法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線は混雑の影響を受けにくい?

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/03/25

インターネット回線が快適に使えるようにするのは業務を滞りなく進められる環境を整えるうえで重要なポイントです。しかし、個人向けインターネット回線をしようしていると回線が混雑して速度が低下してしまうことがあります。

法人向けインターネット回線を利用すると回線速度に関するトラブルは起こらないのでしょうか。

混雑による回線速度の低下が起こるのはなぜか

インターネット回線の混雑によって回線速度が低下してしまう理由をまずは確認しておきましょう。インターネット回線には単位時間あたりに届けられる情報量の上限があります。たくさんの情報通信が同時におこなわれてしまうと、回線に一気に情報が入ってきて処理しきれなくなるのです。

結果として入ってきた情報を少しずつ送り届けていくしかなくなり、速度が低下することになってしまいます。このような現象が起こるのは法人向けインターネット回線でも個人向けインターネット回線でも同じです。しかし、法人向けインターネット回線を選ぶと混雑を緩和できる可能性があります。

対策として使うなら専有型を選ぼう

インターネット回線の契約には専有型と共有型の二つがあります。個人向けインターネット回線は共有型になっているのに対し、法人向けインターネット回線の場合にはどちらかを選ぶことが可能です。

共有型の回線を使用しているときには、その回線を使って情報のやり取りをするのは自分だけではありません。その周辺で共有型の回線で契約している人たちも同じ回線を使って通信をしています。そのため、近くにいる人が大量の動画をダウンロードしたり、オンラインゲームを楽しんだりしていると回線がパンクしてしまって通信速度が低下することは否めません。

一方、専有型の場合にはインターネット回線を自分だけで利用することができます。法人として利用している建物や部屋などで使用する回線を専有するという形になるのが基本で、他の法人や個人が周囲でどれだけインターネットを使って通信していたとしても影響を受けることはありません。

ただし、社内でたくさんの情報のやり取りをしていればそれだけ回線に負荷がかかってしまい、通信速度は低下することになります。どのくらいの通信量までなら保証できるかは業者によって異なるため、十分に比較検討して選ぶようにしましょう。あらかじめ社内でのインターネットの使用量がどのくらいあるかを見積もっておくとスムーズに決められます。

法人向けインターネット回線の場合でも共有型を選べる業者がありますが、この場合にも個人向けインターネット回線と同様に周囲の人たちと回線を共有することになります。混雑緩和の目的では特に役に立つことはないので、専有型を選ぶことが大切です。

あわせて気を付けておきたいポイントとは

高速な通信をいつでもできるようにしておかなければならない現場もあるでしょう。多くの社員が同時に大量の通信をしていると専有型にしていても速度低下が見られるようになってしまうことは否めません。

ただ、通信量がわかっていれば、それに応じた回線を導入すれば問題は解決できます。業者とよく相談してどんな形で回線を導入したら良いかを決めるようにするのが重要です。

それとあわせて気を付けておきたいのが品質保証制度がどのように整えられているかです。法人向けインターネット回線の場合には品質保証をしている業者が多く、提供しているサービスが一定の水準に満たない状況が生まれたときに保証を受けられます。

その中に通信速度の項目がある業者と契約すれば、業者側の問題で速度低下が起こってしまうリスクを低減させられるでしょう。回線が正常なら混雑しても速度低下が起こらないで済むように導入したとしても、回線が不調になったことで速度低下が見られることはあります。それが業務に支障を来したなら相応の保証を受けたいと思うのはもっともなことです。

このような品質保証制度がある業者を選んでおけばいざというときに役に立つでしょう。

 

インターネットを日常業務で利用している現場は多く、やり取りするデータのサイズも着実に大きくなってきています。回線が混雑してしまって速度低下が生じると業務に支障を来してしまうリスクがありますが、よくある原因は回線を多くの人が共有していることです。個人向けインターネット回線のように共有型の契約の場合には周囲の人がたくさんデータ通信をおこなうだけで速度が低下してしまいます。

しかし、法人向けインターネット回線なら専有型を選ぶことができ、周囲の影響を受けずにインターネットを利用することが可能です。社内でどの程度の通信量が必要かを考えて回線を導入すれば快適な状況を保つことができるでしょう。周囲からの影響以外にも業者側のトラブルで速度が低下することもありますが、品質保証制度が整っていれば保証を受けられます。業者を選ぶときには重要なポイントとして検討しておきましょう。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧