法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線を導入する前に知っておきたい注意点

公開日:2019/11/01  最終更新日:2020/03/23

法人向けインターネット回線の導入前にはさまざまな注意点があります。まず工事費用がいくらかかるかを知る必要もありますし、工事をするときにはインターネット回線に接続できなくなることもあります。法人向けインターネット回線では光回線が人気ですが、光回線はADSL回線よりも費用が高くなります。

便利なシステムを上手く活用する

法人向けインターネット回線の魅力として、固定のIPアドレスの取得があり、IPアドレスが変わると外部からの接続ができなくなります。そのためサーバーを活用してサービスを展開するビジネスは、固定IPアドレスを取得する必要があります。

ある程度の規模があるビジネスでは、本店と支店の間にローカルネットワークを作る必要もあります。こうしたネットワークを作るときも、固定IPアドレスが必要になります。法人向けインターネット回線を利用すると、領収書が発行されます。

契約をするときは料金の確認も必要ですし、オプションサービスや割引サービスに注目する必要もあります。プロバイダ会社によって提供するサービスは異なりますので、自分のビジネスに合うプロバイダを上手く見つけるのが大切です。

デジタル技術の世界は変化が激しいので、プロバイダを変えることはよくあります。プロバイダと契約するときは解約をするときに手数料がかからないかの確認が大切です。光回線はスピードがあり人気ですが、プロバイダのバックボーンが大きくないと、回線が混雑して使いにくくなります。プロバイダと契約するときはバックボーンを確認する必要があります。

どのように回線を活用していくかを考える

法人向けインターネット回線には、光回線やADSL回線や高速モバイル通信などがあります。光回線を活用するときは、引き込み工事に立会う必要もあります。開通までの時間が作れない場合は、高速モバイル通信が便利です。高速モバイル通信はケーブルを使用しない無線のインターネットです。モバイル通信は価格がお得で人気が高まっています。光回線はそのスピードが人気の理由ですが、対応エリアの確認が大切です。ビジネスによって選択する回線は異なります。

価格を重視するときはADSL回線を選ぶことがあります。高速モバイル通信は外でもインターネットに接続することを可能とします。ビジネスによって選ぶ回線は異なり、外回りが多いビジネスは高速モバイル通信が便利です。

法人向けインターネット回線を導入するときはコストパフォーマンスを意識する必要があります。場合によっては光回線とモバイル通信の両方を選ぶこともあります。回線の選択はコストパフォーマンスを考えてからおこなう必要があります。

インターネット回線の使用状況はビジネスによって大きく異なります。かなり活用する場合は、回線の量が重要になりプロバイダのバックポーンがより重要になります。

さまざまな確認を確実におこなうことを考える

法人向けインターネット回線の接続サービスエリアの確認をするのは大切ですし、電波が弱い場所があることも意識する必要があります。高速モバイル通信はとても便利ですが、電波が届かない場所もあります。

ADSL回線を選ぶときは、回線基地局からの距離に注意する必要があります。ADSL回線は回線基地局からの距離によって通信速度が変化します。ADSL回線は光回線よりは安いですが、こうしたことを意識してから選ぶ必要があります。回線基地局から近いと、ADSL回線はとてもコストパフォーマンスが高くなります

法人向けインターネット回線を上手く活用するには、大容量バックボーンがあり手厚いトラブルサポートをしているプロバイダを選ぶのも大切です。インターネット回線の世界ではどのようなトラブルが起こるか分からないことを意識する必要があり、トラブル時のサポートがどのようなものかを考えてプロバイダを上手く選ぶのが大切です。プロバイダを判断するときは総合的な視点を得る必要があります。

 

法人向けインターネット回線を選ぶときは接続速度を意識します。実効速度が第三者機関より証明されていると、より信頼することができます。対応エリアが広いこともプロバイダを選ぶ理由となりますし、さまざまなサービスが豊富であることも選ぶ理由となります。プロバイダのサービスはさまざまで、パフォーマンスが悪化した場合に料金を減額するプロバイダもあります。

インターネット回線を活用する際には、開通工事後のことも考えます。導入後の運用に関するきめ細かいサポートが受けられるプロバイダなどは人気です。インターネット回線には安定した品質が求められますし、丁寧なサポート体制も求められます。24時間365日の監視保守をおこなってくれるプロバイダがどうかの確認も大切です。

サイト内検索
記事一覧