法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線を契約する際に準備することとは

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/10/25


これから法人向けインターネット回線の契約をしたいと考えているなら、契約前にどんな準備をしたら良いかを知っておいたほうが良いでしょう。手続き上どうしても必要になることだけでなく、準備しておくことでメリットが大きくなるポイントも少なくありません。代表的なものを紹介するので、契約を進める前にしっかりと準備を整えましょう。

契約のために必要な準備とは何か

法人向けインターネット回線の契約をするときに欠かせない準備は大きく分けると三つあります。一つ目は法人であることを示せるようにすることです。法人向けインターネット回線の契約が可能なのは基本的に法人格を持っている法人や団体だけです。個人事業主やフリーランスの場合にも契約できる業者もありますが、場合によっては断られてしまいます。

個人向けインターネット回線では不満だから法人向けにしたいという場合には、あらかじめ登記をして法人格を取得しておいたほうが良いでしょう。会社員や公務員、専業主婦やフリーターといった場合には契約できません。個人事業主として届出をするか、会社を設立したうえで申し込むようにしましょう。

二つ目は支払い方法を決めて支払えるように準備をしておくことです。業者によって対応している支払い方法には違いがありますが、口座振替を使える場合が多くなっています。口座として法人口座を求められることが多いものの、業者によっては代表者の個人口座であっても対応してもらうことが可能です。法人口座が必要な場合には審査に時間がかかるので早めに手続きをしておいたほうが良いでしょう。

また、クレジットカード払いが可能な業者もありますが、この場合にも法人用のビジネスカードを求められることがあります。代表者の個人名義のクレジットカードでも大丈夫なこともありますが、少なくともどちらかを準備をしておかなければなりません。業者によっては郵便振替や銀行振込で支払うことも可能で、この場合には特に準備は必要ないでしょう。

三つ目は必要なものをそろえて契約できるようにしておくことです。基本的には社名と代表者名、住所や電話番号などの情報があれば申し込み書類を記入することができます。

それに加えて必要なのが印鑑で、業者によって対応が違うので気をつけなければなりません。代表者が署名をすれば印鑑は必要ないというケースが多いですが、少なくとも個人印を押さなければならないケースもあります。また、角印か丸印を要求されることもあるので準備しておくに越したことはないでしょう。

契約前に条件をはっきりとさせておこう

法人向けインターネット回線の契約前に、どんな条件で契約したいかははっきりとさせておくのが大切です。料金や通信速度などの一般的にインターネット回線を選ぶときに気にかけるべきポイントを挙げ、それぞれがどの程度の条件を満たしていれば良いかを考えておく必要があります。

それに加えて重要なのは固定IPアドレスがいくつ必要なのかを考えたり、セキュリティー対策を業者におこなってもらう必要があるかを検討したりすることです。その内容によって費用もかなり変わることになるため、予算との兼ね合いも十分に考慮しておかなければならないでしょう。

業者と詳しく打ち合わせをしてあったとしても、契約の段階で書面にその通りの内容が書かれているとは限りません。不備であったとしても、契約書に書かれている内容が希望していたものとは違っているのに気づかずにサインしてしまったら元に戻すことはできないのが原則です。

どのような条件で契約するのかは事前にまとめておき、契約の段階で本当に合っているかを細かくチェックするのが重要と言えます。チェックリストを作成して準備を整えておくと失敗がないでしょう。

他社との比較も忘れずにしておこう

法人向けインターネット回線を提供している業者はたくさんあります。同じようなサービス内容であったとしても契約先が違えば費用も異なるので比較してみるのは肝心です。

まずは一つの業者と相談してどんな回線を導入するかを検討するのは良い方法ですが、最終的に契約する前に他社ではどうなるかも確認しておきましょう。同じ条件で見積もりを取って比較してみると、どこが安いかが一目瞭然になります。

業者ごとに標準的に提供しているサービスに違いがあるため、料金が仮に全く同じだったとしても標準サービスを比較すればどこが優れているかがはっきりとするでしょう。このような比較検討も契約前にやっておくと失敗がありません。

 

法人向けインターネット回線の契約をする前に必ず行っておかなければならない準備は三つあります。法人格を取得すること、支払い方法に応じて法人口座やクレジットカードなどを作っておくこと、社印を用意しておくことです。

それに加えて契約内容の確認ができるように、希望の条件をリストアップしておきましょう。そして、最終的には他社と料金やサービスの比較もしてお得に利用できる業者を選び出したうえで契約するのが大切です。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧