法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

法人向けインターネット回線を乗り換えた方がいい通信品質の状態とは

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/09/18

ここでは、法人向けインターネット回線を乗り換えた方がいい通信品質の状態について説明します。大手キャリアの法人向けインターネット回線では、さほど通信品質は変わらないのが現状です。しかし、さまざまな要因によって通信品質が低下する場合があります。また、ケーブルテレビ回線から光回線に変更すると通信品質がよくなる場合もあります。

そもそも法人向けインターネット回線の通信品質とは何?

法人向けインターネット回線の通信品質とは、簡単にいうと安定性と速度が速いことが売りになっています。とくに安定性については、最低でも10Mbpsの帯域を確保したというような広告も見られます。最高で1Gbpsと謳っているのに、最低でも10Mbpsといわれれば随分低いなと思うかもしれません。しかし、通常の業務システムや社員PCのネットやメールというのはだいたいその程度の速度でも使用できます。

ましてや、「最低でも」ということなので、よほどのトラブルがない限りは30Mbps以下にはならないと予想します。法人向けなのでさらに高い2Gbpsの回線も用意されているので、品質自体はどこも悪いはずがありません。

では、どこに問題があって通信品質が落ちるのでしょうか?それは、オフィスであれば大元のONUやONUのファームウェアなどが古い場合や、無線ルーターやスイッチングハブなどのトラブルなどでも通信品質は落ちてしまいます。

ましてや、たくさんのサーバーを運用していれば常時かなりの負荷が回線にかかっているので、安定性はより重要になります。ですから、法人向けインターネット回線を乗り換えると、ONUなどもすべて新機種になるので通信品質も改善しやすいのです。もし、それでも通信品質が改善しなければ、先ほどの宅内の機器に問題がある場合があります。このように、ひとつずつ改善していくのがよい通信環境を整えるポイントでもあります。

法人向けインターネット回線を乗り換えたい通信品質とは?

現在は、ONU(回線終端装置)も最新の機種になっていて、ファームウェアも常に最新のバージョンが求められています。古い会社や個人事業主・中小企業では、ONUやルーターなどが古いままという事もよくあります。その場合は、古い法人向けインターネット回線の場合もありますし、家庭用の光回線の場合もあります。

このように、通常の業務は何とかなっているから、ついつい先延ばしにしてしまいがちなのが回線系なのです。法人向けインターネット回線の中には、個人向けと同じくらいの品質のものもあります。そういう回線では、無線ルーターの接続が頻繁に切れたり、大量のデータを送信するときに時間がかかったりします。

いつも行っている業務だから気づきにくいかもしれませんが、乗り換えてみると気づくこともあります。とくに、同軸ケーブルを使用したケーブルテレビ系の法人向けインターネット回線だと、320Mbpsの通信速度になるのでより遅くなりがちです。ケーブルテレビメインで使用するのならいいのですが、より大容量で安定した通信を必要とするなら乗り換えも検討してみましょう。

結局、どこの法人向けインターネット回線がいいのか?

ポイントやキャッシュバックなどは無視して、回線品質とサービスで選びましょう。サービス対応の早さも、法人向けインターネット回線を選ぶ一つの目安になります。ただし、無闇に回線を変更する必要もありません。

ましてや、法人向けの場合はどこも比較的しっかりとしたサービスでなくてはならないため、個人用のように気軽に変えるのは大変な作業になります。それこそ、業務が疎かになりかねません。

ですから、通信品質が悪いと感じたたら、まずは社内の機器をチェックしてみましょう。その時に、他の法人系回線の会社に相談するのもよいでしょう。アドバイスや新しい提案、見積もりなども出してくれます。宅内の機器やパソコンをチェックして問題がなければ、やはり回線を変えてみるのも一つの方法です。

 

さて、ここまで法人向けインターネット回線を乗り換えた方がいい通信品質の状態について説明してきました。実際の業務では、そこまで通信品質が落ちるということはあまりありません。それよりは、各種PCやサーバー・通信機器などのトラブルが多いです。そのため、法人向けインターネット回線はトータルで見極めることも必要になってきます。

イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧