性もあるでしょう。

法人向けインターネット回線は、有線ケーブルが使われていますが、Wi-Fiなどの機器があれば無線で利用ができます。申し込みをしてからは、会社にあるパソコンやスマホなどでインターネットを利用できる設定作業をおこなえば、すぐに利用ができます。有線ケーブルでの契約となれば、どうしても導入工事が必要になるので、最短当日は難しいようです。

乗り換えでかかる日数も考えてみよう

回線やプロバイダの契約はインターネットを使ってもおこなえます。プランやオプションを選択するだけで、手続きが終われば数日でメールや郵便によって契約と開通の通知があるようです。施行日に合わせて接続設定をおこなうだけで利用できます。ちなみに、法人向けインターネット回線には「光回線」と「ADSL回線」と「高速モバイル通信」という回線の種類がありますから、時間的余裕がないのなら、高速モバイル通信がおすすめです。

ちなみに、法人向けインターネット回線の契約は新規のみならず、乗り換えというケースもあるでしょう。この場合にかかる日数も最短当日とはいかないものです。これには、前のプロバイダ契約の解約に時間がかかることもあるからです。流れとしては、新しいプロバイダに申し込みをおこない、回線工事を経て利用できるようにしてから、前のプロバイダを解約します。契約関係書類などに目をとおし、日程調整をおこなうなど、やはりスケジュールの都合などもあってか、最短当日の利用は難しいかもしれませんから、余裕を見ておきましょう。

 

法人向けインターネット回線の導入を考えるなら、契約を締結することが必要です。しかし、実際にどのくらいの日数がかかるものなのでしょうか。最短当日というのは、工事不要であり、準備不足とならないことなど、契約がスムーズに、スピーディーに進む状況や条件が整っていなければ難しいようです。

しかし、それでも問題がなければ、8日程度でインターネットを利用することができるようですから、早め早めに手続きを済ませるのがいいようです。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧