法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線は2種類から選ぶ!

公開日:2019/03/01  最終更新日:2021/06/11


法人向けインターネット回線には様々な種類があります。

それぞれに異なる特徴があるので、状況に応じて最適なものを選ぶことが大切です。

また業者によっては様々な割引キャンペーンを行っている場合もあります。

最近ではADSL回線以外の利用者が増えており新規開通する業者は減少しています。

今後のサポート体制なども考慮した上で回線を選ぶ必要があります。

 

法人向けインターネット回線を使うには

インターネットを使用するには、まずプロバイダ業者と契約して工事や接続作業を行なわなければなりません。

回線の種類やプロバイダ業者などを決める必要があります。

料金やオプション、割引サービスなど業者によって違いが存在します。

回線やプロバイダの契約はインターネットを使って行うことが可能です。

住所や名前など必要事項を入力してプランやオプションを選択します。

料金の引き落としのためにクレジットカードが必要になることもあります。

契約を締結する前に用意しておくとスムーズに手続を行うことができます。

手続が完了すると数日ほどでメールか郵便によって契約と開通のお知らせが届きます。

施行日や開通日に合わせて自分で接続設定を行えば法人向けインターネット回線を使用できるようになります。

さらにインターネットだけでなく電話で申し込みを行うことも可能です。

家電量販店や携帯ショップなどでも申し込みの受け付けを行っています。

電話や店頭で手続を行う場合には、担当者に質問することができるので安心です。

手続に慣れてない人の場合には電話や店頭で契約することをおすすめします。

契約が完了して開通すれば法人向けインターネット回線を使用できるようになります。

法人向けインターネット回線には光回線の他にもADSL回線高速モバイル通信が存在します。

それぞれにメリットがあるので状況に応じて最適なものを選択することになります。

 

法人向けインターネット回線の種類について

法人向けインターネット回線には光回線とADSL回線、高速モバイル通信の3種類が存在します。

光通信には特殊な専用回線が使用されており、通信速度が安定しているというメリットがあります。

スムーズにインターネットを使いたい場合には光回線がおすすめです。

ただし回線設備を設置するのに多少費用がかかるという特徴があります。

回線の引き込み工事を行う際には立ち会いが必要です。

開通までに日数が必要なので、早くインターネットを使いたい人は高速モバイル通信の方が適しています。

高速モバイル通信はケーブルを使用しない無線のインターネット接続サービスです。

建物内に固定された光回線やADSL回線を構築しなくてもインターネットを使用することができます。

サービスエリアの範囲内であれば時間や場所を問わずにインターネットに接続可能ですが、エリアによっては電波が弱い場所も存在します。

高速モバイル通信は無線なので工事が不要です。

ADSL回線は基地局からの距離によって通信速度が変化します。

基地局からあまり遠い距離にあると光回線と比べて速度が遅くなり通信状態も不安定です。

ただし料金は光回線よりも安いというメリットがあります。

基地局から近い場所であればコストパフォーマンスの優れた回線です。

光回線が開通していない場所ではADSL回線を使用するケースが多く見られます。

 

最適な法人向けインターネット回線を選ぶには

月々の利用料金が多少高くなっても安定した回線を使用したい人には固定回線を選ぶことをおすすめします。

光回線を選択すればストレスを感じずにインターネットを使うことができるだけでなく、通信容量の制限がありません。

複数のパソコンやスマートフォンなどの端末を使用する場合でも安心です。

毎月の利用料金を安くしたい人には高速モバイル通信やADSL回線がおすすめできます。

高速モバイル通信は利用料金が安いだけでなくケーブル配線が不要です。

工事を行う必要もなく本体は簡単に持ち運ぶことができます。

オフィスのレイアウトを変えることなくインターネットを使いたい場合などに最適です。

複雑な設定も不要なので、誰でも簡単にインターネット接続ができます。

ADSL回線は基地局から近い場所であればコストパフォーマンスが優れています。

ただし基地局から遠く離れるとパフォーマンスが低下するので注意が必要です。

オフィスの場所が基地局から近いのであれば、少ないコストで快適にインターネットを使うことができます。

法人向けインターネット回線には様々な種類があります。

建物内でのみ接続する場合は光回線がおすすめです。

外で使用する場合は高速モバイル通信を利用するとよいでしょう。

最近ではADSL回線を新規開通する業者が減少しています。

今後のサポート体制などを考慮するとADSL以外を選ぶのが安心です。

 

法人向けインターネット回線は用途に応じて最適なものを選ぶ必要があります。

安定した通信を求める場合には光回線がおすすめです。

外出先で使用する場合には高速モバイル通信を選ぶとよいでしょう。

オフィスが基地局から近い場合は、ADSL回線を選ぶとコストを抑えて快適にインターネットを使うことができます。

おすすめの法人向けインターネット回線業者一覧

イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧