法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線にオプションは付けられる?

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/03/23

個人向けインターネット回線にはオプションサービスの活用という魅力があります。セキュリティー機能に関するサービスはとても魅力的です。24時間365日インターネット回線に問題が生じたときに、復旧サービスを受けられるサービスはとても魅力的です。

法人向けインターネット回線サービスを活用するときは、どのようなオプションサービスがあるかを知るのも大切です。こうしたサービスを受けるには費用がかかりますが、そのサービスによってコストパフォーマンスはとても高まります。こうしたサービスは積極的に活用していくことが大切です。

接続台数と接続速度について考える

法人向けインターネット回線には個人向けと法人向けとがあります。法人向けインターネット回線には個人向けにはないメリットがあります。法人向けを選ぶときは、接続するパソコンの台数を考えます。パソコンの接続台数が10台以上であると、法人向けが有利です。固定電話であるひかり電話が3台以上ある場合も法人向けが有利です。

個人向けのインターネット回線でも、パソコンの接続台数が10台ぐらいまでは、通信速度を落とさずに快適に接続できます。小規模ビジネスであれば、個人向け回線でも十分です。しかしながら、パソコンを10台以上一つの回線に繋げると、通信速度が落ちることが多くなります。このため10台以上の接続パソコンがある場合は、法人向けを選ぶと良いです。

ひかり電話が3台以上あるときも、同時接続で安定的な通信をするためには、法人向けを選ぶと効果的です。法人向けインターネット回線には、複数のインターネット接続機器を接続しても、接続速度が落ちない魅力があります。

法人向けのサービスは上手く活用する必要があります。回線の使用法にオプションは魅力です。通常のインターネット接続では近くのユーザーと回線を共有するので、回線がとても混雑することもあります。法人向けのオプションサービスとして回線を専有できることがあります。回線を専有できると、一つの回線を専有することが可能となり、インターネット回線をいつでも快適に使用できます。

対応プロバイダの多さを考えます

法人向けインターネット回線を選ぶ際には、対応プロバイダの数を考えます。大手の通信会社ほぼすべてのプロバイダを選ぶことができます。通信速度を左右するのはプロバイダです。プロバイダのことも考えてから、通信会社の選択をおこなうのは大切です。

法人向けのサービスには24時間365日保守対応の有料サービスなどがあり、出張修理オプションサービスなどもあります、こうしたサービスを選択すると、万が一のトラブルでも安心できます、こうしたサービスの対応範囲は広いです。建物内の光ファイバーのトラブルなど、さまざまなトラブルに対応してくれます。パソコン、インターネット関連に関する知識があまりない場合には、オフィスまるごとサポートというサービスを利用すると良いです。

オプションサービスの中には、遠隔操作でトラブル解決ができるサービスなどもあります。インターネットビジネス安定化を考える上で、こうしたオプションサービスを積極的に活用するのはとても大切です。

便利なサービスによって、インターネット回線でトラブルが生じたときでもすぐに復旧することができます。安定したビジネスは信頼性を高められます。インターネット回線を活用するビジネスをおこなうときは、回線にトラブルが生じたときのことを事前に想定するのが大切です。

契約の前には必要種類を事前に準備をします

法人向けインターネットサービスの契約をするときは、個人向けにはない必要書類について知るのも大切です。個人向けだと本人確認書類だけで良いですが、法人向けサービスを活用するときは登記簿謄本が必要になります。個人開業主の場合は、開業届や青色申告書などのコピーも必要となるケースもあります。契約の前には必要な書類について事前に確認しておくのが大切です。

必要な書類を事前に準備してスムーズに手続きをするのは重要です。法人向けサービスを活用するときは税制のことを考えます。税制を考える上で大切なのが経費計上です。法人向け回線を利用するときは領収書を使用して経費計上をします。

クレジットカード決済では領収書の発行難しいケースもありますが、法人カードを使うと領収書がなくても問題はないです。法人人向け回線を利用するときは、税務申告や経費の取扱いなども想定します。法人向けサービスを便利に活用するには、必要書類を準備して税制のことも考える必要があります。

 

法人向けインターネット回線サービスには、個人向けにはないオプションメニューがあってとっても便利です。回線を専有することもできますし、保守点検サービスを24時間365日受けることもできます。クレジットカードで費用を支払うときでも、法人向けカードでおこなうことで経費計上も簡単にできます。

こうしたメリットがあるサービスは積極的に活用するのが大切です。個人向けにはないサービスが充実している法人向けサービスの活用するメリットはとても大きいです。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧