法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

アフターサービスがしっかりしている法人向けインターネット回線を選ぼう

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/04/09

法人向けインターネット回線は、情報社会においてビジネスシーンに欠かせない存在として捉えられるようになっています。

中でも、アフターサービスが充実しているプロバイダの回線の利用契約を結ぶことで、長期的に不安なくパソコンを使って業務に取り組むことが可能です。

 

契約後にネットワークの点検をしてくれるところもある

法人向けインターネット回線を扱っているプロバイダの中には契約後、数か月おきにネットワークの点検をしてくれるところもあります。

そこで、セキュリティー面が優れているプロバイダと契約を結ぶことにより、ハッキング不正アクセスなど外部の脅威にしっかりと対処をすることが可能です。

最近では、無料で様々な形でアフターサービスを提供しているプロバイダの取り組みについて、様々なIT関連の専門誌や情報サイトなどでピックアップされることがあります。

そのため、少しでもネットワークを利用する際のリスクに備えたい場合には、多くの法人客から高く評価されているプロバイダーの特徴をよく把握することがおすすめです。

また、プロバイダのアフターサービスを利用する際には、シーズンや時間帯などによって、スムーズに対応をしてもらうことができないケースもあります。

そこで、日々の業務に差支えないようにするには、優秀なエンジニアが多く在籍しているところや、問い合わせから返答までの時間が短いプロバイダを選択することが大切です。

 

プロのネットワークエンジニアに相談に乗ってもらえる

法人向けインターネット回線は実に様々なメリットがありますが、大手のプロバイダではアフターサービスの一環としてプロのネットワークエンジニアによる相談対応を強化しているところが少なくありません。

そのため、インターネットの通信速度やデータの送受信、管理など様々な悩みがある場合には、法人向けのサポートに定評のあるプロバイダをメインに選ぶことがおすすめです。

在籍中のネットワークエンジニアの経歴やスキルについては、それぞれのプロバイダの公式ホームページや顧客用の資料などに詳しく紹介されることもあります。

そこで、理想的なプロバイダを選択するにあたり、時間を掛けて優秀な技術者によるサポートが行き届いているところを見極めましょう。

なお、法人向けインターネット回線を利用した経験がない場合には、数週間から一か月ほどのお試しプランが用意されているプロバイダを探して、リーズナブルな価格で色々な種類の回線を使ってみるのも良いでしょう。

 

ウィルスや不正アクセスの対策をお願いできることも

パソコンを正常な状態で長く使い続けるには、日常的にウィルスや不正アクセスなどのリスクに備えることがとても大切です。

また、企業内の機密文書などをネット上で管理する場合には、高度なセキュリティー対策が必要となるため、過去の実績やアフターサービスの充実度などにこだわって契約を結ぶことがポイントです。

最近では、国内外で普及し始めている人気のセキュリティソフトをリーズナブルな価格で提供してくれる大手のプロバイダの数も増えており、仕事上の様々なトラブルを未然に防ぐことが可能です。

また、リピーターの数の多いプロバイダの中には、長期的に契約を結んだ法人客を対象として、個別のサポートを強化しているところも少なくありません。

そこで、納得のいくアフターサービスを受けるにあたり、それぞれのプロバイダの最新の取り組みをじっくりと確認しておきましょう。

その他、アフターサービスを依頼する際に、発売されたばかりのセキュリティソフトの導入コストやダウンロードの仕方について担当者に質問をして、なるべく利用価値の高いものをチェックしてみると良いでしょう。

 

法人向けインターネット回線を選ぶ基準は企業の業態やIT化の状況などによりますが、充実したアフターサービスが行われているプロバイダにお世話になることで、常に不安なく業務に励むことが可能です。

例えば、ネットワークエンジニアをはじめとする経験豊富な技術者に相談ができるところや、スピーディーにトラブルシューティングをしてくれるところは、様々な業種の企業の間でニーズが高まっています。

また、法人向けインターネット回線を良好な状態に維持するには、定期的に回線のメンテナンスや点検をしてくれるプロバイダを選択することが肝心です。

そうした中、初めて法人向けインターネット回線を導入するにあたっては、一定期間の低価格のお試しプランに申し込めるところや、顧客のレビュー数が多いところを探してみると良いでしょう。

一般的に、ウィルスや不正アクセスなどのセキュリティー対策に特化しているプロバイダは、アフターサービスの依頼をすぐに引き受けてくれるところも多く、情報処理が得意な従業員が少ない企業も安心して契約を結ぶことができます。

その他、プロバイダごとのアフターサービスの良し悪しを比較するにあたっては、単に人気のあるプランの内容をチェックするだけでなく、色々な立場の法人の事例に目を通しておくことが大切です。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧