法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けネット回線を導入するメリットについて考える

公開日:2019/09/15  最終更新日:2020/03/23

インターネットでビジネスをする場合もオフラインでビジネスをする場合でも、インターネットで宣伝をすることが重要になってきています。ある程度規模が大きくなってきた場合には、法人向けインターネット回線などを利用しなければならないでしょう。では、法人向けインターネット回線を利用するメリットとはどのようなものでしょうか。

固定IPアドレスを取得することが可能になる

まだ個人でおこなっている段階ではそれほど問題になりませんが、法人としてある程度規模が大きくなってくると固定IPアドレスが必要になってくることもあります。そもそもIPアドレスとはインターネット上の住所のようなものです。固定IPアドレスがわかれば住所までは特定できないもののある程度住んでいる地域ぐらいは特定することが可能です。

個人でインターネットを使う場合、このIPアドレス自体は固定のものではありません。頻繁に変更しているのが特徴になります。なぜかといえば、プロバイダ側が所有しているIPアドレスには数に限りがあるからです。そのため、あいているIPアドレスをたまたま利用しなければならない場合もあります。

このように考えると、特定のものではなく頻繁にIPアドレスが変更していることに気がつくはずです。普通に使うにはこのように頻繁に変更したとしても何ら問題はりませんが、実は法人で使う場合問題が出てくることがあります。なぜかといえば、例えばホームページなどを構築する場合特定のIPアドレスでなければ入れないように設定していることがあるからです。

なぜわざわざこのようなことをするかといえば、知らない人がホームページをのっとってしまい勝手に好き放題荒らされるのを防ぐことができるからです。つまり、会社側が指定した固定IPアドレスでなければ自分の会社のホームページをいじることができないわけです。

法人向けインターネット回線の場合には、固定IPアドレスを何種類か利用しており毎回同じIPアドレスになりますのでホームページの中に開いてページを更新することなども容易になります。

混雑を受けにくいプランも利用することができる

法人向けインターネット回線の中には、混雑を避ける機能が付いているものもあります。インターネットは、昔に比べでは随分と接続が速くなったものの、混んでいる時間の場合には接続が遅い場合も考えられます。このようなとき、十分に時間が空いていればよいですがそうではなく忙しいときなどはこのわずか数10秒の時間が命取りになってしまいます。

人間は、時間に対する考え方や感覚は何をしているかによって随分と異なるものです。採用していれば短く感じる5分からでも、インターネットの接続を待っている5分間は非常に長く感じるでしょう。そして何よりも、ただ椅子に座って接続を持っているだけでは時間のムダです。特に、これからの社会には1秒の時間を大切にする人が重宝されると言えます。

そして法人向けインターネット回線を利用する場合には、このような問題点が起こりえません。なぜかといえば、混雑をすることを防止することができるからです。このように混雑を避けることができれば、仕事をする場合などでも瞬時におこなうことができるだけでなく 1日の仕事の時間を大幅に短縮させることが可能になります。

もし、会社全体にそのような動きが広まれば、今まで残業していた会社も残業せずに売り上げを伸ばすことができるかもしれません。特に、最近はパソコンを使う仕事が増えてきていますので、時間短縮という意味で法人向けインターネット回線は非常に魅力的なことがよく理解できます。

クラウド型を選ぶことのメリットはどのようなものか

法人向けインターネットサービスの中でも、クラウド型を導入する場合にはたくさんの魅力があることが理解できます。クラウド型とは、商品を購入するというよりも、インターネットサービスを借りるようなイメージです。このサービスを借りることにより、経費も安くすることが可能になります。

また、クラウド型の場合でも十分な補助機能が付いておりわからないことがあれば法人向けインターネットサービスを提供してくれた会社に問い合わせることで明確な答えを得ることができるでしょう。今までならば、自分たちで調べていったものが人に聞くことができることで、大きなメリットがあることがわかります。

ただ、借りる場合には自分好みのスタイルにすることができない可能性もあります。例えば、セキュリティーなどの対策が十分でないのに自分で新たに入れてしまうことができない可能性が高いです。もし万全のセキュリティーを入れる場合には、クラウド型以外のものを利用するか、あるいはクラウド型の中でも特にセキュリティーを重視している会社を選ぶのが一番になります。

 

もしこれから法人向けインターネットサービスを導入する場合には、固定IPアドレスを利用することができます。これを利用することで、今までホームページなどに入ろうとして入ることができなかった問題を解決することができるでしょう。

またそれだけでなく、セキュリティーも十分に整っている可能性も高いです。IPアドレスさえ固定してしまえば、それ以外のアドレスの人を入れないようにすることで安全性を確保することができるでしょう。

イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧