法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

個人向けインターネット回線だと領収書が発行されない?

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/03/25

法人の場合にはインターネット回線にかかる費用を事業費として正しく経理処理する必要があります。そのためには領収書が必要になりますが、個人向けインターネット回線では発行してもらえないのでしょうか。

逆に法人向けインターネット回線を利用すれば発行してもらいやすいのかどうかも把握し、どちらを選んだら良いのかを判断できるようになりましょう。

個人向けインターネット回線の場合

個人向けインターネット回線に法人が申し込んで利用することはできますが、領収書については標準的には発行されない仕組みになっているのが通例です。近年の決済方法としてクレジットカードが一般的になっているため、クレジットカードの明細書を金額の証明書として使う形になっています。

銀行振込やコンビニ決済などに対応している業者もありますが、基本的にはその振込の明細書を領収した証として使ってもらうというスタンスの業者が多いのが現状です。もしクレジットカードの明細書でも経理処理上の問題がないのであれば、ビジネスカードを作って支払いに対応すれば大丈夫でしょう。ただ、証票が手に入るのが遅れてしまうため、クレジットカードの明細書で済ませるシステムにするのは一般的には困難です。

全体的な傾向としては領収書を発行してもらえないものの、オンラインシステムにログインするとPDFファイルとして表示できる仕組みになっているところもあります。電子ファイルで構わないというのであれば、このような業者を選べば個人向けインターネット回線でも問題はありません。また、原則として領収書を発行しないというケースでも、依頼すれば送ってもらえる場合もあるので業者に問い合わせてみるのが大切です。

個人で利用していても都合によって領収書が必要になるというケースはあるので、事情を説明すれば送ってもらえることもあります。毎月発行してもらうためには手続きが必要なことも多く、送付してもらうためには手数料を支払わなければならない場合がほとんどなので気を付けましょう。

個人向けインターネット回線で、安い業者を選び出すには発行手数料も含めて比較するのが肝心です。表向きには明記されていないこともあるため、あらかじめ業者に問い合わせて見積もりを出してもらうと良いでしょう。

法人向けインターネット回線の場合

法人向けインターネット回線の場合には法人が経理処理をするときに一通りの書類が整っていなければならないことを業者が理解しているので、スムーズに領収書を発行してもらえます。必要に応じて見積書や請求書も準備してもらえるので、社内の会計手続きの基本フローに従って必要書類を要求しましょう。

ただし、発行システムがオンラインの場合と郵送の場合があるので気を付けなければなりません。書類の電子化を進めていない場合にはオンラインで表示してプリントアウトしたものを有効とするかどうかの問題が生じる可能性があります。紙媒体で発行されたものでなければならない場合には郵送してくれる業者と契約するのが賢明です。

個人向けインターネット回線の場合と同様に、原則はオンラインシステムからダウンロードする形になっている業者でも、手続きをすれば郵送してくれることもあります。その際にはやはり手数料がかかる場合が多いため、法人向けインターネット回線の比較をするときには手数料込みで見積もりを取って比較するのが大切です。

他の必要書類についても発行や郵送などに手数料がかかるのかどうかもあわせて問い合わせておくと安心して決められます。

発行してもらう手間を考えて選ぶようにしよう

個人向けインターネット回線と法人向けインターネット回線のどちらを選んだほうが良いかはケースバイケースです。領収書を確実に発行してもらえるという点では法人向けインターネット回線が優れています。

手間をかけてでも個人向けインターネット回線にしたいというのであれば、各社に問い合わせて発行してもらえるところを探し出しましょう。契約できてしまえば個人向けでも法人向けでも経理処理の観点からは違いはなくなります。

インターネット回線の導入や変更の段階で大きな手間をかけるメリットがあるかをよく考え、十分に個人向けインターネット回線のほうが魅力的なら個人向けにしましょう。そうでない場合には法人向けインターネット回線を選んだほうが手間が少なくて済みます。

 

個人向けインターネット回線では原則として領収書を発行してくれない業者が多いので、法人が利用するときには気を付けなければなりません。オンラインで発行してくれる業者や、手続きをして手数料を支払えば郵送してくれる業者もあります。

それに対して法人向けインターネット回線の場合には発行するのが標準的になっているので手間がかかりません。ただし、法人向けインターネット回線の場合にもオンラインで発行する業者と郵送してくれる業者があります。郵送を希望するときには手続きが必要で、手数料も請求されるケースもあるので注意しましょう。

サイト内検索
記事一覧