記事一覧

Wi-Fiルーターの寿命はどのくらい?買い替えのタイミングを紹介のアイキャッチ画像
Wi-Fiルーターはオフィスにおいてインターネット接続の中心的役割を担っており、その性能や安定性は日々の業務やコミュニケーションに大きな影響 ....
広域イーサネットとは?IP-VPNとの違いやメリットデメリットを解説のアイキャッチ画像
VPNを導入するにおいて「広域イーサネット」を聞いたことがある人も多いでしょう。しかし、名前がわかるだけで細かいことはよくわからない人もいま ....
VPNプロトコルって何?仕組や特徴、種類を詳しく解説のアイキャッチ画像
VPNには4種類ありますが、それらについて理解を深めるにはVPNプロトロルについて知っておく必要があります。プロトコルとは、コンピュータでや ....
VPNの4つの種類とは?選び方や注意点について解説のアイキャッチ画像
VPNとは、仮想のプライベートネットワークのことです。特定の人のみが利用できる通信方法であり、セキュリティを確保できます。例えば中国国内でL ....
置き型Wi-Fiを法人契約する際のメリット・デメリットのアイキャッチ画像
この記事では、導入コストやセキュリティの面など、法人が置き型Wi-Fiを選択する際に考慮すべき要素を解説します。さらに、効果的なネットワーク ....
専用線とは?VPNの違いやメリット・活用シーンを解説のアイキャッチ画像
専用線とVPNは、企業や個人にとって重要なネットワーク接続手段です。専用線は高速・安定性が魅力であり、VPNは柔軟性とセキュリティが強みです ....
SSIDってなに?確認方法やセキュリティ対策について解説のアイキャッチ画像
外でもWi-Fiを使える環境は当たり前になりつつありますが、SSIDや暗号キーなどをよく知らないという人も多いのではないでしょうか。Wi-F ....
IPアドレスとは?固定IPアドレス・動的IPアドレスの違いを解説のアイキャッチ画像
IPアドレスとは、パソコンやスマートフォンなどの機器がネットワークを通じて通信する際に利用されるものです。プリンターなどもネットワークに接続 ....
要注意!契約しない方がいい法人向けインターネット回線の特徴とはのアイキャッチ画像
本記事では、法人向けインターネット回線の注意すべき特徴について詳しく解説します。信頼性やスピード、セキュリティなど、ビジネスにとって重要な要 ....
会社のインターネットがつながらない時の原因と対策のアイキャッチ画像
ビジネスの円滑な運営にとって、インターネットの接続問題は深刻な障害となります。この記事では、一般的なインターネット接続の問題とその解決策につ ....
1 2 3 4 5 31

おすすめ法人向けインターネット回線一覧

イメージ
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式リンク公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る