法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線のモバイルWi-Fiと有線回線の違いとは

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/05/13

法人向けインターネット回線を選ぶ際に、無線のモバイルWi-Fiと有線回線のどちらがいいのか迷ってしまうという方もいるでしょう。ここでは、無線回線と有線回線の違いや、それぞれのメリットやデメリットについて紹介します。

 

無線回線と有線回線は何が違うのか

 

インターネット回線は、モバイルWi-Fiなどと呼ばれる「無線回線」と、光回線やADSLなどの「有線回線」に大別することが可能です。

この無線回線と有線回線の根本的な違いは、文字通り無線か有線かの違いであり、インターネット回線が、利用者のところまで電波で来るかケーブルで来るかの違いだと言えるでしょう。ですので、無線回線と有線回線はその特性により「持ち運びができるかどうか」という点で大きな違いが出てきます。

無線回線の場合は、電波をキャッチするためのルーターと呼ばれる端末機器が必要になるのですが、このルーターを持ち歩くことで、どこにいてもインターネット回線への接続が可能になるのです。一方の有線回線は、当然のことながら、ある一定の場所に固定された回線なので、主に建物内での使用に限られると言えるでしょう。

そして無線回線と有線回線には、「回線工事が必要かどうか」という違いがあり、無線回線は工事の必要がありませんが、有線回線は基本的に工事が必要になります。無線回線の場合は、先ほど紹介したルーターさえあればインターネット回線に接続できるため、工事の必要がありません。

しかし有線回線では、回線を引くための工事が必要になり、特に光回線の場合は、光ファイバーケーブルを電柱から引いたり、室内等に設置するための工事が必要になるのです。ただし同じ有線回線でも、ADSLの場合は従来の電話回線を利用するため、電話共用タイプであれば室内等での工事は必要ありません。

 

無線回線のメリットとデメリット

 

モバイルWi-Fiなどと呼ばれる無線回線のメリットは、何と言っても「持ち運びができる」ということだと言えるでしょう。

中には、据え置きタイプの無線回線もありますが、多くの場合、持ち運びに便利なポケットサイズのルーターになっているため、電波が届く場所ならどこでも使うことができるのです。

そのため、会社の建物の中でも使えますし、外出先や出張先でも、場所を問わずインターネット回線に接続できます。そして無線回線は、「工事が不要」という点もメリットであり、ルーターさえ手元に届けばすぐに使うことが可能です。

契約後すぐに店頭でルーターを受け取ることができれば、その日のうちに使うことができますし、宅配の場合でも1週間程度でルーターが届くことが多いと言えるでしょう。

一方で、無線回線のデメリットとしては、「電波の状態によってインターネット接続が不安定になる場合がある」ということが挙げられます。無線回線は、携帯電話と同じで電波の受信状態が良い場所と悪い場所があるため、持ち運びができると言っても、場所によっては使えない場合があるのです。

そして無線回線のルーターはバッテリーを電源としているため、外出先で長時間使っていると、バッテリー切れになることがあるという点もデメリットだと言えるでしょう。

 

有線回線のメリットとデメリット

 

有線回線のメリットは、接続が安定しているということであり、無線回線のように電波の状態に左右されることがありません。

ですので、会社の建物内でインターネットを使う場合は、より接続が安定している有線回線が選ばれることが多いと言えるでしょう。

外出先でインターネットをする場合は無線回線が必要になりますが、建物内で行われる業務には、より接続が安定した有線回線を使った方が何かと安心です。そして有線回線は、特に光回線の場合、通信速度がとても速いため、より快適にインターネットができるというメリットがあります。

最近では無線回線も、かなり通信速度が速くなっていると言われていますが、やはり光回線が一番通信速度は速いと言えます。通信速度が速いと、大量のデータを送受信するのに便利なので、仕事の内容によっては業務効率をアップさせることにも繋がると言えるでしょう。

また、同じ有線回線でも、ADSLの場合は通信速度がかなり低速になるため、通信速度を重視する場合は向いていないと言えます。ただしADSLは、料金が安いため、費用を節約したい場合に向いていますし、過疎地域などの光回線が通っていない地域ではADSLしか選べない場合もあります。

有線回線のデメリットとしては、無線回線の場合とは逆に、使う場所が限定されていることや、工事が必要になることが挙げられるでしょう。しかし、会社の建物内で使うことを前提としている場合は、有線回線の方が、接続が安定していたり通信速度が速かったりとメリットが多いです。

 

無線回線と有線回線の根本的な違いは、回線が利用者のところまで電波で来るかケーブルで来るかの違いであり、そのことによって持ち運びが可能かどうかや、工事の有無といった違いが出てきます。

無線回線のメリットは、持ち運びができて工事が不要になることですが、電波の状態に左右されやすいなどのデメリットがあります。一方で有線回線のメリットは、接続が安定していて(光回線の場合は)通信速度が速いことですが、使う場所が限定されていることなどがデメリットです。

イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧