法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

工事不要の法人向けインターネット回線はある?

公開日:2021/02/01  最終更新日:2021/03/10

本来インターネット回線を利用する場合、工事を必要としますが、法人向けインターネット回線で工事不要な回線というものが果たして存在しているのかについて解説をします。工事をせず回線を利用する方法についても解説していくので、ぜひ参考にしてください。工事がなければ、すぐインターネット回線を利用できるでしょう。

Wi-Fiであれば工事不要である

無線式通信であるWi-Fiであれば、結論においては壁などに穴を開けてネット回線を通すような工事を必要としません。この手法はすでにさまざまなエリアに存在している無線電波基地局を通してインターネット回線にアクセスをするというもので、携帯電話のように基地局から飛んでくる電波でインターネットにアクセスします。そのため、利点においては法人向けインターネット回線を提供している事業者が提供する無線Wi-Fiであれば工事不要です。

工事自体は不要ですが、事務手続きは存在しますので、事務手続きにて利用をするWi-Fiプランの加入をして、法人向けサービスの利用に同意してから無線ネット接続端末を受け取ることで無事インターネットにアクセスをするというのが無線Wi-Fiを提供している事業者を利用してインターネットにアクセスする流れになります。

なお、事業者によりますが、提供されるインターネット回線は法人向けインターネット回線に申し込んだ場合、通常の無線通信サービスとは異なるインターネット回線を利用するため、速度低下が起きにくいという事業者も存在しています。旧来の無線通信にあった基地局が近くに存在しているのにもかかわらず速度が低下してしまうという問題を解決してくれるのです。

この場合は、法人向けインターネット回線を提供している事業者側が特殊無線通信回線を貸し付けているが故、サービスが成り立っています。

提携している回線から他回線に乗り換える

提携先のネット回線から他回線に乗り換えて、法人向けインターネット回線を利用するという方法があります。これはどういうことかを説明しますと、もともと光回線を使用していたと仮定し、他のインターネットプロバイダと契約しても旧来使用していた光回線用のネット回線をそのまま利用できるという意味です。

つまりは、最初に利用した光ファイバーのプロバイダと乗り換えを希望したプロバイダが、提携している企業である場合、工事を必要とせず即座にプロバイダを乗り換える手続き完了後に法人向けインターネット回線を利用できるため工事不要となるのです。ただし、この方法は必ず乗り換え先のインターネットプロバイダが過去に使用していたネット回線と提携してなければ、ネット端末装置を取り換える必要性が生まれるため、工事を必要とします

他にも、すでに光回線が建物に引き込まれていて即座に光ケーブル利用可能なコンセントが設置されている場合、工事不要となりますので、とくに商業ビル施設などの会社の場合はすでに備え付けてある装置を代用することで工事不要でインターネット回線が利用できる場合もあります。

これらは、もともと法人向けインターネット回線を利用していてその装置を他のプロバイダに乗り換えた際にも再利用できる場合があるため、工事不要となる場合があるという意味です。

すでに回線が通っている場合工事は不要

会社などの法人の場合はすでに何かしらのインターネット回線が通っている場合があり、その通信網を利用可能である事業者の場合、電信柱からケーブルを会社内に引き込む必要がないため工事は不要です。

ただ、通信網を社内に引き込んだ回線装置を別の物に変更する交換作業は行わないとならない場合が多いです。なぜなら、別のプロバイダに変更する場合、前のプロバイダで使用していた回線装置では以前のプロバイダの回線を利用してしまうため、変更する必要があります。幸いこの通信装置の取り換え自体は大掛かりな工事ではなく、すでに取り付けてある装置を取り外して新しい装置に取り換えるだけですので、工事といえるほどの作業は行いません。

また、以前のプロバイダは解約を受けた場合装置を取り外しに行きますので、場合によっては新しいプロバイダが装置を取り外す前に回線装置を依然のプロバイダが取り外すため通信線のみが会社内に引き込まれた状態である場合もあるため、一概に以前の回線装置を新しいプロバイダが外すことはない場合もあります。

いずれにしろ、以前の法人向けインターネット網を再利用して回線装置を取り付ければ充分ネット回線は機能しますので、会社内に回線が通っていない場合において工事が必要となります。または、光回線から固定式電話でインターネットを行うなどをした場合、工事が必要になる可能性がありますが、光通信網から旧来の電話網に変更する利点がなく、すでにADSLは役目を終えているため、光通信網を電話網に変更する利点はないです。その逆であれば利点はありますのが、この場合は工事が発生します。

 

法人向けインターネット回線は、無線Wi-Fiかすでにネット回線が会社に引き込まれている場合、回線工事不要となりますので以前のネット回線で対応可能です。また、プロバイダを変更する場合でも、回線装置をそのまま流用することもあるため、こちらも同様に工事不要となります。

サイト内検索
記事一覧