法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線でよくあるトラブル

公開日:2021/03/01  最終更新日:2021/03/10

法人向けインターネット回線を利用していく中で、よくあるトラブルについて解説をしていきます。たとえば、ネットにつながらないというトラブルは多いです。トラブルに直面した際は原因を特定し、焦らず冷静に対応することが大切です。万が一に備えて、法人向けインターネット回線を利用している方はよくあるトラブル内容を覚えておきましょう。

ネット回線は速度保証をしているか

よくあるトラブルですが、法人向けインターネット回線の速度が保証されているかいないかを確認せずに事業者が契約をしてトラブルとなるケースがあります。インターネット通信網には、サービスを提供する事業者によっては速度保証をしている事業者とそうではない所が存在しています。

速度保証とはその名の通り絶対的に見て混雑時でも最低限その速度は保証するというものです。法人向けインターネット回線事業者によっては、速度保証をしていないプランが存在し、一番最速なネット速度が出るなど回線速度のみを提示している事業者も存在します。

この場合、ネット通信網が混雑をした場合、どうなるかということが別途記載されていることがあるのですが、こうした情報をきちんと契約者である企業が知らないとネット通信網が混雑した場合速度低下や場合によっては通信エラーを起こすため企業がホームページで自社を紹介するなどをしていた場合自社のホームページが表示されないというトラブルに見舞われてしまいます。

要は契約時に契約内容を確認することが重要で、ネット回線が速度保証型の通信網であるのかそうではないのかを知ることが大切です。それを知らずに契約した場合、ネット通信網を貸し付けている事業者の一番よいネット通信状態の情報のみを見て契約をしたということになるのです。通信網を貸し付ける業者も、一番悪い通信状態のデータを公開していることは稀ですのでこうしたトラブルが起きるのです。

セキュリティ対策不足が露見している

法人向けインターネット回線の契約後に発覚するトラブルに上げられるものに、セキュリティ不足が露見するという問題があります。これは、契約したネット通信サービスを提供している事業者がサービスでセキュリティ対策を導入しているか、していないかを意味します。

これらの問題は、別途セキュリティ対策をオプションで付属させるかなどで対応している法人向けインターネット回線貸し付け事業者もあるため、最初から無料でサービス提供していない場合もあるのです。そのため、契約時にセキュリティサービスが組み込まれていると思い込み契約に至るとセキュリティ対策が何も施されておらず、第3者に情報を盗み取られるというケースも存在します。

このケースの場合は、問題となる部分は、セキュリティ対策をする必要性があることを両者が知っていたかどうかが重要です。ネット回線を貸し付けた事業者側が知っていてそれを利用者に伝えてなかった場合、責任は貸し付け事業者側にあり、逆に利用者が知っていても放置した場合、セキュリティリスクを無視したのは利用者であるとされ責任を取るべきは利用者となるのです。

つまり、セキュリティ不足が露見しているというのは、法人向けインターネット回線を提供している事業者が説明を怠るか、回線利用者側がセキュリティにリスクがあることを知っていて利用しているためトラブルとなった場合責任の追及で揉めてしまうのです。

契約内容がコストと釣り合わない

法人向けインターネット回線を契約後に露見するトラブルには、契約内容がコストと釣り合ってないというものがあります。簡潔にいいますと、契約時にはお得に見えていたプランであったが実際に契約をしてみるとサポートサービスの質が悪かったり、緊急メンテナンスが多くまともにネット通信ができないなどのインターネット回線を提供している事業者の見えない部分が見えてくることです。

この場合、契約内容が本来受けるべきサービスの質が劣っている場合が多く、これらは契約金及び月額のネット料金などのコストを考えると受けられるサービスを法人向けインターネット回線事業者が提供していないと思っている点にあります。

なぜ、このようなトラブルが起きるかですが、一つは見えない評価を調べてないことで問題が生じるのです。見えない評価とは、契約してからでないと分らない評価のことを意味し、契約することで初めてわかるリスクのことを意味します。この問題は現在ではインターネットで事前に問題点を調べることでリスク回避可能です。

そして2つ目は、価格に惑わされて契約していることです。価格が安いもしくは高ければよい事業者ではないかという固定概念がトラブルの元となっており、決して価格が高くとも安くとも法人向けインターネット回線事業者はよいサービスを提供しているとは限らないということです。この場合は法人向けインターネット回線事業者の実績で判断するのが正しく、実績がない新しい事業者の場合何かしらトラブルを抱えていることが多いということになります。

 

法人向けインターネット回線と契約する場合におけるトラブルは主に、通信回線の速度と料金とコストが見合っていない問題があります。また、セキュリティ対策を講じてくれているかどうかという問題もあり、セキュリティ対策を契約者自らが行わないとトラブルになるケースなども存在しています。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧