法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

高速法人向けインターネット回線の定義

公開日:2021/06/01  最終更新日:2021/03/12

インターネットの普及は目覚しいものがあります。現在では多くの人々に活用されるようになってきました。多くの会社はインターネット回線がないと、業務できないことも多いです。高速法人向けインターネット回線では、個人向けにはないさまざまなメリットがあります。本記事では、高速法人向けインターネット回線について詳しく解説します。

法人向けインターネット回線取得の条件

今やほとんどの人がインターネットを利用しているといっても過言ではありません。企業などの活動においても、インターネットを使わないということはほとんどないはずです。このような場合、企業で高速法人向けインターネット回線を採用するところがあります。

業務でインターネットを利用するというのは、会社などの法人を作っている場合やフリーランスで活動する場合がありますが、高速法人向けインターネット回線利用を行うには企業が法人として登録されている必要があります。そのため、フリーランスなどの個人事業家の場合には、法人向け契約は断られる可能性があります。

登記簿に法人登録されている必要がありますので、この点は充分に注意しておくことが必要です。高速法人向けインターネット回線を利用するためには、先程述べたようにます法人格を取得しておくということが必要ですが、契約を行う際には、加えていくつかの準備を行っておく必要があります。

まず行っておくべきことは、法人としての費用支払いの銀行口座等を作り、そこから回線利用経費が引き落とされるようにしておくことが必要です。クレジットカードの利用も可能ですが、その場合にも法人用のクレジットカードである必要があります。さらに場合によっては、法人の印鑑が必要になることがありますので、あらかじめ印鑑を作り準備しておくことが大切です。

高速法人向けインターネット回線の利用のメリット

高速法人向けインターネット回線の利用のメリットとして、いくつかの項目が挙げられます。まず一番最初に述べるべきこととして、固定のIPアドレスを取得できるということです。個人向けの契約の場合には、IPアドレスについてはいつも同じものであるという保証はないのですが、法人向けインターネット回線の場合には、固定IPアドレスを複数取得できます。この事は、社内と社外のインターネットサーバーでのファイルのやり取りなど際に大変重要です。

また、社外秘の書類などの取り扱いの際に必要となるVPNなどセキュリティ保護を行うシステムを構築する際にも、固定IPアドレスが必要です。さらに、個人用回線に比べて頑強なセキュリティシステムが使われ、その安定性についても業務の途中でインターネット回線が切れてしまうなどということがあっては困りますので充実しています。

サポート体制についても、専用のサポートデスクによるサービスが常時行われることになります。回線使用について問題が生じた時には、いつでも解決できるようなサポート体制がとられています。さらにプロバイダによっては、法人用スマートフォンとのセット契約などでスマートフォンの代金の大幅な割引等が行われます。このように、高速法人向けインターネット回線には、個人向けにないさまざまなメリットがあります。

法人向けインターネット回線を選ぶ際の注意事項

今まで述べてきたように、法人向けインターネット回線には個人向けにないさまざまなメリットがあります。各プロバイダから提供されているサービスには違いがありますので、プロバイダとの契約の際には注意をする事が必要です。

1つの選択の際の条件として通信速度があります。高速法人向けインターネット回線は、光回線によりデータの転送が行われますので個人向けに比べると大変高速になっています。多くのプロバイダでは1Gbpsというのが通常ですが、プロバイダの中には2Gbpsという高速なサービスを行っているところもあります。企業が必要な通信速度についてあらかじめ調べておくことが必要です。

また、プロバイダ選びの際に重要なこととして、サポートするエリアがどのようになっているかということがあります。あるプロバイダでは全国で均一にサポートを行っていますが、他のプロバイダによっては1部地域をサポートしていないというところ、さらにプロバイダによっては、いくつかの都市しかサポートしていないというところが存在します。このように、それぞれのプロバイダによって条件が異なるため、あらかじめ調べておく事が必要です。

さらに考えるべきこととして、料金の問題があります。当然のことですが、サポートが充実していれば充実しているほど費用が高くなります。企業で必要なサービスと費用のバランスをどうするかということについて明らかにしておく必要があります。

 

ここまで法人用インターネット回線のとはどういうものかに加え、法人向けインターネット回線を利用するメリットや接続プロバイダをどのように選ぶかということについて述べてきました。高速な法人用インターネット回線を効果的に利用するためにはあらかじめの準備や検討が必要です。

イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧