法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線は職種によって向き不向きがある?

公開日:2019/11/01  最終更新日:2020/03/23

ビジネスをおこなうのなら、家庭向けではなく、法人向けインターネット回線を利用したほうがよいと感じるかもしれません。確かに、予算がたくさんあるのならば、ビジネス専門の回線と契約したほうがよいでしょう。しかし、職種によって向き不向きもあるため、必ずしも、法人向けインターネット回線と契約しなければいけないわけではありません。

重いデータを取り扱うところには向いている

映像業界やデザイン業界などの職種は、メールのような軽いデータだけではなく、イラストや動画などのとても重いデータを取り扱っているケースもあるはずです。そのような場合は法人向けインターネット回線を利用したほうが、さまざまなメリットを感じられるでしょう。それは、法人向けインターネット回線は、スピードが安定しているので、データを送り(受け取り)やすくなっているからです。

もしかすると、家庭向けもほとんど同じスピードだと考えるかもしれませんが、安定性がまったく異なること知っておきましょう。家庭向けのインターネット回線の利用経験があるなら、時間帯によって、速度が急激に落ちてしまう経験をした方もいるはずです。それは、たくさんの方がインターネット回線を利用したことで起こる現象なので、仕方がないといえます。

しかし、スピードの保証をしている法人向けインターネット回線の契約をすれば、利用者が多くなったとしてもスピードが落ちることはありません。重いデータを取り扱う職種では、データを送るスピードも、効率に直結するので、いつでも同じスピードを保ち続けてくれるのは、かなりありがたいメリットでしょう。

ちなみに、たくさんの人が生活している都会に住んでいる場合は、スピードの低下が起きやすいといえます。そのため、それほど大きなデータを使っていなくても、遅さが気になるというのなら、法人向けインターネット回線の契約をしたほうがよいでしょう。

小規模のオフィスには向いていない

重いデータを取り扱う職種以外で、小規模で運営しているのなら、法人向けインターネット回線はあまり向いているとはいえません。それは、法人向けインターネット回線のサービスを十分に活かしきれない場合が多いからです。それなりの金額を払ったのに、まったく機能を活かし切れていないのなら、無駄な費用だといえるでしょう。そのため、小規模のオフィスならば、まずは法人向けサービスの概要を調べてみて、オーバースペックではないか検討してみることをおすすめします。

もちろん、必要な機能がたくさんあると感じるのなら、小規模オフィスだったとしても、法人向けインターネット回線と契約したほうがよいです。もしも、利点がまったくないと感じたのなら、法人向けではなく、家庭向けと契約することを考えましょう。

家庭向けはビジネスに利用できないと思っているかもしれませんが、小規模オフィスなら問題ない場合が多いです。とくに、メールのやり取りが中心なら、通信スピードもそれほど必要ないので、家庭向けと契約しても満足できるでしょう。

法人用と家庭用の違いを調べてみよう

世の中にはたくさんの職種があるので、それら一つひとつを説明するのは無理な話です。そのため、もしも法人向けと家庭向けのインターネット回線で迷っているのなら、まずはそれぞれの特徴をしっかりと調べてみましょう。インターネット回線業者なら、法人向けでも家庭向けでも、公式サイトを必ず開設しているので、サービス概要を調べるのは難しくありません。もちろん、資料請求ができるところも多いため、より詳しい情報が欲しいのならもらうことを考えましょう。

ちなみに、回線の品質はインターネット回線業者によってさまざまなので、別途調べておいたほうがよいです。いくら素晴らしいサービスが宣伝されていたとしても回線品質が悪ければ、十分に実力を発揮できません。

回線の品質はどこの公式サイトを読んでも、よいとしか記載されていないため、インターネットで実際の利用者の声を集めたほうが確実です。ついでに、サービスの使い勝手のよさも調べておけば、よりよいインターネット回線を選定できるようになるでしょう。

 

法人向けインターネット回線を利用する向き不向きは、職種によって異なりますが、ビジネスの規模によっても異なります。そのため、職種だけではなく、現在おこなっている(もしくはこれからおこなう)ビジネスの内容によって、法人向けと家庭向けのどちらがベストなのかきちんと考えるようにしましょう。

なお、どちらにするか決定したのなら、問い合わせて、さっそく導入の相談をすることをおすすめします。そのときに、現在の状況を説明すれば、ベストな導入方法を教えてくれるので、ビジネスで活躍してくれるインターネット回線を用意できます。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧