法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

最適な法人向けネット回線を導入するには比較が大切

公開日:2019/09/15  最終更新日:2020/03/23

法人向けインターネット回線を導入するときは、比較することが大切です。法人向けインターネット回線の導入の目的として、固定IPアドレスの活用があります。

固定IPアドレスの活用を考えるときは、サーバー外部からの接続を意識する必要があります。サーバーの活用の仕方によって、必要に応じて複数の固定IPアドレスが必要になることもあります。

回線の活用法を上手く考えることで

法人向けインターネット回線を選択する際には、光回線かADSL回線かの選択も大切で、基地局から近いとコスト的にADSL回線が有利になることもあります。ADSL回線の特徴は行きと帰りの速度が異なることがありますし、基地局からの距離が遠くなると速度が落ちることがあります。光回線よりは安いので、基地局から高い場合はADSL回線を選ぶ場合もあります。

競争の激しいビジネスではコストパフォーマンスが重視されます。回線を安定的に活用するには、契約するプロバイダのバックポーンを比較する必要もあります。大容量バックボーンがあるプロバイダは費用が高めでも人気です。

インターネット回線の活用がビジネスに与える影響はとても大きくなっています。トラブルからの素早い復旧を可能とするプロバイダの人気も高いです。トラブル時のサポートも上手く比較するのが大切です。

法人向けインターネット回線を活用する際にはサーバーの活用法を考えます。サーバーがクラウド上にあるとサーバーの管理をする必要がなくて楽です。クラウドにあるサーパーは動作が速いですし、セキュリティーも高いです。

ビジネスではコスト意識が大切で、回線利用のコストだけでなくサーバーにかかるコストも想定する必要があります。

総合的な視点を持って回線を選ぶ

法人向けインターネット回線を選ぶ際には、自前のサーバーでデータ分析をすることを考える必要があります。サーバーは自前で用意する必要がなくて、クラウド上のサーバーを活用してデータ分析をすることもできます。

法人向けインターネット回線では社内ネットワークを作ることもできて、社内におけるデータ共有力を高めることもできます。データの活用をするのは大切で、本店と支店のローカルネットワークを築くときはデータ分析を意識する必要もあります。法人向けインターネット回線で固定IPアドレスを取得すると、社内ネットワークを簡単に築くことができます。

プロバイダを選ぶときはサポート力に注目する必要があります。社内ネットワークの築き方などの相談ができると良いです。プロバイダ会社と契約するときは、料金の比較をする必要もありますし、オプションサービスや便利なキャンペーンなどを比較するのも大切です。

法人向けサービスはキャッシュバックキャンペーンが魅力です。割引キャンペーンなども上手く活用する必要があります。プロバイダを比較することによって、プロバイダのサービスの特徴がよく分かります。

さまざまなキャンペーンの存在を知ることを

法人向けインターネット回線を契約するときは、キャッシュバックなどを活用するのも大切です。キャッシュバックが適用されるには、複数年契約などをする必要があったりします。キャッシュバックを受ける条件なども比較するのが大切です。

インターネット回線を選ぶ際には、実際の接続速度を知る必要もあります。インターネット回線を選ぶ際には、モバイル回線の存在を意識する必要もあります。光回線やADSL回線を活用するときは、引き込み工事立会いなどが必要になりますが、モバイル回線のときは工事立会いの必要がないです。

有線接続でも即日開通が可能なこともあります。開通までの期間などもプロバイダごとに比較できます。接続速度が最も高いのは光回線ですが、高速モバイル通信はいつでもどこでもインターネットに接続できます。ADSL回線は基地局からの距離によって接続速度は異なりますが、光回線よりもコストが安いです。高速モバイル回線を活用する際には、エリアごとの接続速度を意識する必要があります。プロバイダごとに接続可能なエリアは異なります。

 

法人向けインターネット回線を利用するときは、プロバイダの選択が重要になります。手厚いトラブルサポートがあるプロバイダなどは人気が高いです。プロバイダの費用を比較するときは、何かあったときの安心感などを考慮する必要もあります。快適なネット接続が可能になることは大切です。

実効速度は第三者機関が証明してくれることもあります。インターネット回線を活用するときは、接続可能なエリアを知る必要があり、プロバイダの違いによる接続可能なエリアの違いを知るのも大切です。大容量バックボーンで、エリアのカバー率が高いプロバイダは料金が高めでも人気となっています。

イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧