法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線にメールアドレスはついてる?気になるオプションの種類

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/12/10

インターネット回線は法人向けと家庭向けの2種類に分類できます。法人向けインターネット回線には通信の安定性や安全性が優れているという特徴があり、独自ドメインのメールアドレスなどのオプションもあるので、効率的にビジネスを展開することが可能です。事業規模や利用人数、自社サイトの運営などを考慮して最適なサービスを選ぶことが大切です。

法人向けインターネット回線の特徴とは

家庭向けインターネット回線は一般的に共有型と呼ばれる仕組みになっており、近隣の設備に収容された1本の回線を分岐して多数の利用者が共有します。一方で法人向けインターネット回線は、分岐せずに1本の回線を自社のみで利用する専有型と呼ばれる仕組みになります。

共有型と比較して専有型は通信の安定性や安全性が優れていますが、利用料金が割高です。家庭向けのインターネット回線は料金が安いというメリットがあるものの、他者の通信状況の影響を受けるうえ、領収書が発行されないため、口座引き落としの手続きや振込用紙を用意する必要があります。

通信回線は情報が流通する道路のような存在であり、プロバイダは各端末にIPアドレスを割り振って情報の出入りをコントロールしています。法人向けインターネット回線は固定のIPアドレスが割り振られるので、通信が安定しているだけでなくセキュリティも優れている点が大きな特徴です。

回線とプロバイダが一体となっているサービスを選べば、料金の支払い先が同一となり、経費の管理がしやすくなります。またサービスが安定しているためトラブルが発生した場合でも素早く対応してもらえます

。回線とプロバイダを別に契約した場合には、複数のプロバイダの中から最適なものを選ぶことができます。プロバイダによって料金に違いがあり、中にはキャッシュバックが行われているケースも存在します。費用を抑えたいのであれば、回線とプロバイダを別に契約するという方法も有効です。

法人向けインターネット回線のオプションとは

法人向けインターネット回線には独自ドメインのメールアドレスの提供等、さまざまなオプションがあります。高速モバイル回線やセキュリティ・ソフトの利用が可能となったり、公衆無線LANや訪問サポートサービスが利用できたりといったオプションも存在します。

プロバイダを変更する場合、契約や解約に関するもの以外にもさまざまな手続きが必要になることがあります。たとえば営業用のメールアドレスとしてフリーメールを使っている場合等、プロバイダを変更した後も引き続き同じアドレスを使うのであれば、特別な手続きは不要です。しかし旧プロバイダから取得したメールアドレスを使っていた場合には、解約後に新しいプロバイダからアドレスを取得する必要があります。その場合、取引先など関係者にメールアドレス変更の通知を行わなければなりません。

ただし、ケースによっては旧プロバイダから取得した独自ドメインのメールアドレスを新しいプロバイダでも利用できることがあります。独自ドメインのメールアドレスを維持したままプロバイダを変更する場合に、旧プロバイダを解約せずにメールアドレスだけ維持できるサービスも存在します。

このサービスを利用する場合は一定の月額料金を旧プロバイダに支払うことになりますが、メールアドレスを変更せずに済みます。独自ドメインのメールアドレスを引き続き使えるのであれば、取引先などへの通知を省略できるので便利です。従前のメールアドレスを引き続き利用したいのであれば、ドメインの引き継ぎが可能なプロバイダを選ぶとよいでしょう。

最適な法人向けインターネット回線を選ぶには

法人向けインターネット回線を導入するかどうかは、事業規模や利用人数などの状況を考慮して決める必要があります。事業規模によっては家庭向けインターネット回線でも足りる場合があるので、慎重に検討することが大切です。

法人向けインターネット回線を導入すると決めた場合、まず通信帯域の広さを考慮しなければなりません。帯域幅が広い回線であれば一度にやり取りを行うことができるデータ量が増えるので、広帯域であるほどスムーズな通信が可能です。一般的に実際の通信速度が100Mbps以上であればストレスを感じにくいとされますが、最近では家庭向けの回線でも最大速度1Gbpsが当然となっています。

回線を選ぶ際には通信の安定性も非常に重要なので、瞬間的な速度だけではなく安定して継続的に通信できるかどうかを確かめるようにしてください。ただしベストエフォート回線の速度実績を公開している会社はあまり多くないので、実際に利用した人の口コミなどを参考にするとよいでしょう。

法人向けインターネット回線を選ぶ際にはサポート体制の充実度も重要なポイントになります。インターネットを使っていて生じる回線関係のトラブルには素人が解決するのが難しいものがあるため、サポートが充実した会社を選べば安心です。どのようなトラブルでも気軽に問い合わせることができ、素早く対応してくれる会社を選ぶとよいでしょう。サポート体制の充実した会社を選べば、業務が滞ってビジネスチャンスを逃したり、顧客の信頼を失ってしまったりといった事態を防ぐことができます。

 

ビジネスに利用できるインターネット回線には法人向けと家庭向けの2種類があり、それぞれに異なるメリットが存在します。法人向けのサービスには通信回線とプロバイダが一体のものと別々のものがあります。

また法人向けインターネット回線のオプションには、独自ドメインのメールアドレスなどさまざまなものが存在します。規模や利用人数など状況に応じて最適なサービスを選ぶことで事業をスムーズに展開できます。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧