法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線でも詐欺はある?悪徳業者の見極め方

公開日:2021/05/01  最終更新日:2021/03/12

現在インターネットは普及しており、生活をするうえで欠かすことのできないものとなっています。それは家庭の中だけでなく、企業の中でもいえる事です。さまざまな企業がありますが、ほとんどの企業で法人向けインターネット回線はつながっているかと思います。インターネット回線は業務をこなすうえで欠かせないものなのです。

法人向けインターネット回線について

そもそもインターネット回線は現在、さまざまな会社からいろんな形で存在しています。お値打ちのものからスピードを重視するものまでその内容はさまざまですが、私たちの知っている個人向けの回線と法人向けインターネット回線は異なるものとなっています。

決定的な違いは、法人の回線は固定のIPアドレスが割り振られていて、個人の回線は自動的に割り振られていることです。このIPアドレスとは、インターネット上の住所のようなものとなってくるため固定して、接続するたびに変わって企業のシステム構築に支障がないようにしているのです。そして企業が仕事をするうえで、障害が起こらないように配慮されています。

その企業によって内容はさまざまですが、ビジネスをするためにはいろいろな情報を管理しなくてはいけません。ソフトウェアやインターネットを使って効率的に作業をしていくことが、大切になってきます。

法人向けインターネット回線も現在さまざま種類のものがあります。コストパフォーマンスを考えて、料金の安い回線にする企業もいますし、効率化を考えて速度の速い回線を選ぶ会社もいます。その企業や社員が求めるものを探していく必要があります。料金と速度どちらを一番に選ぶかという問いに、悩む方もいるかと思いますが、一般的に五分五分となっています。どちらを優先的にとるか、検討しなければなりません。

法人向けインターネット回線詐欺について

法人向けのインターネット回線を契約するときにも、詐欺を行う悪質業者もいます。この悪質業者の手口はさまざまで、電話での勧誘や直接会っての勧誘などあります。

電話での勧誘は、突然電話にてネット回線の契約があるとすすめたり、今の回線から乗り換えを勧めたりすることが多いようです。勧誘の内容は、その詐欺集団によっていろいろあり、安くなるや速くなるなどのメリットをたくさん並べて勧誘してくるようです。今お使いのインターネット回線では損をしているので、新しい回線に変えた方が安くなるといったものや、回線速度が大幅に向上するから買えた方がいいなど、その内容もさまざまです。

現在ではさまざまな手口で詐欺を行っているので、被害も多く出ています。また、突然その企業に訪問をして直接勧誘に来ることもあります。とくに顔を見て、言葉巧みに話をして契約させようとしてくる悪質業者もいます。顔を見ることによって安心してしまって、安くなるならと契約してしまわないように、きちんと対応することが大切になってきます。

こういったさまざまな手口の内容を知っていることで、自分たちの身に起こったときに、きちんと対処できるため、日頃から詐欺についての情報や危機感を持って業務をこなしていくことが必要となっていきます。社員ひとりひとりが気を引き締めて詐欺集団に対処していかなければなりません。

インターネット回線で気を付けること

法人向けのインターネット回線では、まだまだいろんな詐欺があるかと思いますが、それは電子メールを使ったものもあります。

この詐欺の内容は、企業や金融機関を装った電子メールなどで、偽のホームページに誘導して情報を収集するものがあります。電子メールでパソコンに特殊なソフトウェアを仕込んで、パスワードや暗証番号などの情報を不正に取得したり、その情報を使って悪用する事件が多数発生しています。このようにインターネット上での詐欺も多発しているため、社員ひとりが気を付けなければなりません。

そして、企業のパソコンにはウイルス対策をしっかりとして、情報が漏れる事のないようにしっかりと対処しなければなりません。このように法人向けインターネット回線においても、さまざまな問題があるため安全に安心して業務をこなしていくには、さまざまな対策をします。

回線を選ぶときには、このようなトラブルが起きないように、安全性の高い商品を選ぶことをおすすめします。また、回線とブロバイダの会社を統一することによって、トラブルが起きたときに問い合わせる先が明確になってきます。何かあったときには、明確ですぐに対処してくれると安心です。

法人向けのインターネット回線を選ぶときには、さまざまな内容を考慮して自身の業務や、企業の仕事内容にぴったりなものを探していくことが必要となっていきます。

 

さまざまな法人向けのインターネット回線がある中で、まだまだ詐欺の被害があります。私たちはそれらを理解して対策を講じて、業務をこなしていかなければなりません。詐欺を見極める目を持つことと、その都度変わっていく内容を学んでいくことが重要です。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧