法人向けインターネット回線のおすすめトップ5をご紹介!プロバイダを変えても速くならないかも!?

イーブロード光は遅い!?無料で利用できるインターネット回線とは

公開日:2022/04/01  最終更新日:2022/05/11


イーブロード光は、賃貸物件を中心とした集合住宅に導入されている光回線サービスです。入居後すぐに無料でインターネットが利用できるものの「通信速度が遅い」という口コミも少なくありません。そこで今回、イーブロード光の通信速度は本当に遅いのか、そもそもどんな光回線であるのかを解説します。

イーブロード光とは

イーブロード光は、光インターネットサービスをワンストップで提供する通信事業者によるサービス名です。一般的に、インターネットを利用するには、回線事業者・プロバイダとそれぞれ契約を行う必要があります。イーブロード光ではそれらがひとつにまとまっているため、比較的、手間なく利用することが可能です。

イーブロード光は集合住宅向けのサービスであり、戸建てで契約できません。集合住宅専用のサービスともいえます。入居前から物件にイーブロード光が設置されており、無料で利用できる嬉しいサービスだといえるでしょう。しかし、メリットばかりではありません。

Wi-Fiを利用したい場合は、自分で無線LANを用意する必要があります。また、光インターネットサービスという名称であるものの、光電話や光テレビは利用できません。イーブロード光は、あくまでインターネットサービスの提供のみです。光電話や光テレビを利用したい場合は、他社の光回線を契約する必要があります。

イーブロード光の通信速度は最大100Mbps

イーブロード光の通信速度は物件によって異なります。最大通信速度は、100Mbpsです。(一部の物件では最大1Gbps。2020年12月時点)イーブロード光だけに限らず一般的に、通信速度は最大値いっぱいまででるものではなく、ひとつの回線をいくつかの住居でシェアして利用します。

従って、100Mbpsの通信速度を自身の住居で利用できるわけではありません。ここで注目すべきは、快適に利用できる通信速度です。快適に利用できる通信速度よりも劣っていた場合、通信速度が遅いと感じることになるといえるでしょう。一般的に、ネット検索は1Mbpsから10Mbps、動画視聴であれば3Mbpsから25Mbps、オンラインゲームをするのなら100Mbps以上が必要です。

基本的に30Mbps以上であれば、快適にインターネットを利用できるといえるでしょう。従って、最大100Mbpsの光回線を複数の住人とシェアするイーブロード光は、遅い回線だと判断できます。さらに、利用者が増える夜間では回線が混雑してしまい、インターネットにつながりにくいという事態が起こる可能性も考えられるでしょう。実際に、利用者の口コミでは通信速度への指摘が多いです。

しかし、新しく導入されたサービス「イーブロード光プラス」では、回線混雑が起きにくいIPv6に対応しています。そのため、イーブロード光プラスであれば、夜間のトラブルは発生しにくいといえるでしょう。イーブロード光設備のある住居への引越しを検討している場合、イーブロード光かイーブロード光プラスであるかを問い合わせるのもよいかもしれません。

イーブロード光は本当にお得?

イーブロード光は、基本的に無料で利用できます。工事費や月額の負担が発生しないのは、経済的に嬉しいポイントです。しかし、本当に無料であるかといわれると、そうではありません。一般的に、イーブロード光の利用料金は家賃や管理費・共益費に含まれていると考えるとよいでしょう。そのため、管理費や共益費が少しばかり高い傾向にあるようです。

本題である「イーブロード光が本当にお得であるか」を判断するには、他社と費用を比較する必要があります。しかし、イーブロード光の利用料金を具体的に算出できないため、費用比較ができません。

従って本当にお得であるのかは判断できないといえます。とはいえ、光回線がすでに導入されていることから、他社の光回線を契約する際に工事を行う必要がありません。少なくとも、工事費が発生しない点ではお得であるといえるでしょう。

イーブロード光がおすすめな人

イーブロード光は、自ら希望して利用することはできません。とはいえ、引っ越しを検討している物件がイーブロード光対応である場合も考えられるでしょう。そこで、イーブロード光が適している人の特徴をいくつか紹介します。

■インターネットの利用頻度が低い人

回線速度に不安はあるものの、通信障害が多いというわけではありません。つまり、必要最低限のネット環境があればよいという、インターネットの利用頻度が低い人には問題ないといえます。わざわざ回線業者とプロバイダを有料契約するほどではない場合、利用料金が発生しないイーブロード光はおすすめできるでしょう。

■引越しの初期費用を軽減したい人

引越しをした際、回線とブロバイダを契約する必要があります。一部の業者では無料キャンペーンが実施されていることもありますが、工事費や契約金が必要となるケースが多いです。

一方でイーブロード光は物件に既に導入されています。そのため、契約の手続きといった手間も費用も発生しません。少しでも引越しの初期費用をおさえたいと考えている人には、おすすめできるといえます。

■別の物件へと引越しする可能性がある人

仕事やそのほかの理由で、比較的、短期間で引越しをする可能性があるという人も少なくありません。その場合、契約した回線の解約に違約金が発生する可能性があります。イーブロード光では違約金が発生しないため、先を見越した金銭的負担を軽減できるでしょう。従って、別の物件へ引越しする予定のある人にはおすすめであるといえます。

 

イーブロード光は金銭面では非常に嬉しいサービスです。しかし、最大通信速度を見る限り「遅い」と感じてしまう可能性はゼロではないといえるでしょう。インターネットの利用頻度が高い人や、オンラインゲームをする人にはおすすめできません。とはいえ、金銭的負担を減らしたい人やインターネットの利用頻度が低い人にとってイーブロード光は最適な光回線といえるかもしれません。

編集
イメージ1
2
34
5
サービス名
(会社名)
光ビジネスアクセスNEXT(株式会社USEN ICT Solutions)フレッツ光ネクストビジネスタイプ
(NTT東日本・NTT西日本)
OCN光「フレッツ」(OCN)
イーサシェア(KDDI株式会社)イーサネットアクセス (S)(ソフトバンク株式会社)NUROアクセス スタンダード(ソニービズネットワークス株式会社)
連絡先0120-681-61703-5359-5111(東日本)
0120-116116(西日本)
0120-106107(OCN)
03-3347-0077お問い合わせフォーム0120-963-350
回線タイプベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォートベストエフォート(一部帯域確保)
通信速度上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
下り:最大1Gbps
上り:最大1Gbps
(10Mbps確保)
下り:最大2Gbps
(10Mbps確保)
提供構成専有型専有型専有型専有型共有型
提供エリア全国主要都市部
(1道1都1府7県)
全国関東エリア
(東京・埼玉・千葉・神奈川の一部)
全国関東:1都6県
東海:4県
関西:2府3県
九州:2県
参考価格
:月額費用
4万6,200円(税込)4万5,210円(税込)
※別途プロバイダ利用料金が必要
33万円(税込)858万円(税込)2万735円(税込)
参考価格
:初期費用
5万8,300円(税込)
※工事費別
2万680円(税込)3万4,650円(税込)11万3,850円(税込)22万3,300円(税込)
※2年継続なら実質無料
SLA(品質保証制度)対象遅延速度
可用性
遅延時間
故障通知時間
故障回復時間
パケット損失率
遅延時間遅延時間
可用性
稼働率
トラブル対応
サポートの仕方
24時間365日の電話受付(トラブルきりわけ・復旧支援)と、必要に応じて現地への駆けつけ対応「24時間出張修理オプション」:月額3,300円(税込)で、24時間故障受付可能故障申告受付と故障復旧作業を24時間対応24時間365日の監視・保守を標準提供。回線終端装置は、常時監視により迅速な復旧を24時間365日対応24時間365日対応のオンサイト保守が標準装備。障害の発生箇所の調査や問題の切り分け、現地での保守対応も可能
その他特徴ネットワーク全体を管理し、バックボーンを定期的に増強するため、通信環境が安定しているバックボーンは国内最大級。常に高品質で安定したインターネット環境を提供できるWebブラウザを利用し、日々の通信状況をチェックできるトラフィックレポートを標準付属バックボーン内の機器・回線の二重化による障害対策および、通信の優先制御を行うことで信頼性・安定性を実現環状に交換設備を接続するリング型構成になっており、1つの区間で障害があっても逆向きの接続で伝送することが可能
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
サイト内検索
記事一覧