法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線の契約前に無料で見積もりはしてくれる?

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/03/23

インターネットを利用する場合は、それぞれの業者のサービスの内容を比較するだけでなく、費用なども比較してどこに依頼するかを決めます。個人でインターネットを利用するための手続きをした経験がある人は、事前に複数の業者に一括で見積もりを出してもらったという経験がある人もいるでしょう。

では個人向けではなく法人向けインターネット回線の場合も、個人のときと同じように契約前に見積もりをしてもらうことはできるのでしょうか。またそのときは費用は発生するのでしょうか、それとも無料でおこなってもらうことができるようになっているのでしょうか。

契約回線の違いを知って理解してみる

インターネット回線には2種類存在しており、一つは個人が家庭で利用するタイプの個人契約のものとなっています。またもう一つが法人で契約する回線、つまり法人向けインターネットということになりますが、両者には契約者以外にもいくつかの違いがあります。

その中で大きな違いの一つは、通信容量の制限に関することでしょう。個人が大容量のデータ通信をおこなうと制限がかかってしまうことも多く、一定期間は通信速度が極端に遅くなってしまう場合は少なくありません。

しかし法人の場合は制限がかかってしまうことはなく、インターネットを利用する際のスピードがかなり遅くなってしまうこともないのです。だから仕事でインターネットを利用する場合にホームページがなかなか開かれないとか、メールの送信完了までかなりの時間がかかってしまうということも起こりません。

もう一つの大きな違いは、個人の場合は固定IPを取得することができないようになっていますが、法人であれば取得することができるということです。だから、固定IPを利用することができるようになるので、サーバーに外部からアクセスすることも防げるため、セキュリティーの許可にもつながるのです。そのため、法人でインターネットを利用する場合は個人ではなく法人向けインターネットを利用するほうが良いとすすめられることは少なくありません。

どの業者を利用すべきか分からない

実際に法人向けインターネット回線を利用する場合、利用によりメリットはいくつも感じることができるのですが、そもそもどの業者に依頼すべきかわからない場合も少なくありません。業者によって全くサービス内容や料金体系が違っていますが、自分たちの契約するプランではどのような感じになるのか分かりにくい場合もあるからです。

ただ適当に業者を選んで契約してしまうと、もしかしたら自分たちの使い方には合っていないサービス内容の回線を利用してしまうこともあり得ます。したがって、できるだけ利用するメリットを感じられるものを使うためにも、事前にいろいろと比較検討するべきでしょう。

その際に参考になるのが見積もりですが、実際には見積もり自体は無料で扱っている業者が多く、有料のところは少ないと言って良いでしょう。たしかに見積もってもらうために人が動くので本当は有料で対応すべきなのかもしれませんが、業者側のサービスで無料でおこなっている場合が増えています。

ただ無料か有料かは業者によって全く対応が違っており、どこでも同じというわけではありません。もし余計な費用をかけたくないというのであれば、まずは見積もりを出してもらう時点で料金が発生するかどうかをしっかりと調べておきましょう。もちろんそのときに無料でできるところを選べば、見積もりを出してもらったからと言って料金を請求されることはありません。

一括で見積もりを依頼することもできる

現在、法人向けインターネット回線を利用するために業者選びをする場合は、契約前に見積もりを出してもらうことができます。業者によってもサービスが変わってくるので同一というわけではありませんが、見積もり自体は無料で出してくれるところも少なくありません。

また、この場合は1社ではなく、複数のところに出してもらい、それぞれの結果を見て比較検討するために利用することができるようになっています。その際、それぞれの業者に対してひとつひとつ依頼を出しているとかなり面倒ですが、現在ではインターネットを利用して一括で依頼することも可能です。これであれば専用のフォームに必要事項を入力するだけで、複数の業者に依頼することができるため、かなり手軽です。入力にもほとんど時間はかからず、だいたい1分から3分程度で済むので、手軽に依頼できると人気を集めています。

 

法人向けのインターネット回線は、容量の制限がかからないことや、固定IPを利用することができるようになります。そのため、会社やお店などでインターネットを利用する場合は、法人向けインターネット回線の利用が推奨されています。

回線の使用には業者に依頼しなければなりませんが、この場合、契約前に見積もりを出してもらい、どこの業者と契約するか決めます。業者によっては無料で対応してくれるところと有料となっているところがあるので、余計な費用をかけたくない場合は、事前に調べておくようにします。

また、見積もり依頼に関しては、個別で業者に対して依頼することも可能ですが、一括で依頼することもできるようになっています。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧