法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

専有型の法人向けインターネット回線で快適な回線になる

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/06/05

法人向けインターネット回線を導入すると、専有のネット回線を利用することができますので通信環境の安定性や通信速度などの点でメリットがあります。そこで、法人向けのインターネット回線を利用したときに得られるメリットについてご紹介しましょう。

法人用のネット回線にはメリットがある

法人向けのインターネット回線を導入すると専有型のインターネット回線を利用でき、より快適にネット回線を利用できるようになるといった利点が得られます。

専有型なので、他の会社と回線を供するのではなく、自社のみで利用できるネット回線を持つことができます。そのため、同じ時間に使用が重なって、通信速度が遅くなったり、重くなったりするといったデメリットで業務に支障をきたしてしまうというリスクがありません。

他にもさまざまなメリットがありますので、その点についてご紹介してみたいと思います。

専有型のネット回線は快適に使える

専有型の法人向けインターネット回線を利用すると快適な回線でネットを利用することが可能になります。ネット回線は個人向けの回線などもありますが、スタッフの数がある程度ある規模の会社や大きなデータサイズのものを取り扱う業務をおこなっている会社であれば、個人向けのネット回線サービスだと、通信速度が遅くなったりして大切な業務に支障が出るリスクもあります。

そのようなときに法人向けのインターネット回線サービスは推奨されます。法人向けのネット回線サービスは個人向けサービスなどで起こりがちな通信量の増加による渋滞減少は起こりにくくなっています

通常、個人向けのネット回線は1本の光ファイバーを分けることで、共有して使うような構造になっています。このような共有型は通信量が多くなってしまうと、情報伝達がスムーズにおこなわれにくくなってしまうのです。それに対して、法人向けのインターネット回線サービスでは、回線を共有することなく1本の光ファイバーをその会社だけで利用できるようにすることができますので、こうした回線の共有による渋滞リスクは少ないのです。

このような、専有型のスムーズな通信の利点は通信の安定性という点にも反映されています。専有タイプのネット回線は他の会社などの利用者の通信状況に影響されませんので、安定した通信をおこなうことができ、お客様とネット回線を通して通信をおこなっている際に突然切断されてしまったり、質問の回答を送信中に速度が遅くなってしまうということも生じずに、スムーズに通信をおこなうことが可能です。

したがって、高速かつ安定性の高い通信を希望するというときにはこうした法人向けの専有回線はとても理想的で、高品質な通信環境を実現するという点で、専有のネット回線はとても理想的なのです。

さらに、法人向けの業務用ネット回線は、このIPアドレスが固定化されるというメリットがありますので、セキュリティーという点でもメリットがあります。個人向けのネット回線はIPアドレスがインターネットに接続する度に代わってしまうことがあります。そうなると、企業HPを自前サーバーで維持するときにそのサーバーのIPアドレスがその都度変わるということになりますので、ユーザーがHPにアクセスしたいときにたどり着けません。

こうした点で、法人用ネット回線は個人向けのネット回線では得られにくい大きなメリットがあるということなのです。IPアドレスが固定なら、ネットを用いた情報発信にとても便利ですし、離れた地点にある支社間のネットワーク構築時にもセキュリティーの面でメリットがあります。大切な顧客情報などの情報を通信するため、第三者に不正アクセスできないように特殊なセキュリティネットワークも同じIPアドレスであれば構築することができます。

このように、法人向けのネット回線は、さまざまなメリットがあり、個人用の共有型ネット回線と比較する法人が必要とするスペックをしっかりと満たすことが期待できるのです。

法人用ネット回線はコスパも期待できる

法人向けのネット回線には法人の業務をスムーズに進めていくという点でとてもメリットが大きいですし、こうした高品質のネット回線を活用することによって、よい回線をよりリーズナブルな価格で利用できるといった利点もあります。

つまり、通信品質とコスト面をバランスさせたときにも、高い通信品質であるけれどもお得度が高いという点でコスパもいいというメリットもあります。そのため、専有型の法人ネット回線には共有型のネット回線と比較するとメリットがさまざまあるのです。

 

法人向けネット回線は専有的にネットを使用することができるようになっており、法人が業務を進めていくうえでもいろいろなメリットがあります。

そのため、ある程度のスタッフ規模があったり、大きなデータを取り扱っている法人がネット回線の導入をおこなう場合には、大切なクライアントとの通信中に通信に遅延が起こったり、通信環境が不安定になってしまうリスクが少ない法人用のネット回線を検討することにはいろいろなメリットがあって推奨されます。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧