法人向けのインターネット光回線をおすすめ比較5選でご紹介!プロバイダ契約も一体型の業者を厳選!

法人向けインターネット回線の支払い方法とは?

公開日:2019/04/09  

法人向けインターネット回線に関する支払い方法は複数あり、たいていはクレジットカードもしくは口座振替になります。

インターネット会社によっては銀行振り込みで支払えることもありますが、それぞれの支払い方法には注意点もあります。

 

毎月決まった日に自動引き落としされる支払い方法

たいていのインターネット会社では、口座引き落としという方法を採用していて、所定の日になれば自動的に口座から出金されるようになっています。

毎月の電気やガスなどの料金は、本人から銀行口座に直接振込むよりも、毎月決まった日に自動的に引き落としされていることが多いです。

法人向けのインターネット回線も同じで、一旦決められた日には自動的に銀行口座から出金されるようになっています。

例えば毎月の25日になったら自動引き落としされるように設定した場合、25日には自動的にインターネット会社に入金されるわけです。

この自動引き落としという方法で料金を支払う場合は、インターネット会社が定めている所定の手数料を支払うこともあります。

実際あるインターネット会社では、口座振替をする時の手数料を毎月120円であると定めていますが、他の方法では手数料はありません。

詳細は後述しますが、そのインターネット会社はクレジットカードで料金を支払う際には、手数料は無料になります。

ただし口座振替に関する手数料に関するシステムは、インターネット会社によって異なり、中には手数料が無料になる会社もあります。

また口座引き落としで支払う場合は、名義に関する注意点もあって、あくまでも自社名義の口座のみ対応しています。

例えばインターネット回線を利用しているのはA社であるものの、引き落としされる銀行口座はB社など、別会社にすることはできません。

また口座引き落としという支払い方法は、代表者名義の口座のみ有効であり、他の人物の口座では引き落としすることはできません。

上述のように様々な条件はあるものの、いずれにせよ多くのインターネット会社では、口座引き落としという支払い方法も採用しているわけです。

口座引き落としという方法は、毎月決まった日に自動的に引き落としされますから、うっかり忘れてしまうリスクも低いです。

 

インターネット会社に銀行振り込みで支払う

口座振替以外の方法で料金を支払いたい場合は、銀行振り込みという手段もあり、インターネット会社が指定する口座に自分で入金することになります。

しかしほとんどのインターネット会社では、口座振替もしくはクレジットカードという方法を採用していて、銀行振り込みが可能な会社はあまり多くありません。

ちなみに銀行振り込みで支払い可能な点は、個人向けでなく法人向けインターネットサービスの特徴の1つでもあります。

というのも個人向けのインターネット回線ですと、料金支払いの手段は若干限定されていて、たいていはクレジットカードや口座振替になります。

個人向けのサービスですと、そもそも銀行振り込みで料金が支払えないケースも多いですが、法人向け回線の場合は振り込みにも対応していることもあるわけです。

なお銀行振り込みでネット料金を支払う場合は、他の支払い手段と比べると、手数料は若干高めになる傾向があります。

実際あるインターネット会社の場合は、銀行振り込みで料金を支払う時には、毎月800円の事務手数料が徴収されます。

それに対して口座振替という手段で料金を支払う場合は、毎月500円に限定されますから、振り込みよりも口座振替の方がお得です。

また銀行振り込みする以上は、金融機関に対して振り込み手数料も支払う必要がありますが、それはネット会社でなく利用者負担になります。

また、口座振替のように毎月決まった日に自動的に支払われませんから、振り込みを忘れないよう要注意です。

 

クレジットカードでも料金を支払える

そして残り1つの支払い方法はカード払いであり、ビジネスカードやクレジットカードなどを使用して、インターネット料金を支払います。

上述の銀行振り込みと口座振替という2つの方法と違って、クレジットカードであれば還元ポイントが発生するメリットがあります。

還元率は0.5%や1%などカード会社によって異なりますが、支払った料金に対してその%を乗じた分のポイントを受け取れるわけです。

毎月コンスタントに支払い続けますから、蓄積するポイントの数がかなり多くなることもありますが、振り込みと口座振替にはポイントはありません。

またクレジットカードの場合は、事務手数料が無料に設定されているインターネット会社も多いです。

現にあるインターネット会社ですと、口座振替や振り込みは数百円の手数料が徴収されますが、カード払いは無料になります。

どのブランドのクレジットカードに対応しているかは、インターネット会社によって異なりますから、申し込み前に確認しておくと良いでしょう。

 

法人利用のインターネット回線に対する支払い方法は、カード払いと口座振替と銀行振り込みの3種類があります。

その3種類の支払い方法の他にも、払い込み用紙で料金を支払えるインターネット会社もありますが、それを利用している法人はあまり多くありません。

支払い用紙ではうっかり支払いを忘れてしまう可能性もありますし、口座振替で支払っている法人が多いです。

また他の方法と違って、手数料や還元ポイントなどのメリットがありますから、カード払いで料金を支払っている法人も多いです。

サイト内検索
記事一覧