法人向けのインターネット光回線をおすすめ比較5選でご紹介!プロバイダ契約も一体型の業者を厳選!

NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)の画像

おすすめポイント通信速度に定評あり!安定的なインターネット回線
おすすめ業者5つめは、ソニービズネットワークス株式会社の提供する「NUROアクセス スタンダード」です。

ソニービズネットワークス株式会社は2012年7月20日に設立された比較的新しい会社ですが、個人向けサービスもラインナップしており、そのCMを見かけることも多く、知名度を急激に伸ばしています

最大速度などのスペックは問題なさそうですが、導入に際して気を付けたいポイントも存在しています。

それでは、NUROアクセス スタンダードのサービスに関する情報を詳しくチェックしていきましょう。

最大2Gbpsの大容量!しかも最低10Mbpsが確保される

NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)の画像

通信規格G-PONを採用した下り最大2Gbps・上り最大1Gbpsのインターネット接続サービスがNUROアクセス スタンダードです。

一般的なサービスだと最大通信速度は1Gbps程度ですが、NUROアクセス スタンダードは2Gbpsという非常に優れたスペックを誇っています。

また、NUROアクセス スタンダードは一部帯域確保型であり、上り・下りともに最低10Mbps以上が確保されています。

さらにNUROアクセス スタンダードは、通信規格においても、一般的なGE-PONではなくG-PONというものを採用しています。

G-PONはGE-PONに比べ伝送効率が良く、1秒あたりに送受信できるデータ量が多いのが特徴です。

ただし、このG-PONという技術は、効率的に回線を分岐させるための技術であり、つまりNUROアクセス スタンダードは共有型の回線ということになります

サービスの品質を保証!SLAと24時間365日のオンサイト保守が標準装備

NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)の画像
ネットワークの信頼性を保証するSLA(サービス品質保証制度)が標準装備されているNUROアクセス スタンダード。

契約者が提供されているサービスが稼働率99.9%に満たないことを申告すれば、利用料金の一部を返金してもらえます。

NUROアクセス スタンダードがサービスの品質に自信を持っているからこそ、この仕組みが設けられているのです。

さらに、24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備されていることも特徴です。

万が一インターネット回線にトラブルが生じ、「インターネットに接続できない」などのトラブルが発生した時には、専任の技術者が障害発生部分の調査・問題切り分け・現地での保守対応などを実施してくれます。

このように、NUROアクセス スタンダードにはサービスの品質を保証するための体制が整っているのです。

法人向けインターネット回線を選ぶ上でサポート体制や補償の充実は非常に重要な要素ですが、その点はNUROアクセス スタンダードなら問題ないでしょう。

安定性もバッチリ!業界トップクラスの大容量バックボーン

NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)の画像
バックボーンやネットワーク設備の面でも特徴があるNUROアクセス スタンダード。

国内主要IXでのピアリングに加えて複数の大手通信事業者と契約していることから、業界トップクラスの1,200Gbpsという大容量のバックボーンが確保されています。

つまり、安定的なインターネット回線を求める企業にもぴったりなサービスとなっています。

また、ネットワーク設備においては環状に交換設備を接続する「リング型構成」になっているため、どこか一部分で問題が発生しても逆向きの接続での伝送ができます。

こちらも、NUROアクセス スタンダードが安定性の高いサービスであることをうかがい知れる理由です。

【NUROアクセス スタンダード】の特徴やサービスについて詳しく知りたい

 

初期費用は高額?提供エリアも要チェック

NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)の画像
スペックとしては問題なさそうなNUROアクセス スタンダードですが、初期費用が比較的高い点が気になります。

初期費用に150,000円と事務手数料が3,000円、そして基本工事費が50,000円必要になり、導入コストが他社よりもかさんでしまうことでしょう。

月額料金が18,850円と比較的低価格ではあるものの、インターネット回線は導入してみないと使い勝手はわからないため、初期費用に多額のコストがかかるのは避けたいところです。

ただし、初期費用150,000円については、2年間継続利用すれば実質無料になる仕組みも用意されていて、継続的に利用するのであれば、費用は抑えられます。

ちなみに、NUROアクセス スタンダードの提供エリアは関東・東海・関西の主要都市のみとなっていて、それ以外の地区にある法人の場合は利用することができません。

速度が遅くなる可能性?注意したいポイント

最後に、NUROアクセス スタンダードを検討する上で注意しておきたいポイントを紹介します。

上述したように、NUROアクセス スタンダードは、1本の回線を分岐させ近隣のユーザー同士で共有している回線なので、共有しているユーザーが大きなデータ量の通信を行えば、渋滞が発生してしまうこともあります。

契約当初は快適な通信ができていても、新しく大量の通信を行うユーザーが参入してきた場合などは、急に通信が遅くなってしまうことも考えられます

このように、最大速度の帯域が広いからといって、安易に飛びつかず、常に安定して通信が行えるかどうかを見極める必要があります。

スペックは十分だが通信速度は運次第?

5つめのおすすめ回線、NUROアクセス スタンダードはカタログスペックとしてはとても魅力的なサービスです。

最大通信速度は2Gbpsと大容量であり、一部帯域確保型のため最低でも10Mbpsの通信速度が確保されています。

また、サービスの品質を保証するSLAや24時間365日のオンサイト保守が標準装備されていたり、バックボーンが1,200Gbpsと非常に大きいのも安心できる要素です。

ただし、共有型回線のため、近隣のユーザー数や通信量が少なく、遅延が発生しにくいエリアでなければ、快適な通信速度は期待できません。これは自分自身ではどうすることもできない問題なので、運次第と言わざるを得ません。

さらに、比較的高額な初期費用や提供エリアが限られている点にも注意が必要です。

サイト内検索
記事一覧