法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線でも工事費無料サービスはあるのか

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/03/12

会社でインターネット回線を用意する場合は、法人向けインターネット回線を利用することになりますが、工事費の部分が気になるはずです。個人向けのインターネット回線の場合は工事費無料になることもあるので、法人向けインターネット回線もそのようなサービスがあるのかを知っておくと実際に工事を依頼するときに役立つでしょう。

サービスを提供している業者はたくさんある

自宅でプライベートでインターネットを楽しむ場合は個人向けのインターネット回線を利用すれば問題ありませんが、企業の場合は法人向けインターネット回線を導入したほうが便利です。法人向けインターネット回線の場合は複数の固定IPアドレスを取得できるので、業務を円滑に行うことができます。

固定IPアドレスは会社のホームページやwebサイトなどを自社のサーバーで運用できますし、会社が持っている機密情報への不正アクセスを防げます。会社の場合は個人とは比べ物にならないぐらい、機密情報を抱えているはずなので、不正アクセスを防ぐためにも法人向けインターネット回線を選んだほうが安心です。

社員にテレワークを促している場合は、固定IPアドレスとVPN接続を行うことで、会社内の情報を安全にネットワークを介した状態でアクセスできます。在宅勤務を増やそうとしている会社にも頼もしいサービスになりますから、積極的に導入することを検討するのが大切です。

法人向けインターネット回線を提供している業者はたくさん存在するので、導入するときの料金などもリーズナブル価格になっています。ただコストの部分は利用する業者によって、バラツキがありますし、工事費の有無などについても違いがあります。工事費無料でサービスを利用できるケースもあるので、業者選びのときに意識したいポイントです。

キャンペーンで工事費無料になっているケースもある

法人向けインターネット回線を導入するときに、工事費が気になっている場合は、工事費無料のキャンペーンなどをやっている業者を選んだほうがお得です。キャンペーンは業者でやっているケースとやっていないケースがあるので、どこの業者もやっていない場合は諦めるしかありません。工事費無料のようになっていても、初期費用の中に既に含まれているようなケースもありますから、本当に無料なのかをチェックしておいたほうが安心です。

インターネット回線を導入するには屋外と屋内の工事が必要になるので、どうしても工事費は高くなりやすいと考えられます。法人向けインターネット回線の工事には、基本工事と交換機等工事の他に屋内配線工事や回線終端装置工事などが必要になってきます。

大まかにこの4つの工事に分けて作業が行われますが、すべての工事を任せる場合は、数万円程度の費用が発生する可能性が高いです。屋内配線工事は自分達でやれる場合は負担が一気に減る可能性もあるので、一部の工事を自分達でやって負担を軽減するような方法もあります

工事の難易度によっては、工事後に追加料金が発生するようなケースもあるので注意が必要です。また土日祝日に施工を任せようとすると、料金が高くなる場合が多いので、平日に工事を依頼したほうがお得かもしれません。また、夜間に工事を依頼する場合も料金が高くなる可能性があります。

工事費も大切だが月額費のほうが重要

法人向けインターネット回線を導入するときの工事費は、オフィスの状況などによって料金にバラツキがあります。キャンペーンで割引になったり、無料になるケースもありますが、工事費はそこまで大きな費用が発生するケースは少ないです。

工事費無料にこだわってしまうことで月額費が高くなってしまうと、継続して回線を使用するのが難しくなってしまいます。法人向けインターネット回線の使用を続けるには、月額費を負担し続ける必要があるため、余りにも高額な月額費になってしまうと危険です。

法人向けインターネット回線にも品質がありますが、高品質な場合は月額費も高くなりやすくなります。月額費での回収を考えて工事費の部分をお得にしているようなケースもありますが、会社で負担できる範囲の費用なのかをチェックしておくのが大切です。固定費になるので、余りにも高額な費用が毎月発生すると経営を圧迫するようなリスクもあります

工事費は基本的にそのときに負担すれば、継続して発生する費用ではないので、トータルのことを考えれば月額費のほうを意識したほうが安心です。月額費がリーズナブルで工事費無料のような業者があれば、積極的にサービスを利用してしまうのがいいかもしれません。ただトラブルが起きたときの対応も必要になるので、サポート体制などについても把握しておくと安全です。

 

法人向けインターネット回線を導入するときに、工事費などの初期費用が必要になります。工事費無料で対応してくれる業者も存在しますが、月額費の面も気をかけておくのが大切です。工事費は初期費用だけの負担になりますが、月額費は毎月の出費になるので、経営に影響がでない範囲の法人向けインターネット回線を導入したほうが安心できます。

イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧