法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線のウイルス対策はされている?

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/10/25


法人向けインターネット回線を導入する目的として、固定IPアドレスの利用を可能としてセキュリティー対策を強化することがあります。こうした法人向け回線を活用すると、より安心してインターネットを活用できます。こうしたメリットはとても大きくて、多くの企業や官公庁がこうした回線を利用しています。

何を重視してプロバイダを選ぶかを考える

法人向けインターネット回線を契約すると、固定IPアドレスの設定が可能となります。こうした機能によって、社内の従業員間の連絡などがより便利になり、セキュリティーは高まります。

顧客や取引先とのやり取りも固定IPアドレスで安全におこなえます。こうした利便性の高さからも、法人向けインターネット回線サービスに対する注目度は高まっています。

固定IPアドレスの設定はリーズナブルな価格でおこなえて人気となっています。固定IPアドレスの活用をするには、関連することの知識が必要になります。契約前に担当者にアドバイスをもらうと良いです。

プロバイダを選ぶときは、アドバイス力を重視するのも大切です。法人向け回線を確保するうえで心配なのがウイルスです。プロバイダには各分野のセキュリティー対策の専門家がいます。こうした専門家にセキュリティーを任せられる利点は大きいです。

ビジネスを安全におこなうには、万全なセキュリティー対策をおこなう必要があります。セキュリティー対策をするときは、不正なプログラムのダウンロードなどに注意するのが大切です。

企業や官公庁では悪意のあるサイトの閲覧を拒否するのも大切です。こうしたセキュリティー上のさまざまな対策をしてくれるプロバイダを選ぶのは重要です。

法人向けインターネット回線では、ウイルスやスパイウェアなどに対する最新のセキュリティーソフトが導入されています。トラブルシューティングためにさまざまなサポートをしてくれるプロバイダも人気です。

そのメリットをいかに得るかを考える

法人向けインターネット回線を選ぶと、ウイルス対策は万全となります。こうした回線を選ぶときは、料金に注目することもあります。

回線導入後のランニングコストは、ほとんどかからないプロバイダなどは人気です。料金を判断するときは、セキュリティー力に注目する必要もありますが、通信速度の安定度や通信回線の混雑度などを考える必要もあります。総合的な視点を持ってプロバイダを選ぶのは大切です。

トラブル時における顧客へのサポート力を見るのも重要です。信頼できるプロバイダと契約することが、ビジネスに安定度やイノベーションをもたらします。

セキュリティー対策を考えるうえで大切なのが、プロバイダの対応力です。対応が迅速で丁寧ですと、さまざまな場面でとても安心できます。こうした対応などは口コミで確認てきます。事前の情報収集が信頼できるプロバイダとの契約に繋がります。

プロバイダの回線の特徴を知るのが大切

法人向けインターネット回線を活用するときは、時間帯ごとの通信の混み具合を考える必要があります。ウイルス対策だけではなく、どのぐらいの快適さでインターネット回線を使えるか知るのが大切です。

インターネット回線を使用する目的は、ウイルス対策だけでなく、通信回線をいかに快適に活用するかが重要です。法人向けインターネット回線、セキュリティー力もありますが、通信速度がより安定化している傾向があります。

インターネット回線を快適に活用するうえで大切なのが、クラウドです。クラウドを上手く活用しているプロバイダは人気があります。クラウドは常に最新のソフトウェアが活用されています。クラウドをいかに活用するかの視点で、プロバイダを見ることも大切です。

回線に関する詳しい説明は、プロバイダの担当者から受けるのが大切です。各プロバイダはいかに回線を安定的に提供するかを考えています。説明力のあるプロバイダは自社の回線のメリットを上手く説明してくれます。

IPアドレス固定がビジネスにもたらすメリットはとても大きいです。本店と支店などさまざまな拠点間でのインターネット通信を固定 IPアドレスでおこなうのは大切です。同じIPアドレス以外のアクセス制限をすると、セキュリティーレベルを上げることが可能となります。固定IPアドレスを活用すると、こうしたことが可能となり便利です。

 

インターネットの情報ネットワークの活用を考えるうえで、ウイルス対策はとても大切で重要な課題の一つとなっています。こうしたウイルス対策を確実におこなうには、セキュリティー対策を万全にする必要があります。

スパイウェアやボット対策、不正アクセス対策などするべきことはさまざまです。こうしたことに対応できるのが法人向けインターネット回線サービスです。こうしたサービスを活用すると、プロバイダの専属エンジニアが最新のセキュリティーソフトでセキュリティー対策をしてくれます。

法人向け回線は固定IPアドレスの使用が可能で、セキュリティーを大幅に高めることが可能となります。企業のセキュリティー対策は専門の会社に依頼するのも大切です。信頼できるプロバイダによってインターネットの安全が保たれます。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧