法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線の契約でVPNサービスも充実

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/06/05

法人向けインターネット回線を活用する利点として、VPN接続が可能なことがあります。この接続法は専用線を活用するよりも低コストで利用できます。専用線を活用するときの構築費用や維持費用がかからないのが、この接続法の大きな利点です。

VPNは暗号化を可能とし、安全な接続を実現します。本社と支社の間の通信を安全におこなえるメリットはとても大きいです。こうしたメリットを活かせる法人向けインターネット回線の活用はとても便利です。

セキュリティーを高めるメリットを考える

VPN接続ではインターネット上に仮想の専用線を設定します。こうすることで、特定の人のみが利用できる専用ネットワークが作られます。ビジネスとして使用する場合は、接続先の支社に専用のルーターを設置します。このルーターによって相互通信がおこなえます。

この接続法ではトンネリングの技術を活用します。トンネリングとはデータの送信者と受信者と間に仮想的なトンネルをおこなう通信のことです。データは暗号化されますので、インターネットで安全にデータをやり取りすることができます。送信者と受信者同士がお互いに正しいかどうかの確認もされます。VPN接続をおこなうと、インターネット通信の安全性が大幅に高まります。

法人向けインターネット回線にはVPN接続の他にもメリットがあります。固定IPアドレスを複数取得できるのは、大きなメリットです。固定IPを使うと、セキュリティーは高まります。固定IPを使うとインターネット通信をするときには、特定のIPアドレス以外のアクセスは拒否できます。インターネット回線を活用するときは、セキュリティーをいかに高めるかを考える必要があります。法人向けインターネット回線のセキュリティーはとても高いものがあります。

どのような通信をおこなうかを想定するのが大切です

VPN接続では多様な通信をおこなうことがでます。ビジネスで使用するときは、本社と支社の通信だけではなく、支社同士の通信もおこないます。こうした通信もこの接続法で可能です。支社と支社の距離は気にする必要はないです。距離が遠くなっても、コストが高くなることはないです。

全国規模にビジネスをおこなっている企業は、支社と支社の間でインターネット通信をおこなうことが多いです。こうした通信をセキュリティーを高めて安全におこなえるメリットは大きいです。トンネル技術はインターネット通信の安全性を高めます。こうした情報の暗号化によって、離れた場所からも社内のサーバーシステム安全にアクセスできます。

働き方改革に伴い、リモートワークなどは推奨されています。この接続法であれば、さまざまな場所から安全に社内ネットワークに接続できてとても便利です。安全にスピーディーに社内ネットワークへのアクセスができるメリットは大きいです。

こうした技術は、企業の働き方にも大きな影響を与えています。便利な技術は有効活用する必要があります。インターネット回線の活用はビジネスにおいて不可欠となっています。インターネット回線の活用がビジネスに与える影響は大きいです。

ビジネス目的で使用するときはコスト意識を持つ

法人向けインターネット回線を活用するときはコストを気にする必要があります。ビジネスをおこなうときは、なるべくコストを抑えることを考える必要もあります。

低コストで拠点間通信を可能にするのが、このVPN接続の魅力です。自社と拠点間の通信しかできない専用線とは異なり、この接続法は拠点間同士でセキュリティーの高い通信を可能にします。こうした通信を低コストでおこなえるのが、法人向けインターネット回線です。

この接続法は運用コストを安くします。専用線の活用をするときは、維持費などがかかりますが、この接続法にはそうしたコストは必要ないです。使用するルーターも安価ですので初期費用を大幅に抑えることができます。

法人向けインターネット回線は専有型の回線を使用することも可能とします。通常のインターネット回線は共有型です。専有型の回線を利用すると、回線を専有することができます。専有型の回線は周囲のユーザー利用に影響されないです。

共有型の場合は周囲のユーザーと回線を共有するので、多くの近くのユーザーがインターネットを利用していると、回線がとても混雑することがあります。法人向けインターネット回線は安全に高速にインターネットを利用することを可能とします。

 

ビジネスをおこなうときは良いサービスを、コストを上手く抑えて活用する方法を考える必要があります。法人向けインターネット回線は個人向けにはないサービスがあり、VPN接続も可能とします。この接続法によってセキュリティーが大幅に高まり、より安全にインターネットを活用するビジネスをおこなうことができます

この接続法でインターネットに接続すると、仮想の専用ネットワークを作れ、暗号化したデータを安全にやり取りできます。本社と支社の間や支社と支社の間の通信を低コストでおこなうことも可能とします。安全性を高めてインンターネット通信ができる魅力はとても大きいです。ビジネスは低コストで安全におこなう必要があります。法人向けインターネット回線によってこうしたことが可能となります。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧