法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線を乗り換えるときの違約金

公開日:2021/04/01  最終更新日:2021/03/12

法人向けインターネット回線は、場合によって違約金というものが発生します。違約金とは、ルールに反した行為をしたときに発生するコストのことです。たとえば、契約期間が満了していないときに、解約をしたら違約金を取られてしまいます。そこで、法人向けインターネット回線を利用する時に違約金が発生するケースや対策方法などを解説します。

契約期間内に乗り換えると違約金を取られる

基本的にインターネット回線を利用するときには、契約事項が設定されています。これは、法人でも個人でも同じで、違反をすると違約金が発生するので注意が必要です。法人向けインターネット回線の違約金は、基本的に乗り換えを行うことで発生するケースがあります。ただプロバイダを乗り換えるのではなく、契約期間満了をしていないのに変更してしまうことで発生します。

たとえば、契約期間が2年とすれば、その間にプロバイダを乗り換えてしまうと違約金を取られてしまうので注意が必要です。無駄な出費を回避するためには、契約期間が満了したときに乗り換えを行うのがよいです。そのため、自分たちがどれくらいの期間契約を行っているのか、確認しておきましょう。

ちなみに期間については業者により違いがあります。中には1年間の契約期間が設けられているところもあるため、調べておくのが安心です。どれくらいの金額が取られるのかというと、業者により違います。基本10,000円くらい取られるところが多いですが、場合によっては30,000円くらいかかるところもあります

なお、契約年数によって違約金の額が変動するところが多いです。プロバイダを変更するのはよいですが、タイミングを見誤ると損をします。できるだけプロバイダの変更をしないように、事前にどのようなサービスを行っているのか確認しておきましょう。

コストがかからないケースもあるので知っておこう

法人向けインターネット回線を提供している業者では、場合によって違約金を取られることがあります。プロバイダを乗り換えるときなどに発生するものなので注意が必要です。そこで、なるべくリスクを回避するために、余計なコストが掛からないプロバイダを利用しましょう。

法人向けインターネット回線を提供するプロバイダの中には、違約金や解約金がかからないところがあります。なぜ、金額がかからないのかというと、業者がすべて負担してくれるからです。そのため、契約者は余計なコストを支払わず快適にネット回線を使えます。

長期間プロバイダの利用をする方にとっては、あまり意味のないサービスに見えます。しかし、一定期間だけ使いたいという業者にとっては非常に使いやすいです。たとえば工事をするときには、仮設でネット回線を使いたい工事業者もいます。

そのような業者は、一時的に法人向けインターネット回線契約を行い、工事が終わればすぐに契約を解除する場合毎回コストが掛かってしまいます。違約金のかからないサービスなら、仮設や事務所、プレハブでも気にせずインターネット回線を利用できるので便利です。ちなみに、工事が必須になるので注意しておきましょう。工事は、予約制になっているため、最大1ヶ月くらいかかるときもあります。すぐにネット回線が使いたいなら早期申込みをしておくのが安心です。

裏技を利用して違約金コストを帳消しにする

法人向けインターネット回線を利用する時に、必ずといっていいほど違約金のリスクが付きまといます。コストが掛からない業者を利用するのも手あります。しかし、理想的なスペックのネット回線を提供していないサービスだと意味がありません。そこで、なるべくコスト削減をするための裏技を知っておきましょう。

法人向けインターネット回線業者では、キャッシュバックキャンペーンを行っているところもあります。キャッシュバックキャンペーンとは、ある業者から乗り換えをしたときに発生するコストをすべて負担してくれるといったものです。たとえば違反したときの金額などもすべて支払ってくれるため、余計なコストをかけずに別の回線業者に乗り換えることができます。

なお、キャッシュバックキャンペーンの対象となるのは乗り換えるときにかかるコストのみです。うまくキャッシュバックキャンペーンを利用すれば、乗り換えるときのコストと差し引きゼロにできるので便利です。ただし、業者が行っているキャッシュバックキャンペーンはタイミングにより内容が違います。たとえば、一部だけ負担してくれるケースもあるため、内容を確認してから利用しましょう。

ちなみに、キャッシュバックキャンペーンは工事費用を負担してもらえるものもあります。ネット回線用の工事は結構な金額がかかってしまうため、嬉しいキャンペーンです。還元してくれる工事費用に関しては、業者によって違います。最大値などが決められており、条件を満たさないと最大まで還元されません。

 

法人向けインターネット回線は、契約期間内に外のプロバイダに乗り換えてしまうと、違約金が発生します。できるだけコストを支払いたくないなら、違反時のコストが掛からない業者と契約しましょう。また、キャッシュバックキャンペーンを利用して乗り換え時のコスト削減ができます。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧