法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線は短期契約できる?

公開日:2021/02/01  最終更新日:2021/03/10

法人向けインターネット回線を短期間で契約したいという方は多いです。その理由は、いつまでネット回線を事業で使用するか分らないことや、短い期間限定で使用したいなど、事業者によって異なります。長い期間契約が必要なイメージの法人向けインターネット回線ですが、短期間のみの契約が可能なのかどうか解説をしていきます。

法人向けのネット回線でも短期利用は可能

本来、法人向けインターネット回線は長期契約をした企業に対してネット回線速度を保証したり、24時間インターネットサービスで問題が生じた場合において問題解決を行ったりといったサービスを展開しています。そのため、長期でないとこれらサービスを提供できないという問題がありました。

しかし、無線Wi-Fiが登場したことで固定式ネット回線の在り方が変わり、現在では事業者にもよりますが、法人向けネット回線であっても短期利用を可能としている事業者も存在します。これら事業者は、長期契約においては解約金という違約金を支払う必要がある旧来の法人向けネット回線と比較すると、解約時に違約金が発生しないという利点があります。

なぜ、違約金の発生がないのかというと、ネット回線サービスを提供している事業者側が本来の固定式ネット回線を提供している事業者に対して罰則金を支払うということで違約金の支払いをしなくてもよいようにしているのです。

利用者が解約を申し出た場合、法人向けインターネット回線を提供している事業者が、本来のインターネット回線を利用している側の事業者に少なからず罰則金を支払うことで、両者ともに収益があるため提携してサービスを提供しているというわけです。逆をいえばWi-Fiなどのサービスが登場したからこそ、固定式ネット回線の利用率が下がるという問題が生じ、もはや利用者に対して罰則を科している状況ではなくなったのです。

Wi-Fiが登場したため法人でも工事不要でネット開通

法人向けインターネット回線を短期間で契約できるようになったのは、無線式Wi-Fiが登場し、法人向けにサービスを展開したことが大きいです。この無線式Wi-Fiは、工事を必要としておらず、事務手数料と月額使用料だけでサービスを提供可能です。ネット速度も無線式Wi-Fiルーターの性能の向上、及び無線電波を提供する基地局の増加とともに速度が上昇をしており、固定式回線のように速度が速いのが特徴です。

最も利点となるのは、旧来の固定式法人向けインターネット回線においては、工事を必要としていて、ネット回線を事業者に引き込むことで利用可能としていました。そのため多額の工事料金がかかるという問題があったのです。しかし、無線という方式が登場し、これが採用され始めてからは、インターネットにアクセスする端末終端装置を工事で取り付ける必要性がなくなり、無線式Wi-Fiルーターを設置するだけで済むようになったため、インターネットの短期利用が可能となりました。

しかも、年数を指定して利用するのではなく、使用する日数とインターネットにアクセスする端末の数で利用料金が決まるという手法が無線式Wi-Fiルーター貸し付け事業者の特徴であるため、利用時において料金が明確でかつ利用料の管理をしやすいという利点があります。もはや固定式インターネット回線にとって代わる存在へとなっているのです。

事業者にとってもWi-Fiレンタルは利点が多い

法人向けインターネット回線を提供している事業者側から見ても、無線式Wi-Fi機器を貸し出して、インターネット回線を提供する手法の方が、従来の手法よりも利点があります。

一つは、無線式Wi-Fi機器自体は実はそれほど高額ではなく、インターネットからでも購入可能です。逆に工事を必要とする固定式回線のほうが工事事業者に支払うべき報酬を考えた場合、事業者からすればあまりお得な手法ではないといえます。

しかも、無線通信は基地局さえきちんと機能をしていれば、光ファイバーの速度には劣るものの速度が速く、回線を専用回線などで分ければ速度の低下を防ぐことができるのです。この場合、一般のWi-Fi通信と法人のWi-Fi通信とを分けることで速度の低下を防ぐことができるという意味になります。

次に、借りる側の事業者においても利点があり、一つは無線式Wi-Fiでも法人向けインターネット回線同様のサービスを受けることができ、24時間サポートにメールサポートのほか、セキュリティサポートなど多くのサービスを提供してもらえます。しかも、それらはオプションで1日当たりいくらという料金設定であるため、1日だけネット回線を利用したいという事業者においては最も効率的で利点があるシステムなのです。

裏を返せば、固定式インターネット回線というのはそれだけ自由度がなく、端末終端装置の取り付けおよび取り外しを考えると手間がかかり、違約金が発生してしまうということでもあります。

 

結論として、固定式インターネット回線でも、法人向けのインターネット回線を短期で契約可能です。ただ、さらなる利点を考えると、現在では無線式通信であるWi-Fiを利用した法人契約のほうが更なるメリットがあり、1日だけの利用という短期契約が可能となっています。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧