法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

自宅が事務所の場合に法人向けインターネット回線の利用はできる?

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/10/14

法人向けインターネット回線は価格が安く、節税効果もあるなど、多くのメリットがあります。ぜひとも会社経営者ならば導入しておくことをおすすめします。しかし、こうした法人向けのお得なネット通信回線は、自宅が事務所でも導入可能なのでしょうか。法人向けインターネット回線のメリットや、自宅での導入の可否について知っておきましょう。

法人向けインターネット回線について

法人向けインターネット回線は実に魅力が多いものです。法人向けインターネット回線は価格も安いですし、回線速度も早いのがメリットです。通常のインターネット回線に比べると数倍早い回線速度を実現することも可能なので、高速通信を利用したいといった場合にもお得です。そんな法人向けインターネット回線は、自宅が事務所であっても導入可能です。

基本的に契約主がビジネスとして使用するのであればよいわけですから、自宅が事務所であろうと契約は可能です。また、自宅が事務所だからといって料金的に高くなることもありません。だからこそ安心して利用できるのが法人向けインターネット回線です。

しかし、法人向けインターネット回線は、エリアによっては通信速度が落ちることもあります。やはりインターネット回線は都心部や都会部の方がより通信網も整っていますから、郊外の自宅を事務所にしていると高速回線が期待できないリスクもありますので、注意しておいてください。

回線契約時には、法人であることを証明する必要性があります。そのためにも、契約する場合はあらかじめ営業許可証等を用意しておいてください。法人向けインターネット回線は安いことから個人が悪用することもあるので、しっかりと書類提出等も求められてきます。詳細な取り決めもありますので、利用するエリアや内容についてよく確認し、担当者とじっくり相談をしてから契約をすることが大切です。

法人向けインターネット回線を契約する際には

実際に自宅が事務所の場合に、法人向けインターネット回線を契約する際の流れについても見ていきましょう。まず、法人向けネット回線業者に電話して、事務所である自宅が対応地域かどうか確認することから初めてください。法人向けネット回線業者は対応地域が限られている業者さんも珍しいことではありません。

また、法人向けネット回線はそれなりの通信インフラも求められてきますから、遠隔地等に住んでいる場合には契約できない可能性もあります。そんな場合には衛星回線等を用いれば大容量通信が可能になるケースもあります。契約内容はケースバイケースのため、契約する法人により利用料金が変わることが多いので、料金については公表していないことが多いです。

基本的には推定利用通信量などで費用が決められるので、小規模事務所であればより安く法人向けネット回線業者も利用していけるはずでしょう。事前に問い合わせして、料金等についてもしっかりと納得した上で契約するようにしましょう。場合によっては工事が必要になることもあります。

工事費の負担の有無などもあわせて確認しておくことが大切です。法人向けネット回線を契約する際には、通常のインターネット回線業者も検討してみてください。必ずしも法人だからといって法人専用のインターネット回線業者を利用しないといけない決まりはありません。時には通常のインターネット回線業者の方が安い料金で利用できることもあるので、じっくりといろいろな業者さんを比較検討しておくことをおすすめします。

法人向けインターネット回線はメリットが多い

法人向けインターネット回線のメリットは安い以外にもたくさんあります。事務所に取り入れれば高速通信ができるので、テレビ会議等を頻繁に行うといった場合にはうってつけです。通常のインターネット回線では低解像度でしかテレビ会議できないといった悩みもあるかと思いますが、高速通信の法人向けネット回線業者であれば実に快適にテレビ会議ができるようになります。

最近のテレワーク普及においても、利便性の高いものであるといえます。税的な優遇も得られるのもメリットの1つです。経費とすることで税控除効果もあります。導入費用もあまりかからないため、低コストで安定した通信環境が整います。

また、災害にも強いのが法人向けサービスの利点です。インフラも強固なので災害の際にも問題なく接続できます。コンティンジェンシー対策が重視されている昨今だからこそ、こうした法人向けネット回線業者の利用がますます求められてきます。

この他にも、法人向けサービスを利用すれば、メールアドレスなども大量に取得できるといった利点もありますし、パソコン修理サービスなどが付いてくるといった便利な業者もあります。法人向けということもあり、付属サービスが豊富ですから、こうしたオプションやサービスから回線業者を選ぶのも1つの手かもしれません。

いずれにしても、まずは資料請求や問い合わせをして、情報収集してみることをおすすめします。激安をうたうところから、多くのサービスを付加しているところまで、豊富な種類の法人向けネット回線業者がありますから、ご自身の会社や自宅の条件に合った業者を探してください。

 

法人向けネット回線業者を用いれば高速通信もできますし、付加価値も多くあります。契約者が法人であれば、自宅が事務所であっても利用できるので安心です。ご自身の事業や、自宅の条件に合った回線業者を選んで、快適な通信環境を整えましょう。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧