法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線の契約時に確認すべきこと

公開日:2021/01/15  最終更新日:2021/03/10

法人向けインターネット回線を契約したい場合、きちんと確認してから契約しましょう。しっかりと契約条件を確認しないと後悔してしまうことも多いです。たとえば、法人向けインターネット回線を契約する際には、価格だけでなく、どれくらい関連サービスを提供してもらえるのかといったことも大事です。

確認した方がよい点

法人向けインターネット回線というものは便利なものです。回線速度が早いですし、合わせていろいろなサービスも提供しています。とはいえ、回線ごとに提供しているサービスも異なってくるので、この点をまずは確認するとよいでしょう。

たとえば、業者によっては導入サポートが無料で受けられるといったところもあります。システムのことがよくわからない人の場合には、こうした導入サポートが無料で受けられると助かるでしょう。

他にも、法人向けインターネット回線をこれから導入する際には、契約内容もきちんと確認しておいてください。契約開始日やどれくらいの補償が受けられるのかといったことはとくに大事になってきます。こうしたことを確認しないと、導入してから後悔してしまうことにもなりかねません。

もちろん、法人向けインターネット回線を契約する際には回線スピードも見ておくべきです。回線スピードを確かめるためにも、まずは試験的に導入できるかどうか聞いてみるとよいでしょう。業者によっては無料で導入できるだけでなく、速度が遅い際には改善してくれる場合もあります。

ネットのレビューなども見て、よりよい業者を探していくのもおすすめです。もし速度が上がらなくて困ったら、ケーブルの変更などによって簡単に速度が改善されるといったこともあるので、試してみましょう。

料金の面もしっかりと確認しておく

確認しておくべきことは他にもたくさんあります。たとえば、法人向けインターネット回線の価格は徹底的に比較検討しておきましょう。価格はかなり差があるもので、業者によっては数割も変わってくることがあります。だからこそいろいろな業者にまずは見積り依頼をしてみるべきです。

地域によってもお得な法人向けインターネット回線がありますから、知り合いに「お得な法人向けインターネット回線は知らないか」と聞いてみるのもよいでしょう。とくに東京は法人向けインターネット回線業者がかなり多いこともあり、穴場の業者も地域によっては存在します。

法人向けインターネット回線は何かと諸費用がかかる場合があることも見逃せません。費用がかさむのはできる限り避けたいものですから、この点も契約プランを決める際にしっかりと確認しておいてください。導入費用がかかったり、初期契約料金がかかったり、期間内に解約した場合には解除料がかかったりといったこともあります。いずれにしても、費用については見積り依頼をした際にすべて明記してもらうべきでしょう。

もしも見積書を見てもよくわらない内訳があったら、これは何に使うのですかと聞いて、確認することも大事になってきます。わからないことがあれば、明確にしてから契約するべきです。場合によっては値段交渉も可能ですから、そのためにも他の業者に対しても見積り依頼をしておくことが重要になってくるでしょう。

法人向けインターネット回線業者契約時のポイント

法人向けインターネット回線を契約する際には、いろいろと確認しておきたいことがあるものですが、やは回線の安定度は絶対にチェックしておきたいポイントでしょう。ビジネスで使うのに頻繁に速度低下することがあるようでは困ります。こうしたことを確認することはなかなか難しいのですが、無料期間がある業者ならば簡単に確かめることができます。まずは無料期間のうちに回線の安定度などをしっかりと確かめておきましょう。

他にも、カスタマーサービスなどについても重要なポイントです。カスタマーサービスが貧弱だと、いざというときに利用しにくいので、電話がつながりやすいような業者を選んでおくとよいでしょう。このようなことは基本的なことですが、やはり法人向けインターネット回線によってはカスタマーサービスをないがしろにしているところもあるので要チェックです。

最後に法人向けインターネット回線の貸し出しサービスも確認しておきましょう。業者によっては無料でWi-Fiなどを貸し出してくれる場合もありますし、業者によってはデバイスをレンタルさせてくれることもあります。こうした便利なサービスを提供してくれる業者はとても魅力的です。このような法人向けインターネット回線のレンタル制度はお得な物が多く、一般の業者を利用するよりもはるかに格安で済ませられることも多いのです。いずれにしても借りられるものは借りておくべきです。

 

法人向けインターネット回線について紹介しました。法人向けインターネット回線は業者数も多いですから、いろいろと比較検討して契約したいものです。とくに価格やサポート体制などについては、しっかりと確認しておきましょう。

イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧