法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線を開通できるエリアか調べる方法

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/11/27

インターネットには法人を対象にした法人向け回線があります。法人向け回線を利用する場合、確認しておいた方がよいのが回線を開通できるエリアです。法人の事務所やオフィスがある場所によって、ネットを開通できるかどうか異なりますので注意が必要です。今回は法人向けインターネット回線を開通できるエリアかどうか調べる方法について紹介します。

会社のホームページで調べる方法

法人向けインターネット回線を利用したい場合に、利用できるエリアかどうか確認する方法の1つが、サービスを提供している会社のホームページにアクセスすることです。法人向けインターネット回線を提供している業者のホームページに、自社の回線を開通できるエリアかどうかを説明しているページがあれば、サービスが利用できるかどうかが簡単にわかります。

ただし、会社の事務所がある場所が回線を開通できるエリアに含まれていることがホームページで確認できた場合でも、一部の場所ではサービスが利用できないことが説明されていることもあるので、注意書きなどもしっかりと読んでおいた方が、回線を開通できるかどうか確実にチェックできます

回線を開通できる範囲内にある地域でも利用できない場所があるのは、回線を開通することに適してない何らかの事情が存在するためです。たとえば、回線の整備が遅れているために開通できないような地域もあります。事務所が回線を開通できる場所にない場合は、残念ながらサービスの対象外となってしまいます。

ただし、回線が開通できるかどうかは回線の整備状況によって変わります。法人向けインターネット回線業者も、どんどん対象エリアを拡大させています。以前は回線が開通できなかった地域でも、サービスが利用できるようになっている場合もあるので、こまめにホームページをチェックすることをおすすめします。

電話で開通に関する問い合わせをする方法

法人向けインターネット回線を利用したいけれど、会社のサイトを見てもよくわからない場合には、開通できるかどうかを電話で直接問い合わせをすることもできます。同じ都道府県内であっても対象外となるエリアもあります。会社の事務所のある場所が対象外のエリアに当たるかどうかや、対象となる条件に合致するかなどの細かい条件を確認したい場合にも、電話での問い合わせは確実でスムーズな手段です。

ホームページに回線を開通できる地域に関する情報が記載されていない場合にも、電話で相談することで、開通できるエリアかどうかがわかります。開通できる場所かどうかを問い合わせることができる電話番号は、会社のホームページに記載されていることもありますが、記載されていない場合には、自分で電話番号を調べてから問い合わせをすることになります。

サービスに関する問い合わせの電話窓口を会社が設置している場合でも、相談の内容によって電話番号が違っている場合もあるので、スムーズかつ確実に知りたい情報を手に入れるためにも、問い合わせ先はきちんと把握しておきましょう。

ホームページなどを調べても、どの問い合わせ窓口でどのような情報を知ることができるのかわからない場合には、とりあえず会社の代表番号に電話をかけてみて、開通可能なエリアのことを聞くことができる電話番号を教えてもらう方法もあります。

サービスを提供している会社を訪ねる方法

法人向けインターネット回線を開通できるエリアかどうかを知りたい場合には、サービスを提供している会社の店舗に、直接足を運んで聞いてみる方法もあります。会社のホームページに開通できるエリアに関する情報が記載されていないような場合でも、会社に直接出向いて回線を開通できるか聞いてみれば、サービスが利用できる地域かどうかが簡単にわかります。

電話で問い合わせをしたけれどわからなかった場合にも、会社に直接行って話を聞いてみることで、開通できるエリアかどうかがすぐにわかります。問い合わせの電話番号がわからない場合にも、会社の事務所に行って聞いてみれば、回線が開通できるかどうかを直接教えてもらえます。

この方法で回線が開通できるかどうかを調べる場合には、会社のオフィスがどこにあるのかをまず調べることが不可欠です。近くにオフィスがあるような会社ならば、問い合わせのためにオフィスまで行くのも手間がかかりませんが、問い合わせができるオフィスが遠方にある場合には、移動に時間がかかるために、スケジュールを調整してから会社まで出かける必要があります。

また、回線を開通できるエリアに関する問い合わせに答えることができる担当者がいれば、必要な情報をすぐに教えてもらえますが、担当者が不在の場合には無駄足になる場合もあります。また、会社によっては訪問しての直接の問い合わせ対応を受け付けていないところもありますので、注意が必要です。会社を訪ねようとする場合は、必ず一度事前に確認しておいた方がよいでしょう。

 

法人向けインターネット回線を開通できるエリアかどうかを確認したい場合には、サービスを提供している会社のホームページを見れば調べることができます。それ以外にも、電話での問い合わせや、会社に直接行って聞くこともできます。電話や訪問をする場合は、あらかじめ問い合わせ窓口を確認した上で行ってください。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧