法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

社員から評判がいい法人向けインターネット回線の特徴

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/11/27

社員から評判がいい法人向けインターネットの特徴にはどんなものがあるでしょうか。専用IPが持てる、電話のIP化、24時間365日サポート、専有回線で高速安定などのサービスから、実際にオフィスや現場で使用する際に社員に役立つ点についても説明します。

法人向けインターネット回線はIP電話が便利!

法人向けインターネット回線は電話がIP電話対応になるので社員からの評判もいいです。IP電話といえば、かなり前から「光でんわ」などのサービスが各種キャリアやプロバイダーから発売されていますが、ビジネスでは主に「PBXを使ったビジネスフォン」と「クラウド対応IP」が主流になっています。

PBXとは電話を管理するサーバーのような役割を果たします。小さな交換機ともいえる機器です。個人事業主や中小企業でも小さいPBXがあるのですが、その存在を知る人は少ないでしょう。多くは大企業にある、サーバーラックのような箱に入った機械を想像するはずです。

PBXには会社のすべての電話回線がつながり、まるで電話局のように複雑な内線や外線をすべて振り分けて自動でつないでくれます。法人向けインターネット回線では、このPBXが「クラウド対応PBX」に対応したり、会社にPBXを設置しない「遠隔クラウドPBX」があったりします。このクラウド化をすることにより、社員のスマートフォンで内線通話を受けられたり、代表電話の発着が可能になったりします。

つまり、大事なビジネスチャンスを外にいても逃すことがないので社員にも好評です。また、完全にPBXをクラウド化すると、設定変更も遠隔操作でできるので業者を呼ぶ必要もなく、コスト削減ができます。電話が便利になることにより、社員も自由に動けて好評を得るのです。

法人向けインターネット回線は24時間365日トラブル対応あり

法人向けインターネット回線は24時間365日トラブル対応があり、社員の安心感が格段にアップすると好評です。24時間365日サポートというのはよく聞く言葉ですが、一般回線と比べたらいかに特殊かがわかるでしょう。

たとえば、今でも昔のISDN回線で防犯装置や銀行ATM(最近は減っているかもしれませんが)を専用化していますが、警報がなると時間内に現場に駆けつけるように決まっています。それと同じで光回線の法人向けもサポートには万全の体制が取られています。ですので、単純に法人向けは値段が高いといっても過言ではありません。

通信の高速化や安定性も法人化するメリットですが、業務を止めないことが一番の目的になるからです。サービスを提供する側としては、夜勤者が常に回線やサーバーを監視しなくてはいけないので、コストはかかります。それだけのことをして回線を守るというのは、はやり法人向けインターネット回線だけの特徴です。

このサービスは、サービスを提供する側も受ける側もそれなりのメリットがあるため成り立っていると思われます。法人向けインターネット回線は、このサポートと各種機器とクラウドなどのソフトウェア、そしてネットワークとトータルで管理してくれる点が優れています。価格を見比べても高価なサービスばかりですが、それなりにメリットがあるからこの価格になるのです。

法人向けインターネット回線はオプションやクラウド利用ができる

法人向けインターネット回線は、追加オプションやクラウドサービスが利用できる点が社員にも好評です。オプションでは「セキュリティサービス」や「追加IPアドレス」などがあり、クラウドサービスでは「クラウドPBX」や「クラウドOCR」「IoTセンサー」そして「AIサービス」などがあります。

クラウドサービスはたくさんのノウハウを持っている大手キャリアが得意としています。クラウドOCRというのは、簡単にいうとスキャナで紙データを読み取って電子データとして保存できるシステムの事です。これで、会社内の紙データをすべて電子化できます。よく聞くものでは、「電子カルテ」もその一つです。

IoTセンサーというのは、ローカル5G回線や4G回線を使用して機械の稼働状況を把握したり、ビニールハウスの温度管理などをしたりできます。これは一例で、たとえばオフィスであっても、外部からのデータを一元管理できるので社員の無駄な仕事が一気に減る事につながります。いきなり複雑な話に飛びましたが、法人向けインターネット回線を導入すると、このような飛躍的な会社のIT化を一気に進める事が可能です。

もちろん、一つ一つの業務についてアドバイスを受けながら、IT化することもできます。この飛躍的なIT化は、コロナにより人々の生活が一気に変わったことに似ています。そのため、クラウド関連の技術は、使い方次第ではライバルよりも優位に立つことが可能です。

 

さて、社員から評判がいい法人向けインターネット回線の特徴を紹介してきました。社員からの好評な部分については、業務により異なるところがあります。それでも、日々業務をしていて「困った」という悩みに以前よりも答えてくれるのが「クラウド」であったり「IP化」であったりします。そのため、業務には法人向けインターネット回線は必須といえるでしょう。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧