法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

他の法人向けネット回線会社に乗り換える際の注意点

公開日:2019/10/01  最終更新日:2020/03/23

現在、ビジネスで使っている法人向けインターネット回線に不満を持ってしまい、どうにかして、改善したいと考える状況あるでしょう。そのときに、一番効果的なのは、他の法人向けインターネット回線への乗り換えです。

ただ、乗り換えるためには、注意すべきポイントがいくつもあるため、気を付けたうえで行動を起こすことが大切です。

利用している機能があるかチェック

現在契約しているものに、不満があるとしても、使える機能のすべてを否定しているわけではないはずです。なにかしらの機能は、ビジネスをおこなっているうえで、便利に活用しているでしょう。もしも、法人向けインターネット回線を乗り換えるというのなら、その便利に使っている機能が、用意されているか確かめたほうがよいです。

より便利な機能があるサービスと契約するときは、グレードアップするだけだと考えるかもしれません。しかし、これまでずっと便利に使っていた機能が使えなくなるのなら、ある意味グレードダウンしているといえるでしょう。そのため、後悔したくないのならば、利用している機能を削ることなく、乗り換えられる法人向けインターネット回線との契約を強くおすすめします。

どのような、機能が用意されているのかは、公式ホームページにきちんと記載されているのでチェックしてみましょう。機能比較が大変だと感じたのなら、問い合わせ窓口を利用して、望むものが用意されていないか尋ねてみるのもよいです。もちろん、電話でも尋ねられますが、機能のことを質問するのなら、文章で分かりやすく説明してもらえるメールのほうが安心でしょう。

キャンペーンの違約金には注意する

法人向けインターネット回線を契約したときに、キャッシュバックなどのキャンペーンを利用したのなら、最低契約期間が決まっている可能性があります。そのため、最低契約期間内に解約をしてしまうと、違約金が発生して、一定の金額を支払わなければいけないケースがあるので気をつけたほうがよいです。

キャンペーンの違約金は契約書に記載がされているため、確認することをおすすめします。もしも、契約書をなくしてしまい、どのような状況にあるのか分からないのなら、現在使っている法人向けインターネット回線の会社に問い合わせてみましょう。会社のほうではいつから契約を初めて、いつまで契約を続けなければいけないのか知っているため、詳しく教えてもらうとよいです。

ちなみに、解約することを伝えれば、引き留められるかもしれないので、電話ではなくメールのほうが面倒はないです。もちろん、違約金を支払ってでも、新たなところへ乗り換えたほうがよいと考えるのなら、さっそく手続きをしましょう。現在契約している法人向けインターネット回線のせいで、不利益になっているなら、多少の違約金を支払ったとしても乗り換えたほうが賢明かもしれません。

ただ、あと一ヵ月で最低契約期間が終わる可能性もあるので、いつまで契約すればよいか分かっていないなら、一応確かめたほうがよいです。

プランを変更することも考えよう

法人向けインターネット回線によっては、一つではなく、複数のプランが用意されている場合があります。そのため、現在加入しているプランに不満なポイントがあったとしても、ほかのプランに変更すれば、解消できる可能性があるのです。

法人向けインターネット回線自体を乗り換えるよりも、プランを変更したほうがずっと楽です。どのようなプランが用意されているのかは、公式ホームページに記載されているため、現在の契約と比べてよくなっているものを探してみましょう。昔は存在しなかったプランが、新たに登場している可能性もあるので、以前確かめたことがある方もチェックをおすすめします。

なお、プランの変更をしたいのなら、電話で問い合わせて、相談に乗ってもらいましょう。現在のビジネスの状況を詳しく伝えて、どのようなプランが最適なのか聞いてみれば、ベストなものを提案してくれます。ちなみに、契約中ならば、専門の窓口が用意されている可能性が高いので探してみましょう。そちらならば、契約情報を確認したうえで、返答してくれるため、より適切なアドバイスをもらえるようになります。

 

法人向けインターネット回線を乗り換えるのは難しくはありませんが、お金や使い勝手を考えるのなら、簡単に実行すべきことではありません。現在使っているものよりも、後悔しない機能を用意するサービスを探して、違約金の問題をクリアにしてから行動を起こすようにしましょう。

なお、月々の支払いだけではなく、導入するときの工事や手続きなどの初期費用についても調べたほうがよいです。それなりの価格になる場合があるので、きちんとチェックしておかないと、予算オーバーになってしまう可能性があります。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧