法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線の気になるセキュリティ

公開日:2021/02/15  最終更新日:2021/03/10

法人向けインターネット回線は、高速回線であったり、サービスが豊富であったりすることが魅力的なところです。昨今は働き方改革等のために、ますます法人向けインターネット回線に注目する人も増えています。そんな、法人向けインターネット回線はセキュリティ等の面も魅力的であるということを契約前に知っておきましょう。

法人向けインターネット回線のセキュリティ

法人向けインターネット回線の魅力の一つがセキュリティです。この点では通常のインターネット回線とは比べ物になりません。もしもセキュリティを重視しているといった場合には、法人向けインターネット回線を真っ先に選ぶべきです。

法人向けインターネット回線のセキュリティの高さはよく知られていますが基本的に法人向けインターネット回線を使っているとハッキングの驚異が大幅に減ってきます。ハブ等もやはり専用品が用いられており、ハッキングもハードウェア的にしにくくなっているのです。

それだけでなく、法人向けインターネットの回線が用いる回線は実に安全なものが用いられていますし、DNS関係の対策も強化されています。だからこそ安心して仕事等にも使っていけるようになっています。法人向けインターネット回線ですと、社内ネットワークなどの構築を手伝ってくれることも多いです。これによってハッキング等は確実に防げるようになってきますから、より安全性を高めたいといった場合にもおすすめします。

他に法人向けインターネット回線業者によってはセキュリティソフトウェア等を無料配布してくれることもあります。まったく知識がなくても構築などをしてくれるところもありますから、いろいろなことを任せてみましょう。このように鉄壁の環境を作れますので、ハッキングの心配性もほとんどなくすことができるようになっています。

ハッキングされるとビジネスはおしまい

ハッキングなんてそんなに起こることではない、と軽視している経営者も多くなっています。しかし、そんな心構えではこれからはやっていけません。ハッキングされて個人情報が漏れると信頼を失ってしまい、ブランドにも傷がついてしまいます。それだけでなく、慰謝料請求等されてしまうこともありますし、ハッキングによって思わぬ事故になることもあります。

だからこそ、余計な問題になる前にしっかりとした法人向けインターネット回線を利用して、安全性を高める努力をしておくべきです。もしもウイルスで駄目になった場合にも、法人向けインターネット回線を用いていればいいわけもできます。

通常の一般回線業者はたしかに安いものの、安全性という点ではお世辞にもよくありません。基本的にハッカーが狙うのはこうした一般回線業者を使っている脆弱な会社ですから、法人向けインターネット回線を使うだけでターゲットにならなくなってきます。

他に、法人向けインターネット回線はいろいろな設定もできますから、より細かくセキュリティを高めていくことも可能です。こうしたことは通常の通信業者では基本的にできませんから、こうした利点だけでも法人向けインターネット回線を使っておいたほうがよいです。いずれにしても安全性を本気で考えているならば、法人向けインターネット回線がおすすめです。

法人向けインターネット回線を使うだけでは不充分

法人向けインターネット回線は安全性も高くて安心して利用できますが、それだけで情報流出等を防ぐのは難しいです。むしろ法人向けインターネット回線は、多様なセキュリティ対策の一つと考えておくとよいでしょう。

たとえば、セキュリティソフトウェアを導入することは必須といっても過言ではありません。先述したように、こうしたソフトウェアの導入は業者が支援してくれることもあります。他にも、パソコン端末の使用に関してルールを設けるといったことも大事です。これだけではなく、システムも適切に更新しておいてください。こうしたことをしっかりとやっておけば、ハッキングされる可能性を低くできます。

こうした相談も業者にしてみましょう。多様なサービスを提供している業者が多いですから、安全性を高めたい場合にも使っていけます。まずは問い合わせして話を聞いてみて、気に入ったら使ってみるとよいでしょう。いずれにしても通常の通信業者を使っていてハッキングされたらいい訳もできませんから、早めに法人向けインターネット回線を取り入れてみることをおすすめします。

また、回線速度も業者によってかなり差があります。こうした点も合わせて比較検討しておくことで、後悔しない選択ができるようになってくることでしょう。やはりいずれにしても早めに取り入れることがやはり大事ですし、今ならば補助金も出るのです。

 

法人向けのインターネット回線は魅力が多いですが、とくに安全性が高いのが大きなメリットです。安全性が高いために秘匿情報を扱うような業種であっても使っていけますし、値段もそこまで高くありません。業者によって提供しているサービスや回線速度は異なるので、まずは比較することから始めましょう。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧