法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

インターネット回線の業者を乗り換える際の注意点とは?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2020/03/23

法人向けインターネット回線の業者を乗り換えるときには、いくつかの注意点があります。どんなことに気をつければいいのか調べてみましょう。やり方を間違えてしまうと、後々、トラブルになったり損をしたりすることもあります。

各業者のホームページをチェックしてみよう

法人向けインターネット回線を乗り換える会社が増えてきています。一昔前に比べるとこの手の業者の数はかなり増えてきているので、少しでも魅力的な業者に変えたほうが仕事としてもやりやすくなることでしょう。

法人で利用するとなると費用の問題も常々挙がってきています。少しでも費用を安く抑えるためには料金表を比較することが大事です。まず、各業者のホームページを見てみましょう。有名な大手の業者もありますが、知名度がなくても人気の業者はあります。いろいろな業者の特徴を調べることが大事です。

注意点としては何を重視して選ぶかという点です。料金の安さで選ぶのか、サービス内容の充実さで選ぶのか、これは会社によって異なります。とにかくコスト削減を重視している会社なら、当然、料金の安い業者を選んだほうが安心です。ホームページではざっくりとした料金提示となっている場合には、見積もりを取って比較するのもいいかもしれません。

それから、この手の業者ではお試し期間を設けているところもあります。インターネット回線速度を実際に体験してみるといったこともできるので、お試し期間があればそれを利用しない手はありません。使い勝手の良さなども確認してみましょう。

また、インターネット回線だけではなく、電話回線なども合わせて乗り換えられることがあります。同時にすべて乗り換えてしまったほうが料金がお得になることもあるので、この点も念頭に置いたうえで選んだほうがいいかもしれません。

それから、工事費用なども発生することがあるので、その点も考慮して選びましょう。口コミも参考にすることをおすすめします。

サービスの違いを比較してみよう

法人向けインターネット回線の乗り換えを検討するにあたって大事な点は、サービスの違いを比較することです。最近はどこの業者でも似たような料金設定をしていることがあります。料金だけの比較では一つに絞り込めないこともあるのです。

次に比較すべきところというと、サービス内容が挙げられることでしょう。少しでもサービス内容が充実している業者を選んだほうがお得です。どんなサービスを設けているのか、各業者のサービス内容を一覧にしたサイトなどもあるので参考にしてみるのもいいかもしれません。

例えば、乗り換え手数料が無料だったり、初月から数ヵ月間はお試し料金で利用できたりといったところもあるはずです。このように、サービス内容の良さから業者を選ぶというのもいいかもしれません。

もちろん中には悪質業者が含まれていることもあります。それを見極める方法としては口コミ情報を参考にすることが一番です。実際に利用している人たちの体験談や意見も参考にしてみましょう。いくら料金が安く、サービス内容が充実していても、使い勝手の悪い業者は困ります。

インターネットをスムーズに使えるような業者を選ぶことがポイントです。インターネット回線速度が遅いといった苦情のある業者は避けたほうが無難です。そんな点も踏まえたうえで、じっくりと比較してみましょう。

各業者のメリットやデメリットを確認しよう

法人向けインターネット回線の乗り換えをおこなうのなら、少し時間をかけて各業者のことを調べたほうが無難です。というのも、法人で利用するものなので、選び方を間違えてしまうと大損をしたり、後々、トラブルが生じたりすると大変になってしまうからです。その点も踏まえて内容を精査することをおすすめします。

各業者を比較する際、通常、メリットばかりを比較してしまうものです。しかし、それでは悪いところがないがしろになってしまいます。メリットだけではなく、デメリットについても調べて比較しましょう。

例えば、料金が他社よりも安いという魅力的なメリットを感じられる業者もあります。しかし、その業者にはお得なサービスが全くないのです。このような場合、多少は料金が高くてもサービス内容が充実している業者を選んだほうがお得に感じられることがあります。

トータル的に見てどの業者がお得なのか、安心して利用できるのかといった点を重視して選ぶといいでしょう。このような点に気をつけながら、一つ一つ業者を比較して見ていけば選び方に失敗することもありません。

 

法人向けインターネット回線の乗り換えをする際、注意点としては大きく設けると三つ挙げられます。まず、各業者のホームページを隅々までチェックしてみましょう。そうすると、それぞれの特徴が分かります。

また、サービスの違いを比較することも大事です。料金的に大差ないのなら、少しでもサービスが充実している業者を選んだほうがお得だからです。そして、各業者のメリットやデメリットについても比較してみましょう。トータル的に魅力的な点が多い業者に乗り換えることをおすすめします。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧