法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線の混雑の影響は?

公開日:2020/06/01  最終更新日:2020/09/16

法人向けインターネット回線を使用するときは、混雑を気にすることもあります。混雑を解消するには、どのようにしたらよいのでしょうか。回線には、共有型と専有型とがあり、専有型のサービスを受けると、混雑しにくくなります。

インターネット回線使用のときのセキュリティー対策

セキュリティー力を高めるための手段として、VPN機器の活用があります。VPN機器を活用すると、拠点間の通信が暗号化されます。暗号化によってセキュリティーが高い通信をおこなえるメリットがそこにはあります。ある程度の規模のビジネスになると本社と支店間で情報を送受信することが多いです。こうした送受信は安全におこなう必要があります。

VPNを使用することで、拠点間の安全な通信が可能となります。法人向けインターネット回線を活用すると、VPNの活用が可能となります。VPN機器の活用は複数の場所にあるネットワークをインターネットに接続して、一つのローカルネットワークとして運用できることを可能にします。

法人向けインターネット回線でセキュリティーを高める方法として、固定IPアドレスの取得があります。固定 IP アドレスがあると、特定のアドレス以外のアクセスは拒否することができます。固定IPアドレスの取得は、通信のセキュリティー力を大幅に高めます。

セキュリティーの高さのほかにも、個人向けインターネット回線にはないメリットが法人向けにはあります。料金は個人向けとほぼ同じことも多いですし、利用明細確認できる管理者画面が充実していることが多いです。法人向けならではのセキュリティー機能が、パッケージ化されている場合もあります。法人向けサービスを活用すると、請求書を毎月無料で発行してもらえたりします。法人向け回線は領収書を発行してもらえます。領収証は法人の会計処理に使用できます。

法人向けサービスの総合力を意識する

セキュリティー機能を統合したパッケージ化されたサービスはとても便利です。こうしたサービスによって、ネットワーク上の脅威を一元管理できたりします。セキュリティサービスを活用するときは、管理画面を意識します。管理画面が分かりやすくて、カスタマイズも簡単なのが望ましいです。セキュリティサービスはツールとして提供されます。

セキュリティーのためのツールの初期導入が自動化されているととても便利です。法人向けにインターネットを使用するときは回線の混み具合を個人向けよりも、気にする必要があります。回線の状況によってサーバーの機能が落ちるのを防ぐことが、ビジネスの売上の安定度に繋がります。回線が混雑で使用不可となると、ビジネスに損失を与えます。混雑を避ける方法はさまざまで、他の回線と分離して回線の混雑を避けることもできます。

近年では動画配信と音楽配信が盛んになっていて、特定の時間内に回線が混雑することも多くなっています。個人向けトラフィックと企業向けトラフィック分離できるサービスによって、法人向けサービスをスムーズに活用できます。法人向けインターネット回線を活用するときは、トラフィック分離サービスを活用できるかを知るのが大切です。インターネット回線の利用法として共有型と占有型とがあります。

共有型は近くの設備に収容されている一本の回線が、ユーザーに届くまでに分岐されます。分岐された回線を共有して使用するのが共有型の回線です。共有型の回線を使用していると、ユーザーの通信状況によって回線が混雑することがあります。

法人向けとしてインターネット回線を使用するときは、専有型のサービスを選ぶこともできます。専有型のサービスを選択すると、回線の収容設備からユーザーのとこまで分岐せずに一本のまま提供されます。こうした使用法によって、回線の混雑を避けることができます。一定の帯域を専有できるのがこのサービスの特徴です。

回線提供会社のバックボーン考える

法人向け回線を利用する際は、回線を提供する会社について知る必要があります。通信回線のバックボーンネットワークを知るのは大切です。国内海外ともに最大級の大容量バックボーンネットワークがあると、回線が混雑しづらく安定的なパフォーマンスが発揮されます。セキュリティー対策を考える上では、24時間体制でネットワークを監視してもらえるかどうかの確認も大切です。

ネットワーク障害のときのお問い合わせ窓口が、24時間365日電話で受け付けてもらえるかの確認も重要です。規模の大きい回線提供会社はサービスの種類が多くて、サポートが充実している傾向があります。規模が大きい回線提供会社は対応できるプロバイダも多いです。法人向けインターネット回線を活用するときは、どこに回線提供を依頼するかを考える必要があります。

 

法人向けインターネット回線を快適に使用するためには、回線提供会社のバックボーンが豊富かどうかも大切ですし、回線を専有して使用することも大切です。インターネット回線を法人として使用するときは、回線の快適な使用をより意識する必要があります。回線提供会社を選ぶときは、サポート体制を見る必要もあります。24時間365日体制でサポートを提供しているところには安心して依頼できます。インターネット回線の活用を考えるときは、いかに安定的に快適に回線を使用するかを考える必要があります。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧