法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線の費用と相場について

公開日:2019/03/15  最終更新日:2021/07/26

法人向けインターネット回線を効率的に利用することで、法人の効率的な事業活動に役立てることができます。

顧客からの多くのアクセスに一度に対応できるように高速で使用できる環境の回線も多いですが、その反面、費用も契約する会社によって大きく異なっている場合もあります。

ここではそうした法人向けインターネット回線の相場について紹介します。

 

インターネットを使用するためにかかる初期費用

法人向けインターネット回線も、通常の家庭用の回線と同じように月額ごとの使用料を支払って契約するのが一般的です。

毎月の使用料のほかに、各種の費用が必要になる場合もあります。

多くのプロバイダとの契約で必要となる場合が多いのが初期費用です。

これはインターネットを使用できるようにするための初期投資にかかる料金で、これとは別に工事費が必要になる場合もあります。

契約する会社によってはこれらの工事費が初期費用の中に含まれている場合もあります。

一般的にこれらの費用の相場は、毎月の使用料の数倍程度のものが多いです。

比較的、低価格で利用できる法人向けインターネット回線の場合には、初期費と工事費を合わせて20万円程度の予算で抑えることができる経済的なプランもあります。

その一方で初期費用が無料でサービスを利用できる会社もありますが、こうしたサービスの利用方法も契約する会社によって異なっています。

こうした初期費用の支払いは高額のために、多くの会社では、契約する企業が分割して支払うことができるようになっています。

そのために、初めの数年間は、毎月の使用料と一緒に初期費用を分割して支払うことになります。

分割される初期費の額は、各月ごとに通常の料金に加えて数千円から1万円程度の料金が加算できるのですが、初期費用が無料となるプロバイダの場合には、この料金の分を毎月の支払額から値引きしている場合もあります。

 

毎月ごとに支払いが必要となる通信費

法人向けインターネット回線を利用するための、月ごとの通信費も契約するプロバイダによって大きく異なっています。

法人向けのサービスでは特に、回線速度が重視されていますが、1秒あたりギガ単位の情報量を通信できるような超高速インターネット回線が、法人向けのサービスでは人気があります。

また、法人向けインターネット回線の場合には、セキュリティもサービスの重要な要素を占めていて、24時間安全にインターネットを使用できる環境が整えられています。

こうした超高速で安全に使用できる環境の契約の場合には、通常よりも相場が高めになっているのが特徴で、低額のものでも毎月2万円程度の費用がかかります。

高速の法人向けインターネット回線の場合には、通信費もプロバイダによって大きく異なっているのですが、多くの会社では3万円から10万円程度の価格帯の中でサービスが利用できます。

それよりも安い費用で法人がインターネットを使用したい場合には、より低速の通信速度で利用できる回線を契約する方法もあります。

1秒あたりの情報量が100キロビット程度の通信速度の契約ならば、あたり2千円以下の通信料で使用できる低額のインターネット回線もあります。

こうした低速の回線の契約は、一ヶ月あたり5,000円以下の料金が平均的な相場となっています。

目的にあわせて選ぶことで通信費を節約することが可能です。

 

固定IPアドレスの利用費の相場

法人向けインターネット回線の場合、通信費のほかに必要となるのが、固定IPアドレスの利用費です。

事業を行ううえで固定したIPアドレスを利用することは不可欠になるので、事業の内容や規模によっては複数の固定IPアドレスを利用する必要がある場合もあります。

こうした利用料も契約するプロバイダによって異なっているのですが、多くの会社で採用されているシステムが、新しい固定アドレス一つごとに料金が加算されるシステムです。

低速の回線のほうが、アドレスの利用料も低いのが特徴で、数千円の料金で利用できるような低額の契約の場合には、アドレスも千円以下から3千円程度の料金で利用できる会社も多いです。

また会社によっては、複数の固定アドレスをまとめて使用できる法人向けインターネット回線もあります。

10個程度のアドレスを利用できる場合でも、1万円以下の料金で利用できるサービスを行う会社もあり、できるだけ費用をかけずにインターネットを利用したいと考える企業にも人気です。

利用できる固定IPアドレスの数が多くなればなるほど、利用料も高額になりますが、15個以上のアドレスを使用できるサービスでも、1万円以下の料金で利用できる会社もあります。

高速の回線でなおかつ複数のアドレスを利用できる契約でも、会社によっては通信費と合わせて5万円以下の料金で利用できる場合もあります。

 

法人向けインターネット回線を選ぶときのポイントは、通信速度と使用できる固定IPアドレスの数です。

法人の行っている事業の内容や規模に合わせて、最適な契約を選ぶことで、経済的にインターネットを使用することができます。

 

おすすめ法人向けインターネット回線一覧

イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧