法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線は安定性が重要

公開日:2021/01/15  最終更新日:2021/03/10

法人向けインターネット回線は、通信の安定性が非常に重要です。通信状態が不安定だと、ネットの速度が突然下がったり一時的に接続が切れたりする等、トラブルに見舞われます。いつトラブルが起こるか、不安に怯えながら作業をしていては作業効率も落ちるばかりです。法人向けインターネット回線を比較する際は、安定性を重視しましょう。

大容量データの送受信には安定性が重要

オフィスで扱うデータサイズは、時代の流れと共に大容量化が進んでいます。大容量のデータを安全に送受信するためには、安定性に優れた法人向けインターネット回線が必要になります。不安定な通信状態では、データサイズの大きい動画や大量のプレゼン資料などを、安心して送受信する事ができません。

ファイルをアップロードしている真最中に、もし回線が切断されると再び最初から作業をやり直さないといけませんし、安定性が芳しくないとファイルダウンロードに長い待ち時間が発生しやすくなります。安定している法人向けインターネット回線を契約しておけば、クラウドストレージが快適に使えますし、クライアントやユーザーからデータサイズの大きい情報を送信された場合でも、スムーズに受け取ることができます。

解像度の高い写真や高音質な音楽データなどは、数点でも容量が大きくなるようです。文書ファイルは比較的容量がコンパクトですが、それでも一度に大量の物を送受信する際は、安定性が求められるので、法人向けインターネット回線を利用するメリットがあります。

ファイルの送受信に時間がかかることが度々あれば、オフィスの作業効率が全体的にダウンしかねません。ユーザーやクライアントに重要データを一刻も早く送信しなければいけないのに、通信エラーが頻発するなどの不具合が起こると、企業の信用問題にもかかわります。

経費を削減したばかりに、売り上げが落ちるということになってしまうかもしれません。費用対効果を意識することも大事ですが、オフィスで使う法人向けインターネット回線は安定性を重視して選ぶことで、安心にもつながることを理解しましょう。

リモート会議を行う場合にも安定性は大切

リモート会議を安心して行うためにも、安定性がある法人向けインターネット回線を利用することが必要です。不安定な回線でリモート会議を実施すると、映像や音声が乱れる恐れがあります。会議中に映像がかたまったり音声にノイズが入ったりすると、会話が中断されて快適に意見交換ができません。重要なクライアントとの商談中に通信トラブルが起きれば、せっかくまとまりかけていた大切なプロジェクトの進行がストップしかねません。

社内会議をリモートで行う際も、法人向けインターネット回線の安定性は重要となります。通信品質がよい回線であれば、映像や音声がクリアに保たれ、唐突に回線切断が起きる不安もありませんので、会議に参加する社員みんなが落ち着いて話し合いを進められます。

また、リモート会議を行うためのビデオチャットソフトは、リアルタイムで大量の情報を送受信しなければなりません。通信速度と安定性の双方に長けた法人向けインターネット回線を選ぶ事で、商談や打ち合わせ、社内会議などがリモートで快適に実施できます。日々の作業効率も上がり、今日の社会環境においてもスマートな対応ができるのです。

テレワーク勤務中のスタッフや遠方のクライアントと、快適にコミュニケーションが交わせる環境をオフィスに構築すればより一層、快適に業務を行うことができます。今まで必要経費とされていたスタッフの出張費用が節約できたり、打ち合わせや商談に掛かる労力や移動時間などが圧縮できたりします。そのため、高品質な法人向けインターネット回線を導入する事で、プロジェクトの進行速度アップも期待できるのです。

電波干渉に強い法人向けインターネット回線は快適

インターネットの大衆化によって、今では大勢の個人や法人が常日頃から、Wi-Fi回線を利用している状態です。このような場合、安定性抜群の法人向けインターネット回線を利用すれば、いわゆる電波干渉によるトラブルが避けやすくなります。

スマートフォンやワイヤレスルーターが、オフィス周辺で絶え間なく大量に利用されていると、自社のルーターの電波が干渉されやすくなります。電波干渉がひとたび起きると、自社のルーターの速度や通信品質がダウンし、作業効率が落ちるばかりです。

電波干渉に強い法人向けインターネット回線を契約する事で、近隣で絶え間なくスマートフォンやパソコンが使われているビジネス街でも、自社のルーターは快適に使うことができます。Wi-Fi回線の利用者が急増する土日祝日や大型連休には、とくに電波干渉のリスクが上がります。速度や通信品質が、曜日や季節ごとに変化していては集中してデスクワークが行えません。

最初から高品質な法人向けインターネット回線を選ぶことで、現場スタッフがストレスフリーで業務に専念できます。また、社内のネットワーク機器が原因で、電波干渉が発生するケースもあります。とくに現代ではワイヤレス機能を搭載したパソコン周辺機器が普及しました。スタッフ一人一人が個別にワイヤレス機能を持つマウスやキーボード、イヤホン等を社内で使用することで、電波干渉が起きる懸念が出てくるのです。社員の人数が多い現場では、社内での電波干渉を避けるためにも、安定性に長けた法人向けインターネット回線の契約が必要になってきます。

 

大容量のデータを安心してアップロードしたりダウンロードしたりするためには、高品質の法人向けインターネット回線が必要です。現代のビジネスシーンでは日常的にビデオ会議を実施したり、遠方の方々とリモート会議を行ったりします。快適に意見交換をするためにも安定性に優れた回線が必要であり、また周辺環境の影響を受けない電波干渉に強い回線の契約が求められます。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧