法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線を導入してセキュリティ対策を強化しよう

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/06/04

法人向けインターネット回線は、一般の消費者を対象としたものと比べてセキュリティの面で優れているものが多くあります。

こうした回線を導入することで、長期間にわたり企業内の重要な情報の流出を防いだり、外部からの攻撃に対処をしたりする上で大きな利点があります。

 

最新のセキュリティソフトを使えるプロバイダもある

セキュリティ対策を強化する目的で法人向けインターネット回線の導入をする場合には、国内外で高く評価されているプロバイダの扱っている回線の種類や人気のプランの内容をよく調べることが大切です。中でも、最新のセキュリティソフトを提供しているプロバイダについては、多くの民間企業の間で社内の情報流出や内部不正などの対処をする上で理想的な存在として位置づけられることがあります。

また、情報処理に詳しくない従業員でも簡単にダウンロードができるセキュリティソフトを用意しているプロバイダは、業種や事業内容などにかかわらず人気が高まっています。

そこで、セキュリティソフトの防犯性の高さや使いやすさなどにこだわってプロバイダを選びたい場合には、担当者に直接分からないところを質問したり、法人向けの資料に目を通したりすることがおすすめです。なお、一つのセキュリティソフトを上手く使いこなす上で、様々な企業の事例を欠かさずにチェックしてみると良いでしょう。

 

熟練のセキュリティスペシャリストに対応してもらおう

法人向けインターネット回線を導入した後にセキュリティ対策に取り組むにあたっては、契約期間中に熟練のセキュリティスペシャリストがサポートをしてくれるプロバイダを選択することが大事です。特に、大量のデータを扱っている企業がネット上でスムーズに個々のデータの管理を行う場合には、余裕を持って全国で評判が良いプロバイダの取り組みを参考にして、セキュリティ対策の良し悪しにこだわって契約を結ぶことがポイントです。

また、プロバイダによっては、一定額のオプション料金を支払うことで、ベテランのセキュリティスペシャリストに相談ができたり、同じ担当者に継続してセキュリティ対策をお願いしたりすることもできます。そのため、まずは早いうちからそれぞれのプロバイダに在籍しているセキュリティスペシャリストのプロフィールにしっかりと目を通しておくことがポイントです。

もしも、セキュリティ対策に定評のあるプロバイダの選び方について悩んでいることがあれば、実際に法人向けインターネット回線を導入した企業のレビューをチェックしたり、お試し期間を利用して人気のプランに申し込んだりしてみると良いでしょう。

 

個々の法人客へのアフターフォローにも目を向けよう

法人向けインターネット回線を専門に扱っているプロバイダは全国に数多くあり、今や業種にかかわらず普及が進んでいます。そうした中、仕事上で発生した様々なネットワーク上のトラブルをすぐに解決する上で、個々の法人客へのアフターフォローが手厚いプロバイダを見つけることが何よりも大切です。

特に、パソコンがコンピュータウィルスに感染したり、外部の悪質なサイトにアクセスしてしまったりした場合には、素人が対処できないことがあるため、すぐに信頼できる担当者に相談をする必要があります。そこで、アフターフォローの内容を重視してプロバイダの候補を決めたい場合には、リピーターの数が多いプロバイダのホームページや資料に日頃から目を通しておくことが肝心です。

その他、実際にプロバイダを通じてパソコンのトラブルシューティングを行ったことがある人の体験談を読み通したり、プロバイダの担当者におすすめの契約プランを提案してもらったりするのも良いでしょう。

 

IT化が進む企業の中には、セキュリティ対策に力を注ぐために、法人向けインターネット回線の導入を決めるところが年々増加しています。特に、国内外で広く普及している最新のセキュリティソフトを良心的な料金で提供してくれるところや、セキュリティスペシャリストによる親切なサポートを行っているところは、多くの法人客から支持が集まっています。

また、セキュリティ対策の必要性については、それぞれの企業のビジネスの種類にもよりますが、顧客や従業員数の数などを参考にしながら検討することが大切です。なお、法人向けインターネット回線の利用価値については、素人にとって理解しづらいこともあるため、場合によっては顧客向けのサポートが手厚いプロバイダに直接相談をしてみると良いでしょう。

一般的に、万全なセキュリティ対策ができるプロバイダを利用する場合には、月々の契約料金が高額になる傾向があるため、落ち着いて契約を結ぶことが肝心です。その他、法人向けインターネット回線のセキュリティの良し悪しは、それぞれのプロバイダに在籍するエンジニアの経験や技術などに影響を受けます。

そこで、余裕を持って気になるプロバイダのウェブサイトなどを覗いて、安心して任せられるエンジニアがいるところを見極めることが重要です。

 

 

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧