法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

ネットショップ運営で法人向けインターネット回線を選ぶときのポイント

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/11/27

ネットショップを運営するにはインターネットに接続しなければなりませんが、具体的には通信回線とプロバイダが必要です。通信回線は情報をやり取りする道路のような存在で、プロバイダは国境における出入国管理のような役割を果たしています。ネットショップを運営する前に、法人向けインターネット回線と家庭向けを把握しておきましょう。

通信回線とプロバイダについて理解しましょう

インターネットの回線には法人向けインターネット回線と、家庭向けインターネット回線の2種類が存在します。通信回線は情報が流通する道路のような存在であり、プロバイダは端末にIPアドレスを振り分けて情報の管理を行います。

IPアドレスは「Internet Protocol」とも呼ばれており、端末を識別するための固有の番号でパスポートのような機能があります。プロバイダは利用者の端末にIPアドレスを振り分けて、国境における出入国管理のような役割を担っています。ネットショップを運営するためには通信回線とプロバイダの2つを揃える必要があります

最近では家庭向けの回線でも最大速度1Gbpsが当然となっており、素早く大容量の情報通信が可能です。1Gbpsとは1秒間に1Gbの情報量を送受信できる速度のことで、小規模なネットショップであれば家庭向け回線でも問題はありません。ただし動画など大容量の情報を大量に扱う場合には、通信速度が遅くなる可能性があるので注意してください。

法人向けインターネット回線と家庭向けインターネット回線では、それぞれに異なるメリットが存在します。サービスを選ぶ際には料金だけでなく、回線の性能が業務量に見合っているかどうかを充分確かめてください。さまざまな会社がサービスを提供しているので、各社の特徴を把握した上で自社に最適なプランを選択することが大切です。

法人向けと家庭向けのインターネット回線の違いについて

家庭向けインターネット回線は一般的に付近の設備に収容された1本の回線を分岐させて、近隣の利用者同士で共有しています。共有型の回線の場合は、近隣の利用者の状況によって他の利用者の通信環境に大きな影響を及ぼすことがあります。

ただし共有型の通信回線はサービスの提供会社が少ない費用で設置できるためコストパフォーマンスが優れており、利用者1人あたりの料金が安いのが特徴です。小規模なネットショップを運営するのであれば、料金の安い家庭向けインターネット回線を選ぶという方法も考えられます。

法人向けインターネット回線には専有型のサービスがあり、収容設備から分岐することなく1本の通信回線を利用できます。専有型の通信回線は自社だけで帯域を専有でき、共有型と比較してスムーズに情報通信を行うことができるというメリットがあります。

このタイプの回線は高品質ですが1社ごとに回線を用意するため料金が高くなる傾向が見られます。大容量の情報通信を頻繁に繰り返すような場合には、多少費用がかかりますが専有型のサービスを選んだ方がよいでしょう。

一般的に家庭向けのインターネット回線では領収書の発行が行われないため、口座引き落としか振込用紙の手配が必要になります。インターネット回線を導入してネットショップを運営する場合、費用は経費として計上されます。法人が税金の申告を行うような場合には領収書が重要になるので、法人向けインターネット回線を選べば手続きをスムーズに行えます。

法人向けインターネット回線ならば安全に情報通信ができます

インターネット回線で情報のやり取りを行うためには、送受信をする機器同士を明確にしなければなりません。プロバイダがIPアドレスを振り分けることで各端末を識別できるようになりますが、法人向けインターネット回線ではIPアドレスが固定化されています。

IPアドレスが変動すると、ホームページを自前のサーバーで運営している場合など利用者が辿り着けなくなります。ネットショップを自前のサーバーで運営する場合、IPアドレスが固定される法人向けインターネット回線を選べば問題を解決できます。

またIPアドレスを固定すると、本社と支社のように離れた場所の間で通信ネットワークを作る場合など安全性が高まります。VPNと呼ばれる特殊なセキュリティ網を使って機密情報のやり取りを行うと、第三者に情報を抜き取られるのを防ぐことができます。このセキュリティ網で利用される通信機器の情報がIPアドレスであり、固定することによって通信の安全性が高まります。

法人向けインターネット回線は企業が営業活動を行う上で便利な特徴を備えており、安全でスムーズな情報通信ができます。家庭向けの回線と比較すると費用がかかりますが、通信の安全性や安定性を重視する場合には法人向けインターネット回線を選ぶのがおすすめです。

小規模なネットショップを運営する場合には、家庭向けインターネット回線で足りる可能性があります。それぞれの通信回線には異なるメリットがあるので、状況に応じて最適なサービスを選ぶとよいでしょう。

 

ネットショップの運営に利用できるインターネット回線には、法人向けと家庭向けの2種類が存在します。法人向けインターネット回線は通信が安定しており安全性が高いというメリットがありますが、料金は家庭向けと比べて高額です。小規模なネットショップを運営する場合には家庭向けの回線で足りる可能性があります。各回線には異なるメリットがあるので、自社の状況に応じて最適なサービスを選ぶとよいでしょう。

イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧