法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線がつながらなくなった!

公開日:2021/01/01  最終更新日:2021/03/10

法人向けインターネット回線を契約すると、オフィスのIT化が促進されます。高速で快適なネット回線があればさまざまな作業が捗るでしょう。ただ、突然つながらないトラブルに見舞われた時は、一体どうすればよいのでしょうか。つながらなくなった時は落ち着いて、まずはトラブルの原因を分析することが大切です。

ハードウェア関連のトラブルでつながらない可能性

法人向けインターネット回線が突然つながらなくなった時は、まず手元のハードウェアの様子を確認しましょう。パソコンやスマートフォン、タブレット端末自体に問題が発生していないか、念のため再確認するためです。手元のパソコンでは法人向けインターネット回線が使えないけれど、別のタブレット端末では通常通りネット検索ができるという場合であれば、問題はハードウェア側にあります。特定の機器だけつながらなくなった時は、再起動をするほか、OSやドライバの再インストールや更新などの対処法を実践しましょう。

機内モードになっていないか、念のため再確認しておくことも大切です。機内モードになったままでは、法人向けインターネット回線の届く範囲でもネット検索やファイルの送受信ができません。Wi-Fi回線の設定がリセットされている可能性も考えられます。法人向けインターネット回線自体は通常通り稼働していても、パソコンやタブレット端末側の設定が初期化されていると、自動接続されません。再度、ハードウェア側でWi-Fi回線を利用する初期設定を行うことにより、つながらなくなったトラブルは改善します。

さまざまな改善策を講じても、特定のハードウェアだけ全然接続ができない場合は、機器自体の故障が考えられます。購入してから長い期間が経過した端末の場合、経年劣化によってWi-Fi回線が使えなくなる恐れがあるため、機器を買い替える必要が出てくるでしょう。

ワイヤレスルーターや端末の設置場所による問題

法人向けインターネット回線が急につながらなくなった際は、ワイヤレスルーターの設置場所を確認しましょう。ワイヤレスルーターの設置場所と接続するパソコン、双方の距離が離れすぎていると、接続状態が不安定になります。時々急につながらない状態になるけれど、時間が経過すると何事もなかったようにオンライン状態に戻るというような症状の時は、通信品質が安定していない可能性が高いです。パソコンやタブレット端末を主に使う部屋とワイヤレスルーターの設置場所は、基本的に一緒にすると通信品質が安定します

物理的な距離が近い方が、Wi-Fi回線の安定性が向上し、接続時のスピードも良好になります。Wi-Fi回線の電波は、ルーターを中心にドーム状に拡散する仕様です。部屋の中央に設置した方がWi-Fi回線の電波が各端末までまんべんなく届きます。部屋の角に設置すると、遠くのデスクまで安定して電波が届かない恐れがあります。

推奨されるワイヤレスルーター設置の高さは、床から1メートル前後です。設置場所が高すぎても低すぎても、電波の感度が悪くなるため注意しましょう。床にワイヤレスルーターを直置きしたり、高い棚の上に設置したりすると、通信品質や通信スピードが不安定になります。端末とルーターの間に電波を遮るパーティションやオフィス家具があると、同じく通信状態が不安定になるため、障害物を移動したり、各機器の設置場所を変更したり工夫しましょう。

ネット回線の混雑や電波干渉が起きている可能性

法人向けインターネット回線が使えない可能性として挙げられるのが、Wi-Fi回線の混雑です。インターネット回線は見えないものですが、その仕組みはリアルの高速道路と似ています。普段は快適に使える高速道路も、利用者が急増すると走行する速度が落ちます。ネット回線もまた同じ理屈で、急に利用者が増えると通信状態が一時的に悪化しやすいのです。

ネット回線の混雑は土日祝祭日、平日の深夜の時間帯に起きやすいです。他にもお盆休みや年末年始といった在宅率が高くなるタイミングで発生します。回避策としては、他のユーザーがあまり利用しない時間帯を狙って、リモートワークやビデオ会議をする方法があります。

オフィスに設置したワイヤレスルーターと周辺で使われているワイヤレスルーターが電波干渉を起こして一時的にネット接続不可になるケースも存在します。近ごろは数多くの個人や法人が、インターネット回線を朝昼晩と利用しているため、電波干渉のリスクは大きく上がっているのです。

電波干渉に遭遇した時は、ワイヤレスルーターの設置場所を窓や扉から離したり、接続するネットワークのチャンネルを切り替えたり等の対処法が有効です。電波干渉に強いワイヤレスルーターに買い替えるのも効果的な打開策となります。新型のワイヤレスルーターは近隣で大量のネット通信が行われていても、速度や安定性が減少せず快適に作業が可能です。

 

法人向けインターネット回線が使えない原因は、実にさまざまです。パソコン側に不具合があるのか、それともワイヤレスルーターの設置場所がよくないのか、あるいは周辺環境の影響を受けてトラブルに見舞われているのか等、丁寧に状況を分析し、臨機応変な対応を行いましょう。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧