法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線の申し込みには何が必要?

公開日:2020/06/01  最終更新日:2020/09/16

法人向けインターネット回線を導入すれば複数の固定IPアドレスを取得できるなど、さまざまなメリットがあります。今回は法人向けインターネット回線の申し込みには何が必要か紹介しますので、導入する際の参考にしてみて下さい。

法人向けのそれぞれの特徴を理解しよう

インターネットを利用するためには、回線とプロバイダの二つが必要であることを知っていますか。法人向けインターネット回線の申し込みをする際には、インターネットを接続する方法を知っておくことが大切です。まず光回線を利用するためには、回線とプロバイダの両方の契約をする必要があります。

なぜこの二つを契約しなければならないかというと、働きがそれぞれ異なるからです。回線はインターネットの情報を伝えるために必要なものです。一方、プロバイダはインターネットをおこなう際の入り口のようなもので、IPアドレスを管理しているという特徴があります。

他にも法人向けインターネット回線の申し込みをするのであれば、帯域優先についても簡単に説明します。帯域優先とは他の利用者より優先的にインターネットを使えることで、利用者がたくさんいるときに効果を発揮します。インターネットは道路のようなものなので、利用者が多ければ多いほど混雑してしまいますが、この帯域優先があれば、他の利用者より優先的に利用することができます。(このサイトで紹介したサービスにはこの制御はそういった制御は行っていません)

しかし光回線であれば利用者が多くても通信速度が遅くなるというようなことは滅多にありません。容量が多いデータを取り扱っている企業にのみ有効であるといえます。プロバイダが提供しているIPアドレスは、インターネットの住所のようなものです。IPアドレスには固定と動的の二種類があり、固定の場合は接続や切断をしてもIPアドレスが変わることがありませんが、動的の場合は、接続したり切断したりするたびにIPアドレスが変わります。

法人向けネット回線会社の特徴を知ろう

法人向けインターネット回線の申し込みをする前に、法人向けネット回線会社の特徴を知ることも大切です。法人向けネット回線会社の特徴を知ることによって、自分の会社に合ったところを選ぶことができるからです。例えばおすすめの法人向けネット回線会社の中には、クオリティーの高い専有型の回線をリーズナブルに利用できるというところがあります。

料金は安いのに、ビジネスで利用する場合にも耐えられるようなシステムになっているのでおすすめです。このサービスでは、回線とプロバイダがセットになっているので、別々に契約する必要がなく、申し込みの手間を省くことができます。他にもおすすめの法人向けネット回線会社に、エリアカバー率が高く料金もそんなに高くない回線会社があります。

この法人向けインターネット回線も専有型の回線となっており、日本中のどこにいても利用できます。法人向けインターネット回線のほとんどは回線とプロバイダが一体になっているものが多いですが、このサービスでは別々になっているので、別途プロバイダの手続きが必要になります。

少々高額でエリアも限られていますが、電力系のネットワークを構築しているおすすめの法人向けネット回線会社があります。この回線も専有型の構成になっているので、速度が速く安定しているという特徴を持っています。他にもサービス品質保証が付いているので、最低限の品質が守られているというメリットがあります。

基本的な申し込みの手続き方法は個人向けと同じ

法人向けのインターネット回線と聞くと、申し込みの際に何か複雑な手続きをしなければならないのかと考えてしまいがちですが、基本的に手続き方法は個人向けと同じです。新規にプロバイダを申し込んで回線工事をおこない、利用できるようになったら今まで使っていたプロバイダを解約するということが、大まかな流れです。

申し込む際の方法はプロバイダごとにそれぞれ異なりますが、ほとんどの業者はネットや電話、FAXや郵便などから申し込めるようになっています。サービス内容を確認しながら契約したいのであれば、直接話ができる電話が便利ですが、最近ではウェブチャット機能を利用してテキストによって質疑応答ができるサービスもあるので、それを利用してみるのもいいでしょう。

申し込みをすると、法人会員証とともに契約関係書類が送られてくるのでそれらをチェックします。プロバイダの契約を進めながらしなければならないことは、回線工事の日程を決めることです。日程調整をしながら書類の記入をおこないます。工事の日には立ち会いが必要ですが、雑居ビルなどの場合は、不要になるケースもあります。

 

法人向けインターネット回線の申し込みには何が必要か理解することができたでしょうか。法人向けインターネット回線は複数の固定IPアドレスを取得できる以外にも、豊富なセキュリティサービスを持っていたり、混雑の影響を受けにくいプランがあったりするので、ビジネスを円滑に進めるのになくてはならないものであるといえます。申し込み方法は個人向けとあまり変わりがないので、法人向けの回線をはじめて利用する方でもスムーズに進めることができます。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧