法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線は長期契約が基本?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/23

法人向けインターネット回線を導入する企業が増えています。一般的に契約を結ぶのなら、長期が基本ともいわれていますが、契約期間は選ぶことができないのでしょうか。

もちろん、企業にとって最適なインターネット環境であれば、短期契約よりも長期契約が理想的ではありますが、短期での相談にも応えてくれます。しかし、契約にはそれなりのメリットがたくさんあるようですから、しっかり調べてから契約を結びましょう。

比較検討すれば契約期間で損をしない

法人向けインターネット回線の契約では、利用料金はもちろん、通信速度についても比較検討することが大切です。そのための基礎知識として、上りはアップロードで、下りはダウンロードの意味ですが、速度単位「bps」のうち、比較検討するならば回線速度は「1Mbps」を基準に考えるのが一般的なようです。

また、回線事業者により異なるのが回線タイプなのですが、法人向けインターネット回線として選ばれているのは「ベストエフォート型」のようです。評価されている回線事業者も、ベストエフォート型をおすすめしています。最良の条件であればその通信速度が出るのですが、あくまでも努力をするという内容です。

例えば、最大1Gbpsであっても、実際には回線の混雑で変わるでしょうし、機器の性能、基本ソフトの設定などでも通信速度は異なります。ということは、どのくらいの通信速度が出せるのかは回線事業者でも保証はできず、下回ることもなきにしもあらずで契約を結ぶということになります。

その反対の保証されている「ギャランティ型」もありますが、なぜ法人向けインターネット回線ではベストエフォート型が導入されるのかといえば、利用料金を抑えられるからでしょう。月額費用も上り500Mbpsコースならば26,000円~というところもあれば、スペックは少々落ちるものの利用料金が安いことをウリにしているところでは、月額費用18,850円~というところもあり、料金だけで見ればお得に利用できるのではないでしょうか。

求める品質にかけられるコストのバランスなどをしっかり比較すれば、長期契約を結ぶにしても損はしないはずです。

提供条件に納得してから契約を結ぼう

法人向けインターネット回線の契約は、長期が基本なのでしょうか。もちろん、短期契約も結ぶことは可能でしょうし、乗り換えも検討できます。しかし、長期契約を選んでいる理由としては、やはり利用高があるようです。インターネット通信が速ければ、業務効率や生産性もアップするようです。

ちなみに、通信速度の話題が出ましたが、サービス品質保証制度があるからこそ、長期契約を結べる声も耳にします。通信速度の低下で一部返金される補償内容の充実感が、長期という契約期間に繋がっているようです。回線の不具合がビジネスの混乱にならないようにサポートや補償にも気をかけてくれるようです。

今の時代、ビジネスとインターネットは切っても切り離せないものであり、提供条件を理解した企業は長期契約を結んでいる話です。

2年程度が基本となる契約の期間

そもそも、法人向けインターネット回線を導入する目的を考えてみましょう。業務内容や職場内の情報化の普及によっては、固定IPアドレスを利用することもあれば、セキュリティー対策を強化したい考えもあるかもしれません。そのためには、短期では満足に目的が図れないかもしれません。

長期契約が基本となれば、どれくらいの期間なのかといえば、2年~5年程度が多いようです。もちろん、長ければ長いだけ月額料金が安くなるシステムのプロバイダもある話ですから、企業としては嬉しくなるコストカットも図れるのではないでしょうか。

また、導入してからもランニングコストがあまりかからないこともあり、様子見程度である2年程度の契約を結ぶことも少なくないようです。ちなみに、期間中に解約したいのなら、その旨を伝えますが、手数料が発生することを事前にチェックしておきましょう。中には、決して安くはない手数料が発生するかもしれませんが、同じプロバイダと長期契約を結ぶことによって、安価になる利用料金は魅力でしょう。

また、いろんなアフターサポートを受けられることもあるようですから、じっくり比較検討しましょう。自社に合った契約の結び方に関しては、カスタマーサービスの対応がしっかりしているプロバイダに相談してみたり、導入事例をチェックしてみることで問題ないでしょう。

 

法人向けインターネット回線の利用に関しては、損得を考えるならば、利用料金が安いところと契約を結ぶのがいいでしょう。まずはお試しで利用したいのなら、短期契約もありですが、工事が必要になれば初期費用も決して安くはないので、じっくり比較検討をしましょう。

また、利用の目的があるのならば、やはり短期契約では達成することができないかもしれず、2年程度の契約がおすすめされています。もちろん、企業にとって魅力的なアフターサービスが付帯したり、得をすることが多いようです。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧