法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

Wi-FiにもLANケーブルは必要?LANケーブルの重要性を解説!

公開日:2022/03/01  最終更新日:2022/03/23


Wi-FiにはLANケーブルは不必要と思いがちですが、実はWi-FiにもLANケーブルは必要です。ネット環境を整えるためには、LANケーブルはとても大切な役割があります。この記事ではWi-FiとLANケーブルの切っても切れない関係性から、Wi-FiにつなぐLANケーブルの選び方をご紹介しますので、ぜひLANケーブル選びの参考にしてくださいね。

実はWi-FiにもLANケーブルは使われている

Wi-FiにはLANケーブルが使われています。Wi-Fi環境を整えるためにはWi-Fi(無線LAN)ルーターを使用します。Wi-Fiルーターは無線でインターネットを利用できるルーターです。ちなみにLANはローカルエリアネットワークの略で、限られた場所でスマホやパソコンなどの機器をケーブル、無線でつないでネットを使えるようにすることです。

Wi-Fi環境のない場所ではLANケーブルを繋いでネットを使い、LANケーブルにWi-FiルーターをつなぐとWi-Fiが使えるようになるのです。だからこそWi-FiであってもLANケーブルを使う必要があります。モバイルWi-Fiルーターは単体で通信ができるので、LANケーブルを使う必要はありません。

Wi-Fiとは

言葉にも耳にもすることが当たり前となったWi-Fiですが、その意味をご存知でしょうか。

Wi-Fiは無線で通信する方式です。Wi-Fiを受信するパソコンであれば、ケーブルにつながなくてもパソコンから通信回線を受信すればネットが使えます。スマホや携帯、タブレットなど元々線を差し込めない電子機器はWi-Fiから回線を受け取り、ネットを利用できるようにします。

ケーブルを挿してパソコンを使わなければいけない場合、使用できる場所が限られる、好きな所で使えないなど使い勝手が悪く感じます。Wi-Fiだと好きな場所で快適にパソコンを操作できるのです。しかしウイルス感染などのセキュリティが不安な場合があります。

Wi-FiにLANケーブルをつなぐ際に必要な準備

Wi-FiにLANケーブルをつなぐ時に必要な準備物をご紹介します。

Wi-Fiルーターを用意

Wi-Fiルーターは家電量販店やネットから購入ができます。費用はピンキリで3,000円〜2万円と幅金の幅は広いです。高ければ通信速度に安定感が増して、安いルーターだと通信速度が遅く感じます。何を購入したらよいかわからない場合は、店員に相談したりネットでおすすめのルーターを検索したりすると失敗は少ないでしょう。

端子の確認

プロバイダから送られるモデムには、LANケーブルを接続する端子の数が複数あることが多いです。しかし中には端子が1つの場合もあり、Wi-Fiにつなげたいすべての機器を接続できません。前もってWi-Fiにつなげる電子機器の把握、今後追加する場合があるか確認をしておきましょう。

パソコンでプロバイダ情報を登録

LANケーブルをWi-Fiに接続したら終わりではなく、プロバイダの情報をパソコンに登録しましょう。ネット回線を契約した事業者からユーザー名、パスワードが記載された書類が送付されます。それらの情報をパソコンに入力し登録をすれば、Wi-Fiでネットが使えるようになります。

Wi-FiにつなぐLANケーブルの選び方

LANケーブルは何でも大丈夫ということはありません。モデムや回線内容に適したケーブルを使わないと、最適なネット環境を楽しめなくなってしまいます。

通信速度

LANケーブルは通信速度や周波数などをカテゴリに分類しています。カテゴリの数値が高いほど通信速度は速くなります。最も遅いのはカテゴリ5で、動画やネットを楽しむ程度であればカテゴリ6で問題ないでしょう。パソコンで写真加工や動画編集、オンラインゲームをする場合はカテゴリ7以上のLANケーブルを選ぶのがおすすめです。

光回線契約を1Gbpsにしたのにカテゴリ5のLANケーブルを使っていれば、回線速度は遅くなってしまいます。せっかくの光回線契約の内容を無駄にしないためにも、適切なLANケーブルを選びましょう。

ケーブルの長さ

LANケーブルには短いものから長いものまでさまざまな種類があります。Wi-Fiルーターにつないだとき長すぎると足に引っかかって壊したり怪我をしたりする危険があります。必要となる分だけの長さを測って選びます。

Wi-FiにLANケーブルをつなぐときに気をつけること

Wi-FiをLANケーブルでつなぐときに注意したいポイントをご紹介します。

ルーターの置く場所

部屋のどこにおいても電波が飛びやすいということはありません。ある場所では電波の届きが悪くネットの接続がイマイチな場合もあります。LANケーブルに問題なくネットのつながりが悪いときは、ルーターの置く場所を変えてみましょう。

挿入口の確認

ルーターにはLANポートとWANポートの差し込み口があります。LANポートは電子機器、WANポートはネットのための接続です。ポートを間違えると、ネットは正しく動きません。ケーブルの挿入口に問題がないか確認をしましょう。

 

Wi-FiにもLANケーブルが必要で、LANケーブルは通信速度を快適にするために欠かせないものです。家電量販店やネットを見ると、たくさんのLANケーブルがあります。どれも違いはないと思ってしまいますが、安ければ通信速度が遅かったりケーブルが長すぎて怪我をしたりするかもしれません。どのLANケーブルと相性がよいのかわからない時は、店員やネットで相談して適したLANケーブルを使いましょう。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧